ことバド。コーチ日記 > スポンサー広告 > スーパーアスリートへの方程式ことバド。コーチ日記 > 本の感想、的な > スーパーアスリートへの方程式

スポンサーサイト

-------- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | トラックバック(-) | テーマ: | ジャンル:

スーパーアスリートへの方程式

2010-08-04 | カテゴリ:本の感想、的な
バドミントンでも、身体が勝手に動く境地に持っていくのはどうしたらそうなるんだろう、と、そのベースはやはり訓練訓練毎日訓練、なわけですが、以前に、新インナーゲームについて紹介しましたが、あの本の内容はかなり理論というかイメージ的というか、で、筆者の言いたいことやニュアンスは伝わっても、じゃあ実際どうすりゃいいのさ?と思うことも多かったかも知れません。

インナーゲームでも触れられていた、パーツパーツではなく、全身での運動、全部ひとつにつながって力を伝える運動、リラックス、というのは私の教えるバドミントンにおいても重要なポイントなのですが、このことについては、より分かりやすい解説のある本をみつけたので、今日はそれを紹介します。

部活で補欠だった人をワールドクラスの選手にする本―スーパーアスリートへの方程式 全競技向け

本書の中身は、大半はコラムで埋まっているようなもので、まとまっていないというか、読者にどこを読ませたいのか、内容的にはかなりとっちらかったような感じがあるのですが、力を抜いた状態とはどんな状態か、パーツパーツではなく全身で、という考え方や、パフォーマンスを上げる、あるいは、上がった、と客観的に知るための基準をどう考えるか、などが、非常に分かりやすいです。
新インナーゲームで重点的に語られていながらも、欠けている実践的な部分が分かる感じだと思えばいいと思います。

新インナーゲームでも何度も登場した、「特定の部位を単独で動かしたり、意識したりしない」方法について、「リズムを使った動きの必然性」、といったものや、重心、自動操縦、リズム、アクセント、これらのキーワードに興味のある方は一度読んでみると良いと思います。

本書の中では、バドミントン競技については取り上げられていませんが、陸上、サッカー、バスケットボール、空手が取り上げられており、内容については、バドミントンに置き換えて考えてみても、十分理解できるものだと思います。
これまで、スポーツとしてバドミントンしかやったことのない人にはひょっとすると少し理解が難しく感じられるかもしれませんが、バドミントン競技に拘らず、読んでみたらいいと思います。

全ての身体パーツが一斉に、状況に応じて勝手に調整されて、最適な方向に、最適なタイミングで、最適なタイミングを維持したまま最速で、勝手に動いてくれる、これが自動操縦ですが、これが為されると、きっとすごく気持ちがいいんだろうと思います。

そういうバドミントン、きっと気持ちがいいでしょうね、楽しいだろうね。
CM(0) | TB(0) | テーマ:バドミントン | ジャンル:スポーツ

コメント














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ritokoo.blog64.fc2.com/tb.php/577-2c56a9ca
← 「ことバド。コーチ日記」トップページへ戻る
ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
blogram投票ボタン
バドミントン その他 スポーツ FC2ブログランキング
バドミントン スポーツ(全般) 人気ブログランキング
応援お願いします☆
おきてがみ
スポーツ>バドミントン用品
広告
トレンドマッチ
トラフィックゲート
ことバド。内を検索
カスタム検索
pitta!
当ブログオススメ本
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
人間の感覚には、音の響きに関する共通的な認識があるようです、これを上手く使わない手はないよ!⇒レビュー

五輪の身体
五輪の身体
その型をくり返すことで、砥石のように感覚を磨いていく……感覚を言葉にできる一流選手の言葉はすごく興味深いです。⇒レビュー

●ネットで注文→書店で受け取りするなら⇒全国書店ネットワーク  e-hon
アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。