ことバド。コーチ日記 > スポンサー広告 > 親にぶん殴られて泣きながらやらされてやらされて、ことバド。コーチ日記 > バドミントン全般 > 親にぶん殴られて泣きながらやらされてやらされて、

スポンサーサイト

-------- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | トラックバック(-) | テーマ: | ジャンル:

親にぶん殴られて泣きながらやらされてやらされて、

2011-04-28 | カテゴリ:バドミントン全般
多かれ少なかれ、親子で、ちょっと羽根を打ちに行こうか、ということって、あると思います。

よくあるパターンで、バドミントンの自主練で、親子で体育館に打ちに行って、
親が子を泣かしちゃう、みたいな。

なんでこうなっちゃうのかね。

自分含めて思うけど、
こっちが期待してるほど子が一生懸命じゃないように見えるからだよね。


一生懸命つながりで、

こないだの一番手の話の続きなんですが、

一番手は、練習や試合の意味をよく考え自分で行動しそれを一生懸命に行い、常に今よりもさらに上のレベルを目指してゆく立場なので、

それがはなっから自分ですんなりできる人は、そういないと思います。

なので、

一番手は一番手として、特別で、
だから、
特別に一番手ならではの苦労をしていると思います。



不真面目な奴がいるかもしれませんが、
今、不真面目にしやがってるのは、一番手ならではの苦労の最中の様子が、そのように見えるだけの話です。

どうすればいいのか、に、まだ自分で気付けないからだと思います。


ただ、

一番手は、決して馬鹿じゃないので、

(バドミントンの練習を見てて思いますが、バドミントンの強い子は学習能力が非常に高いので、馬鹿だとそこまで強くなれないからです、たぶん)

そのうち気付く。


他人の子を指導していて、
きっちり線引きが出来ている指導者は、気付きまでのライン引きと導き方が上手いし、選手が気付くまでの待ちがすごく我慢強いです。

自分の子だったり、情が深かったりすると、なかなか難しいかもしれません。
国際的なプロコーチはそれが出来ているように、私には見えます。


私は、まだまだ未熟なので、

気付いたとき、もうそのときには、その子は一番手じゃなかったりするんだけど。
そして、
その差はもう、気付いたときには絶対に追いつけないものかもしれないけれど。

という予測が、

この子将来すごく後悔すんじゃないかい?

と、思ったら、動揺します。

後悔しないだろうなという子もいるので、動揺しないときは動揺しませんが、
こいつはこのまま選手としてだめになるかも、という不安とか未来予想とかと戦わされるのはきついです。

こんなに打てて、こんなに強いのに、なにやってんだお前、と思います。
こんなに身体にも才能にも恵まれて、なのに、なにふざけてんだてめぇ、と思います。

もったいない、って。

でもさ、人って、自分がそうできないから、もったいなくも見えるんだよね。
もったいないって思うのは、その子じゃなくて、コッチの勝手な思い込みだよね。


本人がやらないかぎりはどうにもならないことなので、
いろいろと気付けなくてそれ以上伸びないならそれまでだろうね、となるのですが、
これが、
自分が親で不真面目な(に見える)一番手が自分の子だったら、逆上してもそうおかしくは無いのかもしれません。あるいは、あきらめて、自分の情が直接過ぎる影響でない所で練習できるように距離を置いたり。


私よりも上の世代の指導者は、
やって、やって、やりぬく、的なことを要求する人もいますが、
私にはよくわかりません。

私だったら、
そんなこと言われてもやりたくないもんはやりたくないしなー、と素で思います。

たぶん、やりたくないことをやりぬいたこともないし、
上下関係のきつさも知らないからかと思いますが、

良く分かりません。



良く分からないのですが、

このままほっといたらダメになる、

という予想と戦うのは、選手当人じゃなくて、
なんかいろいろと状況や様子が見えちゃってる指導者の側ですので、
選手に気付かせる努力をしたとしても、
選手が指導者の思うようには気付かないからといって、
選手を責め立てる理由にはならないと思います。


こちら指導者の側としては、そこで、どういうふうに注力するかなんだけど、


ただ、練習して、練習して、気が乗らなくても練習させて、泣かせてでも練習させて、そうして辛い日々の向こうに見つかるものがある、というやり方で結果を出しているケースも多いので、やっぱり私には分かりません。

親にぶん殴られて泣きながらやらされてやらされて、の子を見ると、

そこまでやらなくても、と思うのと、
そこまでやるからこそこの強さなんだろうな、と思うのと、
私の印象は半々です。

なので、まだよくわかりません。


ぶん殴って強くなるんならなんぼでもぶん殴るんだがなぁとか思いつつ。


たとえば素振りにしろ、フットワークにしろ、ショットにしろ、
自分でやってみて試して失敗や成功をすればするほど、
いろいろと気付くことがあるんだけど、
気付くのにはなんか、五感を磨かないと気付かないんだろうなぁ、と思うので、そうなるように。
CM(4) | TB(0) | テーマ:バドミントン | ジャンル:スポーツ

コメント

!!!
バドのことよくも知らないくせに!!って言われそうですが、その気持ちと~っても良くわかります。
もしかしたら、うちの子供たちはそんな風に私の事を見ているのかもしれません。
最近私の仕事の都合もありますが、子供たちとの自主連やクラブのお手伝いなどが3~4ヶ月できていません。
少し離れてみていろいろなことが解りましたが、うちのクラブはやっぱり向上心がありません。
その日暮とでもいいましょうか、練習日が少ないのもあるでしょうが、1年やってこのレベルか?んじゃぁ6年生になる頃には・・・・。先が見えてしまいます。
難しいですねぇ。
2011/04/30 Sat 15:26 URL BADミン豚[ Edit ]
>BADミン豚さん、
 楽しむのが主体のチームもありでいいと私は思うので、向上心がどうのと批判してもつまんないし、子どもたちが勝ち上がりたいのか楽しみたいのかで、場合によってはチームを変えても構わないんじゃないかと私は思いますよ?
2011/05/02 Mon 10:56 URL ritookoo[ Edit ]
やっぱりそ~かぁ
チーム移籍も考えましたが、問題の子供本人のやる気の問題もあり、躊躇している部分もありまして・・・・。
そして、なかなか難しいですよねぇ。
楽しむのが主体でも試合に勝てなければ子供達は楽しくないような気もしますけどねぇ。
う~む。悩みます。
2011/05/07 Sat 16:23 URL BADミン豚[ Edit ]
>BADミン豚さん、
 試合で勝つと気分はいいでしょうが、単にバドミントンをするだけでも楽しくて、練習や練習試合のほうが好き、という子もいます。正直、公式戦で勝ち上がることを考え出すときついっすよ。なんて風にも思います。
2011/05/09 Mon 14:57 URL ritookoo[ Edit ]













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ritokoo.blog64.fc2.com/tb.php/717-4102026b
← 「ことバド。コーチ日記」トップページへ戻る
ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
blogram投票ボタン
バドミントン その他 スポーツ FC2ブログランキング
バドミントン スポーツ(全般) 人気ブログランキング
応援お願いします☆
おきてがみ
スポーツ>バドミントン用品
広告
トレンドマッチ
トラフィックゲート
ことバド。内を検索
カスタム検索
pitta!
当ブログオススメ本
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
人間の感覚には、音の響きに関する共通的な認識があるようです、これを上手く使わない手はないよ!⇒レビュー

五輪の身体
五輪の身体
その型をくり返すことで、砥石のように感覚を磨いていく……感覚を言葉にできる一流選手の言葉はすごく興味深いです。⇒レビュー

●ネットで注文→書店で受け取りするなら⇒全国書店ネットワーク  e-hon
アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。