ことバド。コーチ日記 > 指導者メモ > 小さな回内運動「手指の腱・筋肉」

小さな回内運動「手指の腱・筋肉」

2010-11-04 | カテゴリ:指導者メモ
バドミントンの基礎技術の話です、興味のある方はどうぞ。
前回の「小さな回内運動」の続きです。


しっかりとリストを立てて、リストスタンドして、回内を行うのではなく。

リストに力を入れず、
固くせず、
力を抜いて、
リラックスした自然な状態で、
ラケットでシャトルを迎えます。

迎えるわけですが、

シャトルがミートするその瞬間に、人差し指と親指とそしてちょっとの小指による、「小さな指先の動き」で、「チッ」と、シャトルをリリースします。

いわば、
指先の高速回転、です。

これにより、ラケットヘッドのトップスピードの質ががらりと変わります。
速さ、ではなく、質、が変わる感じ。
私の知っている従来の回内運動によるものとは、質がまったく違います。

「チッ」を、指先の高速回転、と表現しましたが、

グリップを握る親指・人差し指による作用を非常に重視します。

シャトルを、チップするのとも違うし、手首のスナップでもなく、指先で打つのとも違います。


手首の中にある小さな??腱?筋肉?を使います。

私もいろいろと探したのですが、たぶん、浅指屈筋に当たるのかなと思いますが、
私自身が良い解剖書を手にしていないので、明解に言えません。
(何か、本が欲しい……)
わかったら、また書けると思います。


大人になると、他の筋肉の成長に占められてその腱(筋肉?)が育つスペースがないので、その部位を鍛えるのはなかなか難しいそうです。
なので、
小さい子にいっぱい「チッ」をやらせて、その部位を太く強く育てると、将来よいバドミントンプレーヤーになるそうです。
バドミントンプレーヤーの素質の一つとして、その部位の発達がのぞましいようです。

選手としておもしろい、とピックアップする際に、「手がいい」、「足がいい」、「全身のつながりがいい」、というのがあり、つまりは、いわゆる競技バドミントンプレーヤーとしての素質とやらだそうですが、その「手がいい」にあたるのだそうです。




「チッ」を実現するには、

とある形でのグリップの握り方がとても大事で、
「チッ」をやるためには、一番最初にグリップの握り方を正します。

トッププレーヤーのグリップの握り方にはそれぞれの個性がありますが、バドミントンの基礎技術を習得するための正しいグリップの握り方、というのは、「真実はひとつ」でいいのかもしれません。

真実はひとつじゃないよ、もっと自由にバドミントンしていいよ、
というのもまた真実なのですが、
たとえば、
子どもにスポーツ競技としてのバドミントンを教えるとき、グリップの握り方を教えますが、あるいは、握り方が変で修正をすることになると思いますが、そのときに、「自由でいいよ」「自分の握りたいように握っていいよ」といわれても、そもそもグリップの握り方がどういうものかを知らない子どもとしてみては、困るわけで、だったら、「世界のトップのショットを打ちたいなら、こう握ってごらん」と言ったほうが、子どもはわくわくするんじゃないかな、と、私は、そのほうが好きだなと思います。
CM(6) | TB(0) | テーマ:バドミントン | ジャンル:スポーツ

コメント

合っているかどうか分かりませんが・・・
kyororin55が通っているバドクリで教わっているようなことでしょうか?ヒットの瞬間、親指と人差し指、そして小指を使って握り込みをすることで瞬発力が加わり、ラケットヘッドの大きな動きが無くてもかなり強く飛びます。「ラケットワーク~バックハンド~その2」(Oコーチ練習メニュー(バドクリ編))2010/06/08の1~3に書いてあります。パチッ!といい音がします。
2010/11/04 Thu 16:27 URL kyororin55[ Edit ]
>kyororin55さん、
 どうでしょう、人によってはそれを握りこみと表現する人もいるかもしれませんが、私の理解とは違うかもです、でも、ひょっとすると、お会いしてプレーを見れば、わかるので、飛び込んで握手するかもしれない。
「チッ」は、放たれるショットが何かわからないのと、コントロール精度と、速さが、特徴的です。
2010/11/04 Thu 17:06 URL ritokoo[ Edit ]
お久しぶりです。

大分寒くなってきましたね。

私自身、プレーの最中に余りラケットの回内運動と言うものを気にはしていませんが…

グリップの持ち方について。
今はバックハンドって概念が余り濃くないみたいですが、バックの時にもちかえられない(笑)
昔気にしたことがあった、私がバドミントンを始めるきっかけと言うか、その後も大きな影響を与えてくれた方に聞いたら、
『自分が持ちやすい、打ちやすいにぎりかただったらどんなにぎりかたでもいいんじゃない?』
と言われました(笑)
今の今まで変わらずです…短くもったり長くもったりはしてるけど…
この間、手の使い方が器用だね、とは言われました(笑)
2010/11/04 Thu 18:32 URL 空[ Edit ]
あれかな?
 少し前bonnyさんのブログに、ネット際での手首を支点にしたワイパーショットでなく、
親指と人差し指でラケットのシャフトを軸に面を回転させるショットのことが書いてありましたが、そのショットのことでしょうか?

 私たちの年代になるとなかなか新しい技術は取得できないですが、子供たちはそんなショットもきちんと教えたら出来るようになるのでしょうね。もっと詳しい情報が欲しいところです。
2010/11/05 Fri 12:58 URL かつ~ん[ Edit ]
うう~気になる~
考えれば考えるほど気になる~
あそこで言われたあれがそうかな?
あの選手が使ってたあのテクがそうかな?
それとも、自分が調子いときピクット反応したあのショットの事かな?
などなど、想像が膨らみすぎます。
どっかに動画ないですか?
どなたか動画流出してください!
2010/11/06 Sat 20:09 URL 親ばかちゃんりん[ Edit ]
>空さん、
 私の場合は、持ち方を教えて欲しいと求められたときの基本として教える持ち方はありますけれど、「自分の持ちたいように」でいいと思います~。私もバッグハンドでの持ち替えはしないかな。場合によりちょっと指はずらすかもですけれど。

>かつ~んさん、
 bonnyさんの書かれておられた記事がどれかはわからないですが、表現の仕方の違いこそあれ、たぶんそうだと思います♪ワイパーショットとかの特定のショットではなくすべてのショットに塔載する技術です。

>親ばかちゃんりんさん、
 自分やウーのは無いわけではないですが、ネットで見せられるものではないので申し訳ないです。
2010/11/08 Mon 13:14 URL ritokoo[ Edit ]













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ritokoo.blog64.fc2.com/tb.php/611-66229408
← 「ことバド。コーチ日記」トップページへ戻る
ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
blogram投票ボタン
バドミントン その他 スポーツ FC2ブログランキング
バドミントン スポーツ(全般) 人気ブログランキング
応援お願いします☆
おきてがみ
スポーツ>バドミントン用品
広告
トレンドマッチ
トラフィックゲート
ことバド。内を検索
カスタム検索
pitta!
当ブログオススメ本
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
人間の感覚には、音の響きに関する共通的な認識があるようです、これを上手く使わない手はないよ!⇒レビュー

五輪の身体
五輪の身体
その型をくり返すことで、砥石のように感覚を磨いていく……感覚を言葉にできる一流選手の言葉はすごく興味深いです。⇒レビュー

●ネットで注文→書店で受け取りするなら⇒全国書店ネットワーク  e-hon
アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX