ことバド。コーチ日記 > ただの日記 > うちの子は泣き虫で……ってまじよく泣く子だったらどうする

うちの子は泣き虫で……ってまじよく泣く子だったらどうする

2011-05-26 | カテゴリ:ただの日記
バドミントンを子どもに教えていても、
あれっ、なんでそんなことで泣いちゃうの?って場合があります。

自分のイメージどおりに出来なかったり、くやしくなったり、
なんかよくわかんないけど気持ちがイッパイイッパイになっちゃって、泣いちゃったり。

そんなときにお母さんが、
「うちの子、こんなささいなことで泣いて!」
「いっつもすぐ泣くんだから!」
「こら!泣くんじゃない!泣き止め今すぐ」
「すみません、泣き虫で」
とか、言ってこっち側を気遣って?くれちゃったりするんですけど、

まぁ、子どもは泣くものだし、
子どもがすぐに泣くのは、
お母さんの育て方のせいではないし、
子どもがおかしいのでもないですね。


って、思ってたら、別に堂々と泣かしといてもいいんじゃないかと、思います。

「泣く」ってことで自分の気持ちを表現しているので、べつにそんなの抑えなくてもいいんじゃないかと思います。

泣かしとけ。
気にしない気にしない。もっと気楽に行ってもいいんじゃない。
CM(0) | TB(0) | テーマ: | ジャンル:スポーツ

コメント














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ritokoo.blog64.fc2.com/tb.php/731-0cac9448
← 「ことバド。コーチ日記」トップページへ戻る
ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
blogram投票ボタン
バドミントン その他 スポーツ FC2ブログランキング
バドミントン スポーツ(全般) 人気ブログランキング
応援お願いします☆
おきてがみ
スポーツ>バドミントン用品
広告
トレンドマッチ
トラフィックゲート
ことバド。内を検索
カスタム検索
pitta!
当ブログオススメ本
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
人間の感覚には、音の響きに関する共通的な認識があるようです、これを上手く使わない手はないよ!⇒レビュー

五輪の身体
五輪の身体
その型をくり返すことで、砥石のように感覚を磨いていく……感覚を言葉にできる一流選手の言葉はすごく興味深いです。⇒レビュー

●ネットで注文→書店で受け取りするなら⇒全国書店ネットワーク  e-hon
アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX