気の毒でござる!

2015-06-21 | カテゴリ:バドミントン全般
昨日、夜のバドミントンの練習で、
チームの子が、
「監督!」
たかたかたかーっ!と体育館の中に走りこんできたと思ったら、

「すみません、シューズ忘れてきました・・・」

おおう。

その子、ちょっと遠くの所から来てる子なんで、
今からシューズ取りに家に戻っても、そこからまたもう一度来るには練習終了までには間に合わない時間・・・。

「今からだとまた来るの無理なんで・・・すみません、帰ります・・・」

気の毒でござる!!



まぁよくある話だけど、シューズって、忘れちゃうよね~。
なーんでだろーねー。

シーなんか、

かつて、全小の北海道ブロック予選で、大会会場が小樽なのに、シューズ家に忘れてきちゃったからね~!

遠すぎて戻れないよ~!


ま、出かける前にしっかり準備して荷物チェックすればいいんだけどね、うっかりするのがこれまた人間だしね。

私は指導者研修会に行くのに、バドミントンラケット持って行くの忘れて行きましたしね。

ノックの実技とかもあるのにね!

シューズだけ抱えて、あれー?やっちゃった!?とかって、素でやってましたしね。
すみませんすみません言って、よその先生にラケット借りちゃったもんね。
恥ずかしかったわ~。
(あの時はお貸しいただいてありがとうございました!)


・・・気をつけましょうぞ。
CM(0) | TB(0) | テーマ:バドミントン | ジャンル:スポーツ

コメント














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ritokoo.blog64.fc2.com/tb.php/852-224d583f
← 「ことバド。コーチ日記」トップページへ戻る
ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
blogram投票ボタン
バドミントン その他 スポーツ FC2ブログランキング
バドミントン スポーツ(全般) 人気ブログランキング
応援お願いします☆
おきてがみ
広告
トレンドマッチ
ことバド。内を検索
カスタム検索
当ブログオススメ本
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
人間の感覚には、音の響きに関する共通的な認識があるようです、これを上手く使わない手はないよ!⇒レビュー

五輪の身体
五輪の身体
その型をくり返すことで、砥石のように感覚を磨いていく……感覚を言葉にできる一流選手の言葉はすごく興味深いです。⇒レビュー

●ネットで注文→書店で受け取りするなら⇒全国書店ネットワーク  e-hon
アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX