ことバド。コーチ日記 > バドミントン全般 > 自分で物事考えるためのめんどくさいやりとり。

自分で物事考えるためのめんどくさいやりとり。

2011-05-02 | カテゴリ:バドミントン全般
バドミントンの練習の時、体育館に入りますと、それぞれが準備をしますよね。
早い子はさっさと身体を温めだす。
そんな中、

「バドミントンシューズを忘れました」

と、言われたので、

「うん」

と、返しました。

その後そこに突っ立ったまま黙っちゃったんですが、

これは私にどうしろと?




バドミントンシューズを忘れました。

というのはよくあることで。

体育館に着いたら靴忘れてきちゃってた、なんて、私もやらかしたことあるし、ウーだって、大事な講習会のあるときに忘れて車で片道40分、取りに帰って遅刻して行ったことだってある。

忘れたら、忘れたなりに、じゃあ、どうしよう、こうしよう、って、いくつかのパターンが頭に浮かびますよね。まぁ、小学3年生くらいまでの子にならそれはこっちも教えてあげるけど、高学年だったり中学生だったりするならば、どうする、を決めたり提案をするのは私の仕事じゃなくて、忘れたからどうします、と伝えて欲しいところです。


「あの、それで、バドミントンシューズを忘れてきちゃったんですけど」

「うん。だから?」

「あの、すみませんでした」

「ええ?謝罪なんて要求してないよ?」

シューズ忘れてきたからって、こっちは全然怒ってないし、
むしろタイヘンダナー、この子どうするつもりかなぁ?って同情してるけど?

なんでしょう、それなりに自分の意見を言える子だったんですが、新学期になって環境が変わったせいなのかこちらがちょっと目を離した隙に、すっかり甘えん坊になって帰って来たみたいです。

自力で状況を判断して、自分なりに決めてくださいな。
それを伝えてくれたら、
その内容にリスクが大きければ回避策を出してあげれもするけど、
どうするかを決めるのは私の仕事ではないよ。
自分で考えてくださいな。


仕方ないので、

「忘れたんで今日はもう帰ります、とか、今日は見学します、とか、取りに帰る時間があるから取りに帰ります、とか、家に忘れたんなら親に電話して持って来てもらえるよう交渉するとか、電話する手段がないから電話貸してくださいとか、そんな感じの、自分なりにどうする、ってのがあれば、相談にものれるけど、忘れました、だけじゃ、そうなんだー、って、素直に受け入れることにしてるけど?」


ここまで言うと、えーっとどうしよう、どうしよう、と考え出しました。

「靴は家なの?部活で学校に置いてきちゃったの?」
「家です」

しばらーくして、
「あの、じゃあ、家に忘れてきたんで、親に電話して持って来てもらえるかどうか聞いてみます、電話貸してください」

「はい、どうぞ」



めんどくさっ。


そりゃ、さいしょっから、じゃ親に電話してお願いしてみれば?と言うのは簡単さ。
でも、
なにか問題が起きたとして、
自分なりの考えをまとめて自分なりの意見を言わないと、私に微笑まれて理解されて終わる、ということにしかならないから問題は解決しそうにない、と思ってくれないと。

状況を伝えたら相手がなんとかしてくれる、というのは、ちいさいうちだけで、つまりは自分でなんとかしないとなんにもならない、とある意味あきらめてくれないと。
CM(5) | TB(0) | テーマ:バドミントン | ジャンル:スポーツ

コメント

どうも。こういった事例は学校で毎日のようにあります。
子ども「○○を忘れました」
私「で?」
子ども「・・・・・」
自分は高学年を受け持つことが多いのですが、低学年のうちに「忘れたので・・・します」という行動をとることを教わっていないのだと推測しています。
おそらく先生が「あ、じゃあ○○しなさい」と指示することに慣れっこなのだと。

自分は忘れることは誰にでもあるのだから、その後の行動を考えて報告に来るよう指導しますが、これがなかなかというか、ほんと定着しません。
教科書の忘れ物だと、自分自身にがっかり感が薄いだろうから、熱心に取り組んでるスポーツなどで痛感することがほんと良い経験になると感じてます。ぜひ、びしびし鍛えてください!!
2011/05/02 Mon 23:02 URL メガネマン[ Edit ]
シューズを忘れるのって一番キツイですね~。
娘が忘れたときは、走って10分くらいで家に着くので走らせますが・・・。

指導者の方は本当に大変ですね。
2011/05/03 Tue 10:12 URL はち[ Edit ]
家の子も…
こんばんは。はじめましてブログ、拝見させてもらってます。すごく参考になります。

家の子も「〇〇した。」
親が「…で?」という事が
よくあります。
家の子は一人っ子なので
親が構い過ぎたかな?と
今頃思ってる次第です。
子供が苦労する前に親が手を出して子供に困ったときはどうするのかを考える
状態を与えてなかったんです。
今はまだ間に合うと信じ
子供に考えさせています。でもバドミントンでは自分のダメなところは考えません。悲しいです。
2011/05/03 Tue 20:03 URL ぶ~[ Edit ]
(;^_^A
叱るところまで辿り付けない生徒
大学の研究室などでもいます(;^_^A
2011/05/05 Thu 17:59 URL bonny[ Edit ]
>メガネマンさん、
 こんにちは。シューズを忘れたときのがっかり感には格別なものがあります(笑)。いい薬です。

>はちさん、
 何回か繰り返したらましになるから大丈夫。

>ぶ~さん、
 はじめまして。子どもは可愛いのでついつい私なんぞは手を出しすぎてしまいます、我慢。

>bonnyさん、
 そんなもんなんでしょうね。賢い人はほんとかしこいのにね。
2011/05/09 Mon 14:48 URL ritookoo[ Edit ]













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ritokoo.blog64.fc2.com/tb.php/718-cc4864af
← 「ことバド。コーチ日記」トップページへ戻る
ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
blogram投票ボタン
バドミントン その他 スポーツ FC2ブログランキング
バドミントン スポーツ(全般) 人気ブログランキング
応援お願いします☆
おきてがみ
スポーツ>バドミントン用品
広告
トレンドマッチ
トラフィックゲート
ことバド。内を検索
カスタム検索
pitta!
当ブログオススメ本
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
人間の感覚には、音の響きに関する共通的な認識があるようです、これを上手く使わない手はないよ!⇒レビュー

五輪の身体
五輪の身体
その型をくり返すことで、砥石のように感覚を磨いていく……感覚を言葉にできる一流選手の言葉はすごく興味深いです。⇒レビュー

●ネットで注文→書店で受け取りするなら⇒全国書店ネットワーク  e-hon
アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX