ことバド。コーチ日記 > スポンサー広告 > 叱られて、答えられないときは、松岡修造でことバド。コーチ日記 > バドミントン全般 > 叱られて、答えられないときは、松岡修造で

スポンサーサイト

-------- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | トラックバック(-) | テーマ: | ジャンル:

叱られて、答えられないときは、松岡修造で

2010-05-18 | カテゴリ:バドミントン全般
バドミントンをしていても、
上手く行かなかったり、同じミスを繰り返したり、ふてくされたり、態度がだらしなかったり、あるいはなにか他の事で、監督やコーチに怒られるときもあると思います。

そんなとき、黙り込んでしまうこと、よくありますよね。

面倒くさいからただ黙ってやり過ごすためにただただ黙っていることがあるかもしれないし、
自分の考えを言葉にして表したくてもそれが出来なくて、黙っているかもしれません。
何も言わず泣いてしまうこともあるかもしれませんね。

私が主に相手をしているのは小学生ですが、小学生も、黙り込んでしまうことがあります。

一生懸命何か考えている最中なのかもしれないし、
思考がフリーズしたかもしれないし、
頭の中がぐちゃぐちゃで整理がつかないのかもしれない、
あるいは、何か言ったらもっと怒られるかも、と思っているのかもしれません。

自分の子どもも時折こういう状態になるので、
黙ってないでなにか言え、って思いますが。

子どもに問い掛けてもだんまり。
何言ってもだんまり。
かといって、ふてくされて黙ったり、反抗的に黙るのとも違うみたい。
言いたいことがあるけど言葉に出来ないみたい。
この手のだんまりに苦労なさる親御さんも結構いらっしゃるのではないかと思います。


ちなみに、ウーは、にっちもさっちも行かなくなると、唸ります。
本当に言葉が出なくなると、追い詰められた獣のように「うううううううう」と唸ります。
※でも、唸るから「ウー」ではないっす。


声が出せない、返事が出せない、意見が述べられない、
こんなとき、松岡修造が、現役時代に彼自身がやってきたという方法を知ったので、以下に紹介します。

1言目:「自分は……」で始める。

2言目:感じたこと、を述べる。

3言目:感じた理由、を述べる。

4言目:だから、「こうなる」「こうなりたい」、と言う。

こうすると、
自分の思いや考えを、言葉で表現できるそうです。


子どもは一生懸命やりたいのに、うまくいかなくて、何を聞いても、言葉が出ないときは確かにあります。

なんで黙ってんだ、何とか言えよ!って、思うときも確かにありますが、

なにか答えなきゃいけない、あるいは、なにか言いたいんだけど、言えない、答えられない、上手く言葉にできない、って状態は、子ども自身も、きっときつい思いなのかもしれませんね。


ウーに言ったら、「あっ!それ教えて!!」とさっそくノートにメモってました。
わかった!やってみる!って。
松岡修造がやってきた方法なら、やってみる気がしますよね。


本気になればすべてが変わる―生きる技術をみがく70のヒント
本気になればすべてが変わる―生きる技術をみがく70のヒント
おすすめ平均
starsエッセンスが詰まった真面目な一冊
starsもっと熱くなりたいと思いました
stars悩み事を抱えている人は、ぜひ。
starsわかりやすく、よみやすい
stars本気になるのは素晴らしい。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

CM(4) | TB(0) | テーマ:バドミントン | ジャンル:スポーツ

コメント

うちのジュニア(子供もそうですが)詰まったり、困ったりして言葉が出なくなった時は取敢えず「わかりません」と言うように指導しています。
時々 トンチンカンな「わかりません」も出ますがそれが子供の合図だと考えています。
「わかりません」が出ると方向性を変えて話したり 見方を変えて聞いてみたりしています。
子供が話さない(話せない)時は大抵気持ちや考えを自分の言葉に出来ない時が多いようですから。
色々な方法が有ると思いますが私も頭ごなしに叱る事は良くないと思います。
2010/05/18 Tue 23:23 URL 白兎[ Edit ]
こんにちは
勉強になります^^
2010/05/19 Wed 07:24 URL もうすけ[ Edit ]
よく考えたら
うちのチームは一方的に怒られているだけで自分の考えは言えない雰囲気です。
口にしていいのは「はい」「いいえ」だけです。
たとえそれが指導者の勘違いで怒られているときもです。
それがいいのか悪いのかはわかりませんが、そのことについて親がでしゃばることはできないですよね。

練習ではそうですが、私が家で怒っているときはうちの子供たちは言葉が出なくなるほうです。
黙っているから、余計私の怒りが増すことも多いです。
私の精神安定のためにも松岡修造方式を使えるように誘導したいと思います。
怒るのもエネルギーが必要ですよね。結構疲れます(汗)
2010/05/19 Wed 08:43 URL くりん[ Edit ]
>白兎さん、
 黙り込んでしまう前に、とりあえず、「あの」でも、「私は」でも、とにかく何か言うのは大事ですよね。相手が話を聞くように少し待ってくれるので、その間に一生懸命表現できるものを探します。

>もうすけさん、
 ありがとうございます。

>くりんさん、
 勘違いな叱責もあるかもですが、やはり、親ではなく、当人が処理できたらいいですね。

 うちはかなり言語教育に時間割いてるけど、それでも言葉が出なくなる時があります、子どもは、大体は黙っちゃうケースが多いと思います。

 松岡修造言ってたけど、
怒った人は、恐い存在ではなくて、大切な人、として考えると、その人の話を聞けるようになるそうです。
2010/05/19 Wed 11:38 URL ritokoo[ Edit ]













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ritokoo.blog64.fc2.com/tb.php/512-defac881
← 「ことバド。コーチ日記」トップページへ戻る
ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
blogram投票ボタン
バドミントン その他 スポーツ FC2ブログランキング
バドミントン スポーツ(全般) 人気ブログランキング
応援お願いします☆
おきてがみ
広告
トレンドマッチ
ことバド。内を検索
カスタム検索
当ブログオススメ本
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
人間の感覚には、音の響きに関する共通的な認識があるようです、これを上手く使わない手はないよ!⇒レビュー

五輪の身体
五輪の身体
その型をくり返すことで、砥石のように感覚を磨いていく……感覚を言葉にできる一流選手の言葉はすごく興味深いです。⇒レビュー

●ネットで注文→書店で受け取りするなら⇒全国書店ネットワーク  e-hon
アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。