ことバド。コーチ日記 > バドミントン全般 > チームの「一番手」に要求すること

チームの「一番手」に要求すること

2011-04-26 | カテゴリ:バドミントン全般
チームの二番手三番手は、一番手を抜くことを目標に全力でやればいい。

新入生や下のレベルの子達は、一番手の行動を見て、それを彼らの行動の基準とします。
なぜなら、
なにが正しいのか、どう考えどう行動すればよいのか、
新入生や下のレベルの子達は、「まだ知らない」からです。
よって、自ずと、一番強い、チームの一番手の振る舞いを、基準や手本として行動することになるのではないかと思います。

一番手の周囲には、一番手を抜こうとする輩がしのぎを削っているので、自ずとチーム全体が互いに競うよう行動するようになります。

なので、
一番手が不真面目だったら、
チームとしては、面倒なことになります。
指導者の手間がかかるような感じで。
親御がたが神経病む感じで。


仮に、一番手が今すごく強くて不動でも、
練習に対して不熱心で不真面目だったら、時間的に少し先の、チーム像が非常に厄介です。

なぜなら、同じチームの中でも一生懸命練習に取り組みたいと思っているほかのメンバーの気持ちをぐらつかせてしまい、足を引っ張り、ひいてはチーム全体の雰囲気をだらけさせ、よって、チーム全体の強さのレベルを引き下げてしまうからです。

弱いチームからは強い選手は出てこないので、
強くなってきてる選手は、チームの外で練習してきていることと思います。
少年団とは別に、夜に練習に行ったり、バドミントンが強い社会人に教わったりね。
小学生で、バドミントンが強い子は、親が時間と労力を費やして我が子を強くしているケースが多いことでしょう。
少年団の他の子や親御たちとの関係が、ねたみそめみ含め上手く行かなくなることがあると思います。
やがては移籍するかもしれません。

あんま、いいことないですね。
チームの所属者が、チームに対して期待していないなら……単なる大会出場の窓口としてとか練習場所としてとか、そう考えているんなら別にどうでもいいんですけれど、たしかに見ててそういうチームもありますが、どうせ所属するなら、私だったら、勢いと規律のあるチームがいいです。

なので、

少なくとも、一番手には、
チームの中で最も練習に対して真摯であることを要求します。

一番手が、練習の意味と内容を理解し、一生懸命な態度で練習を行うという事は、
すなわち、ほかのメンバーのやる気を鼓舞し、チーム全体の一生懸命な雰囲気を作り出し、チーム全体のレベルを引き上げていくという事になるからです。


春だし、新入生くるし、いいチームの雰囲気を作っていけるといいですね。

9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方
目的や意味、行動の指針を繰り返し説いて伝えて、各自が各自なりに考えて動くことができれば、バドミントンにおいてもチームの練習は、レスポンスがよく、互いに気持ちが良く、取りまとめやすくなります。特に目新しいような教育ノウハウが書かれているわけではなく、どっちかというと当たり前のことや基本的なことが多いですが、一人一人がチームとしてどう動くか、春に読むにはおすすめです。
CM(5) | TB(0) | テーマ:バドミントン | ジャンル:スポーツ

コメント

こんばんは!
わが子の所属している一番手も真摯では、ありません。
残念ながら、規律もありません。
でも、ちなみにその一番手さんはどこでも真摯では
ないんですよ(汗)。
それでも、とても強いです。
確かに真摯ではないけど、下の子のお手本にならないけど、周りはその子の試合を見て、プレーを見て、奮起しています。
真摯で規律正しい、小学生がいると本当に助かりますよね~。
その点、規律正しく真摯なお子さんがいるritokko
さんがうらやましい限りです!。
そして、自分のチームの練習だけで、全国選手を育てたなんて、すばらしいですね。
地区のトップクラスの子は、大体、経験者の親や社会人との練習や自分で練習場所を探したりとか、上手な子は練習に誘ってもらったりなど、少年団の練習だけしかしていない子はほぼいませんよ~。
自分のクラブの練習だけで上手になって、子供達が皆んな同じ目標に向かって、真摯に頑張る・・・なんて、理想の姿なんでしょう!。
見習いたいですね。
2011/04/26 Tue 23:17 URL ログ[ Edit ]
>ログさん、
 あらら、うちの子はそんななんかよさげな感じじゃないですよ。かなり負けこみまくってるし。
 それに、いろんなところでいろんな方々にたくさんお世話になっています。自分のチームの練習だけで育てたなんて全然思っていないので、もしそんな書き方に文章が読めたのなら、誤解をさせてしまってごめんなさい。
2011/04/27 Wed 12:17 URL ritookoo[ Edit ]
仕事でも何でも、いい仕事する人のマネからしないといけないんですが、今そんなことする人いないですよね。
2011/04/27 Wed 20:54 URL メルポポ[ Edit ]
1
チームの1番であること
下との差に目を向けるか

その先の上との差に目を向けるか

選手の資質もありますが
先の夢を選手に見せられるか
指導者の能力にもかかってくるかもですね☆
2011/04/27 Wed 23:11 URL bonny[ Edit ]
>メルポポさん、
 自分がいい仕事をする人になれれば話早いですけれどね☆

>bonnyさん、
 そうですね、私もそう思います。
 一番手が、一番手になるまではそう難しくないんだけど、一番手を、一番手として、育てていくのは、難しい、ってあるコーチが仰ってました。
2011/04/28 Thu 16:53 URL ritookoo[ Edit ]













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ritokoo.blog64.fc2.com/tb.php/716-9700ec03
← 「ことバド。コーチ日記」トップページへ戻る
ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
blogram投票ボタン
バドミントン その他 スポーツ FC2ブログランキング
バドミントン スポーツ(全般) 人気ブログランキング
応援お願いします☆
おきてがみ
スポーツ>バドミントン用品
広告
トレンドマッチ
トラフィックゲート
ことバド。内を検索
カスタム検索
pitta!
当ブログオススメ本
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
人間の感覚には、音の響きに関する共通的な認識があるようです、これを上手く使わない手はないよ!⇒レビュー

五輪の身体
五輪の身体
その型をくり返すことで、砥石のように感覚を磨いていく……感覚を言葉にできる一流選手の言葉はすごく興味深いです。⇒レビュー

●ネットで注文→書店で受け取りするなら⇒全国書店ネットワーク  e-hon
アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX