ことバド。コーチ日記 > スポンサー広告 > バドミントンの動きとナンバの身体論ことバド。コーチ日記 > 本の感想、的な > バドミントンの動きとナンバの身体論

スポンサーサイト

-------- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | トラックバック(-) | テーマ: | ジャンル:

バドミントンの動きとナンバの身体論

2009-01-03 | カテゴリ:本の感想、的な
 昨年末あたりから、実際私も身体を動かすようになりました。それまでは私はノック上げがメインで、フットワークやラケットワークの指導のために身体を動かすことはあっても、プレーヤーとして動くのはなかったのです。
 少年団の監督つながりで、ご飯を賭けたゲームによく誘われようになったのですが、勝ってご飯を奢ってもらえるということを一度体験すると……そこはほらやっぱ勝っとかないと(笑)。

 まあ、それは冗談ですが。

 この正月、家事の合間に「ナンバの身体論 体が喜ぶ動きを探求する (光文社新書)」を読んでいました。

 ナンバ、ナンバ走り、とか、アテネ五輪の時くらいでしたでしょうか、私としては数年前に世間で聞いた言葉なのですが、その時私は自分がバドを再開するとはつゆ思わなかったので、ふーん・・・大阪かぁ、ガンバ大阪?くらいにしか思っていなかったのです。(ナンバは大阪の難波じゃないす)

 しかし自分が身体を動かすようになって、動いてみれば残念ながらいろいろと身体もヘタってるし、ということで、「どうやったらもっと楽に動ける?」というのをずっと考えていて。

 上手い人のプレーを観てて、流れるような体の動き、軽くてスムーズな体の動きを見ていると、どうやったらああなるんだろう、と。何あの無駄のない動き。

 そのうち、傾ける、ということをすごく重視するようになりました。

 やってみて、ああなるほどなるほど、と自分の身体を動かしていくうち、「あ、これ、ナンバで言ってなかったっけ?」と思い至ったわけです。

 バドミントンは右手と右足が同時に出ますね。体の向きの入れ替えも一拍子で行いますね、意外とスタンスは両手下げてますね、これはおもしろい。おもしろいです。

 ナンバの身体論に当てはめてバドミントンを解釈してみると、非常に面白い動きの感覚が得られました。

 昨年はバドミントンの勉強をしているうちに、体幹の操作、体幹部を使う、といったキーワードが出てきましたが、ナンバの身体論においても、とても重要な扱いです、というか、むしろそれしかない、というか。

 胸郭や骨盤をボックスとしてイメージする、そして、そのボックスを、左右・前後・上下に、各面が平行四辺形になるように潰していくまた、ボックスを対角線上に引き合って潰してもいく
 このように、ボックス全体を操作できるようになると、偏った部分的緊張や弛緩がなくなり、一斉にバランスよく体幹を動かせ、ひとつの動きに全身が参加するため、必要最小限の動きになる。


 面白くない?
 おもしろいですよねぇ!?

 体の中にボックスをイメージして、平行四辺形になるように潰していくんですよ?
 考えただけでワクワクしませんか?

 実際にバドで使えるか使えないかは自分で判断するとして、でも、実際はバドの現場でよく使っていると思いませんか?これは我々バドミントンプレーヤーが自然と身につけている体の使い方だと思いませんか?
 いままでやってきたバド特有の体の動きやステップ練習を、こんなふうに抜き出して解説することが出来るだなんて、こんな方法が世にあるだなんて、非常に面白いですよ。

 イマイチイメージの湧かない人は、「ナンバの身体論 体が喜ぶ動きを探求する (光文社新書)」を読んだらいいと思います。写真が入っているので、分かりやすいです。単にナンバというものの捉え方や概要や意義の解説ではなく、実際の、身体との対話方法について実践的に解説されています。これだけのすばらしい内容が新書刊で出されているということに驚かざるを得ません。

 でも、新書だからこそ、片手で本を持ちながら、本見ながら実際にゆらゆらと身体を動かしてみることが出来る、という素晴らしさ。

 以前、体幹の操作について情報を得ようとしていたとき、筋肉ではなく骨を意識して動かすとよい、という話を聞いて、「動く骨(コツ)―動きが劇的に変わる体幹内操法」という本を読んだんですが、私には少々専門的に感じてあまり面白みを感じなかったのです。しかし、「ナンバの身体論 体が喜ぶ動きを探求する (光文社新書)」を読んだ後の今ならその意味が良く分かる。

 動く骨(コツ)をつかむことについては、また今度書きます。
CM(0) | TB(0) | テーマ:バドミントン | ジャンル:スポーツ

コメント














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ritokoo.blog64.fc2.com/tb.php/99-675a1629
← 「ことバド。コーチ日記」トップページへ戻る
ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
blogram投票ボタン
バドミントン その他 スポーツ FC2ブログランキング
バドミントン スポーツ(全般) 人気ブログランキング
応援お願いします☆
おきてがみ
スポーツ>バドミントン用品
広告
トレンドマッチ
トラフィックゲート
ことバド。内を検索
カスタム検索
pitta!
当ブログオススメ本
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
人間の感覚には、音の響きに関する共通的な認識があるようです、これを上手く使わない手はないよ!⇒レビュー

五輪の身体
五輪の身体
その型をくり返すことで、砥石のように感覚を磨いていく……感覚を言葉にできる一流選手の言葉はすごく興味深いです。⇒レビュー

●ネットで注文→書店で受け取りするなら⇒全国書店ネットワーク  e-hon
アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。