ことバド。コーチ日記 > 指導者メモ > 打点、シャトルとの距離感、ポジション

打点、シャトルとの距離感、ポジション

2011-04-12 | カテゴリ:指導者メモ
羽根を打つとき、
ラケットの面が、シャトルに当たるときの、羽根を打つ場所。

打点が、どこが正解か、

これを知っていると、上達は早いかもしれません。

いわゆる、自分で感じて考えながら練習の質を上げていけるタイプの練習ができるってことですね。
たぶん、
その感覚、

だれもが、欲しいものだ。



必ずよい打点で打てるよう準備をし、よい打点打つこと、
「よい打点」を逃したら、「出したい球じゃないのが出ちゃう」ってことなので、良い打点じゃなかったと感じたら、その瞬間に、もう次の手を準備しとくこと。

自分で良い打点で打ちに行く場合と、自分が打たされちゃう場合があること、
試合ではもちろん、単なるラリーでも、この2つの「打つ」の違い、を感じながらプレーすると、じゃぁつぎどうしようか、って、常に考えながら、プレーできますので、そのほうが、脳みそ使うので、上達が早いし、強くもなると思います。



羽根をどこで打つか、という、打点。

自分の体を使って出すパワーが、最も大きく強く羽根に伝えられる場所。

クリアやスマッシュは、全身であるいは全力で、というと、パワーがどう伝わってるか、ロスってるかどうかが分かりやすいかもですが、ヘアピンでも、この、「打点」が大事なのをとても感じます。

人によっては、ヘアピンの高さ、を気にするかもですが、=ヘアピンの「高さ」、ではないです。
なんていうか、シャトルと、身体と、ラケットとで、それで、ここが一番いいな、が、打点、みたいな。


ポジションだったり、フォームだったり、スイングだったり、ラケット面の作り方だったり、羽根やラインとの距離やタイミングだったり、「どういうふうになっているのがいいのか」のチェックポイントはたくさんあります。

実際に羽根を打っているときに、
考えることは、なかなか出来ないので(考えてると集中できないと思います)、

ここだと伝わったなぁ、ここだと窮屈な感じがするなぁ、ここだと気持ちよく打てるなぁ、パワーがあるのは感じるけどフルじゃないなぁ50%くらいでしか打ててないかなぁ、ということを感じながら打つことになります。

で、
また素振りしながら、さっき、この場所がよかったんだよな、もいっぺんできるかな、なんでできたのかな?この場所で毎回打つためにはどう身体を運ぼうかな、とかって、考える。

自分で やってみて 感じて 考えて を繰り返す。

打点、ってのは、なにがどうでどんな感じ、ってのが必ずありますので、っていうか、ぜひ見つけてみて、と思います。


特に、子どもが相手の場合には、やってみて、いろいろ感じてみてもいいんだ、って、失敗コミでとりあえずやってみるという、勇気を引き出す、というか、……やってみる、という点で、なかなかすぐには取り掛かれない子は多いかもしれませんが、ちょっと背中を押しておけば、後は勝手に上手く行くような気がします。

人は、たぶん、他人にどうのこうの言われるより「自分で気付きたい」生物なので、とっとと勝手に気付くといいなぁ、と思いながら見ています。
打点がどんなものでどんな形でどこにあるのかの正解は見せますが、それをどう自分の身体で体感し再現性を高めていくかは、それぞれが自分の身体と相談しながら見つけたりなんだりするものなので、各々自分自身の身体が相手のことですから、たぶんそれは、私が口出しするより近道で早道。
CM(0) | TB(0) | テーマ:バドミントン | ジャンル:スポーツ

コメント














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ritokoo.blog64.fc2.com/tb.php/705-676dd84c
← 「ことバド。コーチ日記」トップページへ戻る
ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
blogram投票ボタン
バドミントン その他 スポーツ FC2ブログランキング
バドミントン スポーツ(全般) 人気ブログランキング
応援お願いします☆
おきてがみ
広告
トレンドマッチ
ことバド。内を検索
カスタム検索
当ブログオススメ本
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
人間の感覚には、音の響きに関する共通的な認識があるようです、これを上手く使わない手はないよ!⇒レビュー

五輪の身体
五輪の身体
その型をくり返すことで、砥石のように感覚を磨いていく……感覚を言葉にできる一流選手の言葉はすごく興味深いです。⇒レビュー

●ネットで注文→書店で受け取りするなら⇒全国書店ネットワーク  e-hon
アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX