ことバド。コーチ日記 > バドミントン全般 > バドミントンの練習で、小学生の中だるみの解消方法

バドミントンの練習で、小学生の中だるみの解消方法

2010-11-24 | カテゴリ:バドミントン全般
全小の全国大会に出場する子達にとっては、今の時期はけっこう大変な練習量かもしれませんが、
全小に出ない子達にとっては、今の時期、……どうでしょ。

けっこう中だるみな雰囲気になっているようであります。

全小に出ない子達にとっては、今の時期は、大きな大会もなく、基礎をやるのにもってこいな時期なのですけれど。

基礎……
グリップの握り方のチェック、
グリップ修正したならそのグリップで打てるように、
フォームのチェック、
フォーム修正したならそのフォームでシャトルにアプローチできるように、
ステップワーク、
フットワーク、
コートワーク、
技術練習、
身体づくり、
身体の使い方の練習、
各ショットの基礎練習、
各ショットのノック練習、
各ショットのパターン練習、
ショット組み合わさった練習……などなど、ひと口に基礎といっても、いろいろですよね。

この時期に基礎をがっつりやることで、
春先に大きく伸びます。
ちゃんとやったなら、これは必ず伸びます。

全国大会に出る子は今の時期には基礎練習に時間は割けないでしょうが、
春先の大会に勝てる強い子は、もうすでにそのための練習がスタートしていますし、来年何らかの成績が欲しい子達は春先の大会のためにもうすでにそのための練習をスタートさせようとは思っているはずです。

しかしこの時期、
さ~、基礎だ基礎、基礎やるぞ~!!と指導者が思っても、子どもの反応がイマイチだったりしますよね。

なんででしょうね。

私は、思うに、寒いから、じゃないかしらんと思うんですけど。
子ども達の気合が入ってないからって、それは難しく考えるべきじゃないですね、きっと。
寒くて代謝が落ちてるんで、出てくる活動エネルギーの量も減ってるんですよ。

子どもたちに悪気はないですね。
子どもたちに悪気があれば叱ることも出来ますが、悪気は無いですね。


バドミントンの基礎ってさ、

バドミントンが楽しい、もっとしたい! って、

子どもが、自分自身の心で、
自分から。

思うことじゃないかな、と私は思います。



チームがダレててさぁって愚痴る人もいるかもですが、
汗出させて笑わせて、自分なりに自由に練習に取り組めるように気分と雰囲気上げてやりゃいいだけの話。
中だるみの解消方法って、それ以上もそれ以下もないんでないかなと思います。


バドミントンの基礎で一番大事なのは、
小学生の場合は、特に、

バドミントンが楽しくて、自分でバドミントンが大好きって思えて、どんどんやりたくなる、

そうなれば、それでいいと思います。



私の尊敬する人の言葉を借りますね。

「ゆるい雰囲気というか、ダレてるような状態、子どもたちが練習に対していまひとつ気分が乗ってないときって、どうしたらいいと思いますか?」と聞いたんですが、

そうだね、って、やさしく笑って、

「バドミントンが楽しい、もっとやりたいって、まだ思えていないんじゃないかな。バドミントンの魅力をまだ伝えきれていない、それは自分の力不足なんだよね」

って。


なんかねぇ、私はそれ聞いたとき、地面にひれ伏したくなりました。
オリンピック活躍選手含め、世界トップレベルで活躍するバドミントン選手を何人も育ててる方の言葉がこれですからね、バドミントンを愛する心というか、バドミントンを求める心の表出の摂理を知っているというか、この人には絶対かなわないですね。


素振りなんて、勝手に自分で振り出すし、
フットワークだって自分で勝手にやりだすし、
やりだしたら、もっと見てくれアドバイスしてくれ、って言い出すし、ね。

って。


私としては、体育館に来たならすぐに「コートでのバドミントンの練習」ができるように、各自でアップしてから練習の場所に来て欲しいものですが、そうもいってられませんね。ストレッチもしてこない子も中にはいます。

子ども達の中には、十分に動ける状態になってて体育館入りする子と、早めに体育館に来て体育館でアップをする子と、全員集合の直前まで全然身体を動かしていない子とが混じっているので、少々面倒だなとは思いますが、ご家庭の事情もあることでしょうし、と思うことにして、てきとうに采配します。

でもねぇ、何かつかんだりつかみかけてる子とか、とにかく何か掴みたいと思ってる子とか、
なにかしら、自分でやってきたりしてるんですよね、実際。
CM(2) | TB(0) | テーマ:バドミントン | ジャンル:スポーツ

コメント

新しい出会い+知的な刺激
うーむ。だれるというか。
夏の間は体力の限界まで動いてれば満足だけれど、寒くなってくるとちょっと知的欲求が高まってくるというか。
年上の子や大人(知らない人がベスト)が相手してやると、コドモは好奇心丸出し興味津々で、喜んで物事に取り組みますね。
思春期に差し掛かった年頃だと尚更。
ウチのコドモ遊びでバドやってますが、このごろ誰かのお父さんが相手してくれるらしく、その方にどうやって勝つか?とすごい頭使ってて、いろいろ打ち方の研究してるみたいです。おどろきー。
それにドイツでは9月から新学期じゃないですか?
新しい先生方やスポーツクラブのインストラクターとの出会いが、すごく刺激になってますね。
2010/11/24 Wed 16:18 URL やまとげるまん[ Edit ]
>やまとげるまんさん、
 こんにちは。いいですね、新しい出会い、新しい刺激。神経回路が電気ピコピコしますね☆
 こどもの好奇心って、接してるこっちがワクワクしますね。いつも子どもたちには感謝しています。
2010/12/01 Wed 11:58 URL ritokoo[ Edit ]













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ritokoo.blog64.fc2.com/tb.php/631-e160ba38
← 「ことバド。コーチ日記」トップページへ戻る
ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
blogram投票ボタン
バドミントン その他 スポーツ FC2ブログランキング
バドミントン スポーツ(全般) 人気ブログランキング
応援お願いします☆
おきてがみ
スポーツ>バドミントン用品
広告
トレンドマッチ
トラフィックゲート
ことバド。内を検索
カスタム検索
pitta!
当ブログオススメ本
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
人間の感覚には、音の響きに関する共通的な認識があるようです、これを上手く使わない手はないよ!⇒レビュー

五輪の身体
五輪の身体
その型をくり返すことで、砥石のように感覚を磨いていく……感覚を言葉にできる一流選手の言葉はすごく興味深いです。⇒レビュー

●ネットで注文→書店で受け取りするなら⇒全国書店ネットワーク  e-hon
アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX