ことバド。コーチ日記 > スポンサー広告 > クンプウのヘキサゴン 2100H 感想ことバド。コーチ日記 > バドミントンラケット の感想、選び方 > クンプウのヘキサゴン 2100H 感想

スポンサーサイト

-------- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | トラックバック(-) | テーマ: | ジャンル:

クンプウのヘキサゴン 2100H 感想

2008-12-01 | カテゴリ:バドミントンラケット の感想、選び方
 Kumpooのバドミントンラケット、 POWER SHOT NANO 2100 Hexagon(パワーショット ナノ 2100 ヘキサゴン) KR-021S を早速使ってみました。
 以下、私の個人的な感想です。

 なんとも不思議なラケットです……。

 POWER SHOT NANO 1300 との比較になりますが、1300 が誰にとっても取り回しがよく素早いショットが打て、レシーブ力が上がるのに対し、 ヘキサゴンは、上手い人でないと、ラケットの能力を存分に発揮できないかもしれません。
 なぜならば、スイートスポットが狭く、スイートスポットを外すと、ぼい~ん、といった実に珍妙な振動が来るからです。中の空洞な何か、たとえば塩ビ管なぞを振ってぶつけたときのような感触、……こ、これは……

 竹。

 細い竹を振っている感じです。釣竿振ってる印象もあります。芯がない、という印象だと伝えればなんぼか伝わるでしょうか。芯がない中空な何かを、グリップの木に差し込んでいる、という感じがします。

 特段、悪口という意味ではなく。

 この感じは初期エアロータスに似ているなという印象です。私は2Uのエアロータス70(AR70)をまだ大事に愛用しているし、あのぼんやりとした打感も、それなりに気に入っているので。
 ラケットに芯があり、インパクト時にぎゅっと握りこむことで瞬時に力が伝える弾きタイプのヨネックスのナノスピードシリーズとは全く違うタイプでしょう。

 AR70はどこで打ってもスイートスポットに当たった気がしませんが(笑)、逆を言えば、ある意味ラケットのどこに当たってもそこそこ返せるんですが、2100ヘキサゴンは、かなり厳密に「ちゃんと当てる」ことを要求してきます。
 クンプーのサイトでの紹介では、「コントロールの正確性がすばらしい!」 とのことですが、

 コントロールができてこそ使えるラケット、以外の何物でもない!

 実際に私が使ってみての感想ですが、
 相手をリアコートで左右に振るときや、サイドラインを狙ってのスマッシュの成功率は上がります。バックバウンダリーラインを狙ってもかなりいいところに落ちてくれます。
 コート奥での駆け引きや力押しな時には、単なるパワーショットで押し込むよりも、はるかに優位性を感じます。不思議とアウトしにくいです。

 狙ったところを狙える、というのはあながち間違いではないような気がします。でもこれは……なんというんだろう……力が吸収される感じ?ゲーム中に狙いすぎてどうしても力みが出てラインを割ってしまう人にはいいかもしれませんが、単なる基礎打ちでのレベルでクリア打つと、「なんか物足りないなぁ」という気分になりました。打った力が全部伝わっていない感じです。アウトしすぎるパワーヒッターの人には、コントロールの足しに、という意味では、大きな力になると思います。

 しかし、とっさの時の、たとえば、咄嗟にネット前でクロスネットで切りに行った!というときには、間に合いませんでした。何本かミスした。これが普段使っている1300やNS7700なら確実に決まっていたと思います。ネット際ギリギリのスピード重視の取り回しなら、1300のほうが一枚上手なようです。

 2100 は、1300よりも、スマッシュに重さが出ます。シャフトがやわらかく、しなる所為だと思います。弾きというより、粘り、という感触です。その分、スピードが落ちますが、どっちをとるかでしょうね。
 1300 の軽さに物足りなさを感じるのなら、2100をトライしてみてもよいのでは、と思います……が、買うんなら、私は、1300をもう一本、かな……。いや、1300 に物足りないのなら、1500 を買いますね。2100 はやはり、これまでのクンプーのラケットとは別シリーズといった印象です。


 使ってみて、玄人向けなラケットだなー……としみじみ思いました。

 ま、ラケットカラーからして、ケースを開けてラケットを一見した私に「燻し銀!?」と言わしめたんですけれどね(笑)。銀というより、銅カラー。渋い色すよ。

 ラケット任せではなく。このラケットは、完璧に人に任せてきます。
 1300 なら、誰でもそこそこ打てますが、2100 はそうはいかないと思います。好き嫌いが分かれるというより、好き、と言う人のほうが少ないかもしれません、そんなラケットだと思います。私のように、コントロール好きで、ラケットと対話しながら一瞬一瞬のショットを楽しむタイプには、面白いなぁと言わしめると思いますが。バッコンバッコン打ち込むタイプの人には物足りないと思います。

 しかも、高いレベルでの基礎操作性が必要だと思います。特に印象強いのは、しっかりした回内や回外を要求されることでしょうか。それができれば、極小スイートスポットも強い味方だと思います(笑)。ロブでライン割るミスはなくなると思う。小手先の「切り」にはあまり向いていないと思います。




追記:on 2009-10-26
kumpoo ヘキサゴン 2300 感想
CM(4) | TB(0) | テーマ:バドミントン | ジャンル:スポーツ

コメント

印象は



ですねw

なんだか世界初だけどあんまりはやらなそうなラケットですねw
2008/12/01 Mon 22:32 URL そらまめ[ Edit ]
そらまめさん、こんにちは。うーん、変っていうか、使う人を選ぶと思いますが、でも、これはこれでなかなかよいラケットだと思いますよ。
今日、夫にも打たせてみましたが、打ってすぐ「おれには無理!」と言っていました。バドは初心者ですが、スポーツ全般やラケットスポーツについてはそこそこ的確なよい判断のつく人なので、彼がこれは上級者じゃないと使えないと思う、と即断したのには、やっぱなぁと納得しました。
2008/12/02 Tue 05:37 URL ritokoo[ Edit ]
12月試打会にいきました。ドライブは不思議な位返るのですがクリヤーが飛ばずコントロールはよくわからないという感想です。スウィートスッポットが小さいかどうかは実感できませんでしたが小さいのはつらいかも
2009/01/07 Wed 13:07 URL さかい[ Edit ]
さかいさん、こんにちは、ritokooです。
おおー28日の試打会に行かれましたか……羨ましいです。
試打会では、参加されたみなさんのヘキサゴンへの反応はいかがでしたでしょうか?なかなか興味深いです。あれ使ってみて、みんなどう思ったんだろう~。

クリアが飛ばない、という感覚もよく分かります~。男のコーチに使ってみてもらいましたが、「あれ~クリアが飛ばないねぇ……?」と首を捻っていました。
よく「クリアが楽に飛ぶ」って謳っているラケットがありますけれど、ヘキサゴンはその反対と言って良いかもしれません。単純にそれが良い悪いではなく、パワーショットではないものが必要なのでしょう。……戦略?戦略+技術?

打ってみて、それでも絶妙によい反応を見せてくれる時があるので、「あ、今スイートスポットに入った?」とは思うものの、コンスタントにそれを再現できるかどうかは、……やはり「これで打つのはうーん難しいな~」という印象があります。シャープな打感に慣れてしまっているから余計にそう思うのかもしれません。

ヘキサゴン使用感のレポありがとうございました。
最近なんとなく1300では物足りなさを感じてきつつもあり、1500を買おうかと……思ってもみたり、です。
2009/01/08 Thu 04:53 URL ritokoo[ Edit ]













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ritokoo.blog64.fc2.com/tb.php/73-8114b488
← 「ことバド。コーチ日記」トップページへ戻る
ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
blogram投票ボタン
バドミントン その他 スポーツ FC2ブログランキング
バドミントン スポーツ(全般) 人気ブログランキング
応援お願いします☆
おきてがみ
スポーツ>バドミントン用品
広告
トレンドマッチ
トラフィックゲート
ことバド。内を検索
カスタム検索
pitta!
当ブログオススメ本
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
人間の感覚には、音の響きに関する共通的な認識があるようです、これを上手く使わない手はないよ!⇒レビュー

五輪の身体
五輪の身体
その型をくり返すことで、砥石のように感覚を磨いていく……感覚を言葉にできる一流選手の言葉はすごく興味深いです。⇒レビュー

●ネットで注文→書店で受け取りするなら⇒全国書店ネットワーク  e-hon
アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。