ことバド。コーチ日記 > ただの日記 > 20年ぶりの恥ずかしい思いで軽く死んだ話

20年ぶりの恥ずかしい思いで軽く死んだ話

2014-06-22 | カテゴリ:ただの日記
先日、とある知り合いの方から、とある冊子をいただきました・・・。

その名も、
「わが受験の記」

平成6年度大学合格体験集、とありまして、大学合格後に、高校の後輩に向けて残した手記が、どうやら毎年冊子になっていたようで、それが、なんと、まだこの世に残っていたらしくっ・・・!くっ!

20年も前!!

そう思ったら、軽く眩暈が・・・。


それがさぁーあ、
どういうつながりで今ご縁をいただいてるのか、ちょっと謎な、そんなご高齢のおじい様から、わたくしその冊子をいただいたんですよね・・・

つーか、
もー、
どっからみつけてきたっ!?

っていうね。
なにその収集力。
ほんっと、びっくりびっくりですよ。

そしてまぁ、自分の文章の、若くて拙いことといったら!

若いって、いやー・・・ほんっと、若かったんだな、とすごいしみじみ・・・。


でも、ちょっと読んでみると、当時の同級生達がどんなこと考えてどんな受験対策してたのかが垣間見れて、懐かしくもあり意外と良かった。受験のことって、あんま親しい友達以外にはそんなに話しないもんね。
CM(0) | TB(0) | テーマ: | ジャンル:スポーツ

コメント














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ritokoo.blog64.fc2.com/tb.php/787-75ab46ff
← 「ことバド。コーチ日記」トップページへ戻る
ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
blogram投票ボタン
バドミントン その他 スポーツ FC2ブログランキング
バドミントン スポーツ(全般) 人気ブログランキング
応援お願いします☆
おきてがみ
スポーツ>バドミントン用品
広告
トレンドマッチ
トラフィックゲート
ことバド。内を検索
カスタム検索
pitta!
当ブログオススメ本
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
人間の感覚には、音の響きに関する共通的な認識があるようです、これを上手く使わない手はないよ!⇒レビュー

五輪の身体
五輪の身体
その型をくり返すことで、砥石のように感覚を磨いていく……感覚を言葉にできる一流選手の言葉はすごく興味深いです。⇒レビュー

●ネットで注文→書店で受け取りするなら⇒全国書店ネットワーク  e-hon
アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX