ことバド。コーチ日記 > ただの日記 > バドミントンを投げているとは限らない

バドミントンを投げているとは限らない

2013-06-19 | カテゴリ:ただの日記
私の大学時代の先輩に、N崎さんという方がいて、女性なんだが、こらもうおっかない人で。

機嫌悪いときは、めっちゃ機嫌悪い。

すごい分かりやすかったんだ。

非常に優秀な人で、感性鋭く表現豊かでシビアで、今はどこかの局だか編プロだかどこかでプロデューサーだかディレクターだかやってるんだが、けっこうな美人さんなんだが、この美人が、機嫌悪いと、メンチ切ってるスモーカー大佐よか恐い。(あ、ケムケムはかわいいか! だれだ他に恐い人)

でもね。

そう分かりやすかったら、対峙する私もそこそこやりやすかったんですよ。

なんかすっげー考えてるときはそっとしとくに限るし、腹が減ってそうなときには食べ物あげれば愛してるよー♪って言ってくれるし、もちろん、機嫌悪いときには近づかない。

彼女といて、学んだのは、

分かりやすいって、大事だよね。って。

他人の気持ちなんて、そうそう分からないものじゃない、だけどとりあえず自分が分かりやすく表現しておけば、周りもそれでもわからんような馬鹿ばっかじゃないし、分かるわけ。

それまでの私は、多少いやなことがあっても感謝して笑顔でいろだとか、不平不満を口にするなだとか、相手の立場になって考えろだとか、まぁそういう一般的なことを親に繰り返し言われてきていたわけ。
で、彼女見てて、「あれ?なにそんなにストレートに感情表現してもアリなの!?」って、そんななのもあっていいわけ?って、思った。あの振り幅の大きさは結構なショックだったな~。

まぁもちろん普通に言えば、彼女の場合はわがままだとか自己中ともとられかねず、彼女の態度に傷つく人もいたかもしれないし、周りの気持ちを読んで穏やかに行動するほうがよいんだろうが、それでも、感情や今考えていることを分かりやすく表現するのって、相手にとっては分かりやすいから却ってラクなんだと、知った。

たとえば、すごいバドミントンやりたくて、がんばりたくて、いっぱい練習して試合にも勝ちたい、そう思ってる子がいたとして。
たとえば、自分が部活の顧問や、チームの指導者で。
「~~~~たいです!」
って、はっきり言う子や口に出す子、見てて分かりやすいいわゆる一生懸命な態度に出る子、そういう子は、指導者にとっても、チームの子や周りの親にとっては、分かりやすいよね。
分かりやすい記号使って示してくれるから、対応しやすい。

でも、そうじゃない子もいるわけ。

なんかよくわからんけど、ストレートに出せない。
思ってるよ?思ってるしやってるよ?やってるのになんでみんな分からないの?みたいな。

わかってるってやってるって言ってるのは自分だけで実際周りから見たら全然できてないじゃん、とか、
口ばっかで自分は行動伴ってないじゃん、とか、
そのやり方じゃあ伝わらんですよ、とかって指摘してやるのは早いかもしれないけれど、
たとえば団体でいる場合には早く指摘して早く改善要求して、って、必要なんだろうけど、
そういう指導力のある先生ってほんとすごいなと尊敬するけど、
でも、
だけど、
私の立場は、
早く何かを教えてやる必要もないのです。

あ~やってんなー、なんかもやもやとしてんな~、って、見ててやってそれでいいんじゃないかと。

時間的なロスもあるし、周りとの衝突もあるだろうし、たとえばバドミントンで結果を残す的な目標や計画や合理性からいったら無駄や遠回りなんだけど、自分と世の中との葛藤が必要なタイプの子には今はそういうことしててからまっちゃってたっていいんじゃない、って。周りになにか言われたとしてもしょうがないよね。

早く、じゃなくて、時期が来て、すとんと腑に落ちるのを待つしかない、というか。

早く、って思うけど、それはこっちの勝手で無理で。

だって、相手は自分じゃない別の人間だからな。

こういうことだから、今は分からないかもしれないけどそのうち分かるかもだからちょっとは心の隅に留めといてよ、と時々ノックするしかない。


○○さんとこの子はいつもバドミントン超一生懸命でしっかりしてるしがんばってるしでうらやましい、うちの子なんてなにぐずぐずしてんのかって焦る、って、言うけど、気持ちはとてもよく分かるけど、でも「○○さんちの子」と「うちの子」は別人なんだし同じ強度や速度で伸びるわけでなし、また、まじめでないように見えたり成績残せてなかったりしたとしても、バドミントンを投げているとは決して限らないので、今焦り的な感じを持ってる親御さんは、子どもが自分なりに動き出すのを待つしかないというか、ぜひ待ってあげてください。
CM(5) | TB(0) | テーマ: | ジャンル:スポーツ

コメント

ですよね~。
そうなんです。頭ではわかっていても結果が出せないとついつい出てしまうんですよ~ぐちが・・・。わかってるんです。他の子と比べてもしょうがない事も、子供が毎日頑張って練習している事も・・・ABC地区予選も最後の最後で逃しました(泣)でも本人は試合帰りの車の中で「あ~楽しかった」と一言思わず泣けてきましたよ。うちの子ほんとにバドが好きで楽しいんだなぁ~って。ritokooさんのおっしゃる通りです。ブログを読んでちよっと気が楽になりました。待ちますよ(笑)
2013/06/19 Wed 10:07 URL ごまちゃん[ Edit ]
>ごまちゃんさん、
 いつもありがとうございます。「楽しかった」でバド好きでおおいによいですよ!
 いつかどこかの大会でお会いできたらいいですね。
2013/06/21 Fri 15:40 URL ritokoo[ Edit ]
実は私は何度かお見かけしているのです・・・あの方がritokooさんだなぁ~と一昨年の釧路の全国大会などなど。今回の室蘭ABCもうちの子は出られませんが同じクラブの子が参加しますので応援に行きます。多分小心者なので声かけられないと思いますが(笑)
2013/06/22 Sat 08:43 URL ごまちゃん[ Edit ]
勘違いしてました~ritokooさんは稚内でしたね。この時期体育館暑くて大変ですが頑張って下さいね!全小でお見かけ出来るの楽しみにしています。
2013/06/27 Thu 08:37 URL ごまちゃん[ Edit ]
>ごまちゃんさん、
 こんにちは。稚内から帰ってきました!南の方なんですね、では全小でお会いできますね!私も楽しみにしています。
2013/07/04 Thu 16:28 URL ritokoo[ Edit ]













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ritokoo.blog64.fc2.com/tb.php/755-550e77ad
← 「ことバド。コーチ日記」トップページへ戻る
ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
blogram投票ボタン
バドミントン その他 スポーツ FC2ブログランキング
バドミントン スポーツ(全般) 人気ブログランキング
応援お願いします☆
おきてがみ
スポーツ>バドミントン用品
広告
トレンドマッチ
トラフィックゲート
ことバド。内を検索
カスタム検索
pitta!
当ブログオススメ本
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
人間の感覚には、音の響きに関する共通的な認識があるようです、これを上手く使わない手はないよ!⇒レビュー

五輪の身体
五輪の身体
その型をくり返すことで、砥石のように感覚を磨いていく……感覚を言葉にできる一流選手の言葉はすごく興味深いです。⇒レビュー

●ネットで注文→書店で受け取りするなら⇒全国書店ネットワーク  e-hon
アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX