バドミントンシューズの選び方

2010-04-23 | カテゴリ:バドミントン用品の感想、おすすめ品
昨日バドミントンのシューズを買うときに悩むことに続いてですが、バドミントンのシューズの選び方について、今日は書きます。

バドミントンシューズには、さまざまなメーカー、さまざまなデザインのモデルがありますが、一番良いのはやはり、店頭で実際に履いてみることです。
なので、
試し履きをしに、品揃えの豊富な大型店や専門店へ行きます。
……実際にそこで買うかどうかはともかく。(ゴメン)


以下、我が家でのバドミントンシューズの選び方を紹介します。
予め言っておきますが、うちでいろいろとやってみて、うちはバドミントンシューズはこう選ぶ、っていう程度のことなので、これが正しいと主張するのではないし、異論はあるかも分かりません。こういうことを言っている人もいたな、ぐらいな感じで読んでいただけるといいかもしれません。


まず、シューズは、足幅ではなく、足の長さ(いわゆる、足のサイズ)で決めます。

靴屋に行くと、足のサイズを測るボード(足の長さの刻みが入っていて、ボードの上に足を乗せると足の長さがわかるという代物)があると思うので、まずそれで、靴下を履いた状態での今の足のサイズが何センチかを測ります。

もちろん、シューズを検討する際は、バドミントンの時に履くソックスを履いてゆくのは鉄則。

足のサイズが何センチか分ったら、
まず、その実寸値ままのサイズで、実際のシューズに足を入れてみます。
足のサイズが20センチだったら、20センチのシューズを履いてみます。

そのときに、どうか。

それでぴったり丁度いい!と子供が言うのなら、たぶんOKだと思います。

ですが、その時に、

子供が、
足の幅がきつい、と言うことがあるかもしれません。


その場合は、その子の足の甲をよく見てみたらいいかもしれません。

ポイントは、甲が低くないか。
つまり、足のアーチが落ちて無いかどうか、です。

足裏から見たらちゃんと土踏まずがあって、いわゆる偏平足ではない、
けれど、
上や横から見ると、甲が低くて足幅がぺたっと広がっているような感じであれば、

シューズの横幅がきついからといって、
安易にシューズのサイズをワンサイズ大きくするのではなく、シューズにインソールを入れることを検討したほうがよいかもしれない。

なぜなら、足のサイズはそのままでも、甲が落ちることにより、足幅が広がり、シューズの横幅がきつく感じることがあるからです。
この場合は、足のアーチの形状を形良いように保つよう補助することで、同じサイズのシューズでも横幅をきついと感じることなく快適に履ける場合があります。

横幅がきつくないこと、を条件にシューズを選んでしまうと、
シューズの内かかと側に足のかかとをあわせた時、つま先が指一本分、あるいはそれ以上余るかもしれません。

我々大人でも、足幅がきついからと言う理由で靴によってはワンサイズ大きいものを選ぶことがあると思います。でもそうして選んだときの靴って、あんまりしっくりこない、よくないよね。仕事で履くパンプスとか、少なくとも私はそうなので、そういうときはやはり同じサイズでも足幅(Eサイズ)の大きなものをチョイスしますもの。


今のうちのシーがそうなのですが、
足のサイズは19センチなのに、20センチのシューズを選ぶような状況だと、つま先は確実に指一本分余ります。

運動靴を選ぶ場合、つま先部分の余裕については、「シューズの中で足指がピアノが弾けるくらい」とよく言われますが、「ピアノが弾けるくらい自由に足指が動かせる」ことと、「つま先に指一本分のスペースが余っている」のとでは、私は違うんじゃないかなぁ、と思っています。バドミントンの場合は。

学校に履いていく運動靴なら、脱ぎ履きしやすいこともけっこう重要なので、運動靴は指一本分余るくらいかあるいはもう少し、多少は大きめでもかまわないでしょうが、バドミントンシューズの場合は、動きが激しいので、やはりジャストサイズに近いきっちりと足に合ったサイズを選ぶ方がよいと私は思います。

つま先に必要以上のスペースがあると、特にバドミントンの場合は、シューズの中で前後に足が泳ぐので、ズレと当たりによる痛みの原因になります。
また、足の前後へのズレを防ぐためにきつく靴紐を締め上げるので、結果として、より横幅を締め上げることになり、やがて足の左右サイドを痛める原因にもなり得るのではないかと思います。

シューズにインソールを入れることで、足の甲が持ち上がり、甲の横方位へのつぶれと広がりが緩和されるので、シューズ内の横サイドに余裕が生まれ、結果、シューズの横幅をきついとはあまり感じなくなることがあるのです。

インソールを入れることで、横幅にあわせて実際の足のサイズよりも大きいシューズを履く必要が無く、シューズの中で足が前後にずれにくくなるかもしれません。


シーが今、足の実寸サイズが19センチなのに20センチのシューズを履いていて、当人は19センチじゃきついって言ってるんですが、たぶん、今回ウーが入れたスーパーフィートを入れたら19センチでもいいんじゃないかと今思っています。
来月にはシーのシューズを買い換えようと思っているので、試してみます。


バドミントンは強く足を踏み込む競技でもあるので、
その踏み込むときに掛かる力は、軽く体重の3倍の力が掛かるとも言われます(聞き伝えですが)。

なので、バドミントンを競技としてやっている子の足は、踏み込みが強いため、骨格的に甲が落ちてしまいがちとも聞きました。フットワーク練習をさんざんやりますから、その説明は納得できます。

足についての専門医学的な知識は私は持っていませんが、専門家に聞くと、いわゆるもともとの偏平足と過度の負荷によって足のアーチ形状がつぶれて甲が低くなることとはまた少し違うようです?(ごめん、なにがどう違うかとか聞き逃したもので?を付けときます)

また、特に、子どもの場合は、安易にアーチ部分を下からクッション状のもので埋めて持ち上げるタイプのインソールだと、身体の成長に伴い本来育つべき足の正常なアーチ形成を妨げる怖れがあるとも言っていました。
専門家によっては見解の違いもあるかもしれませんが、
たとえば今ウーが使っているスーパーフィートは、アーチ部分には盛り上がりはなく、踵のある一部の骨を持ち上げることで足本来のアーチを実現させるような仕組みになっています。

ちなみに、ウーが今入れているのはこれ↓
驚異のインソール Superfeet(スーパーフィート) TrimFit Blue

使い方としては、シューズの中に元々入っているインソールを取り出して、スーパーフィートの上に置いてインソールの大きさに合わせてラインを引き、そのラインに合わせてスーパーフィートをハサミでカットするだけ。
元のインソールの代わりに、スーパーフィートを入れます。
オーダーの足底板だと1~2万円くらい掛かりますが、スーパーフィートだと、ウーのブルーは4,515円なので、トライできる額ではないかと……それでも安くは無いので、私はカットするの、失敗したらどうしようと怖かったのでお店の人にカットしてもらったけど、でも、やるの見てたら簡単だったので次は自分でできると思います。カットの仕方の書かれた取扱説明書も入ってるし。なので、ネットで買っても大丈夫だと思います。


我が家のバドミントンのシューズ選びとしては、
まだ足のサイズが小さいので上位モデル(たいていは22センチからのサイズ展開)が買えない、成長途中でこの先もまだ足が大きくなる、という2点を大きな理由に、
スーパーフィートを購入し、
ヨネックスなどの、入門モデルのシューズ(比較的安価)を3ヶ月~半年程度で履き替える、でいいんじゃないかと。
うちの場合は、たとえば、ヨネックスのだと、半年も履けば履き潰れるので。
シーの履いてるやつ→【送料無料】YONEX(ヨネックス)【POWER CUHION JUNIOR 610(パワークッションジュニア610)SH...
ウーの履いてるやつ→【送料無料】YONEX(ヨネックス)【POWER CUHION 610(パワークッション610)SHB-610】バドミン...
そもそも入門用だし、製品的にもそのくらいにしか考えていないんじゃないかと思うし。
もちろん、普通に週2程度の少年団の練習でなら、もっとずっと1年程度は十分にもつと思います。
コスパ的にも悪くないと思います。

これは大人の場合(22センチ~)ですが、インソールで解決しない場合は、バドミントンのシューズにも型によってはE幅の大きいものもありますから、それをチョイスすることで、足のサイズそのままのシューズが履けるのではないかとも思います。
足幅が極端に広かったり、外反母趾などがある場合には、やはり、一度専門家の意見を聞いたほうが良いかもしれません。


以上、足のサイズの小さい子、バドミントンのシューズ選びで足に痛みを感じる方や足幅でいつも悩む人には参考になるかもしれません。
取り寄せでしかシューズが手に入らない場合は、なかなかシューズの合う合わない、が分からないと思うので、もし可能だったら、同じチームの子でサイズの同じ子がいたら、「いちど履かせて?そのシューズ、どう?」って言えるといいですね。



そして、これは余談ですが、
考えてみると、私の足も、昔より甲が落ちて低くなっているように思います。
パンプスを履くことで足に負担を掛けているせいもあるでしょうが、
やはり、バドミントンでの踏み込みも原因のひとつと考えてもいいのではないかと少し思います。

そして、バドミントンシューズの選び方についていろいろと知るうちに、

私の足のサイズは、実は、実測で22センチ(靴下履いた状態)、
バドミントンシューズの場合は、
インソールを入れると、アーチが上がるので、21.5センチで十分、ということが判明しました。

なかなかショッキングでした……。

実際、インソールを入れたウーのシューズを履いてみると、なんと、履けるんです……えーっ。
これまで履こうとも思わなかったサイズなのに。
履けるなんてちっとも思っていなかったのに。

これまでバドミントンシューズは22.5センチのを履いていたのですよ。
普段の運動靴も、パンプスも、22.5センチ。
素足で履くオープントゥタイプのサンダルだけは、22センチのをひとつ持っています。
私自身が、自分の足は、22.5センチだとずっと思っていたので。
だって、実際、22センチだと足幅がきついと思ってたし。
意外と足のサイズってのは過去の自分の思い込みだったりするのかもしれない……。

ちなみに私は、足のアーチがつぶれ、甲が落ち、回外足との診断でした。
結構重症なほうだそうで……。
私の場合は、足首の関節が甘く、回外足なので、捻挫もしやすいようです。
膝や股関節に痛みが出るのも、足が原因の可能性があるとも言われました。

私の足は、土踏まずも健在で、ただちょっと最近幅が広めになったかも?くらいにしか思っていなかったので、足首から先の部分にあれこれと不具合があると言われて驚きました。

子どものシューズよりもむしろ私の靴やインソールなどの足回りをなんとかしたほうがいいとまで言われましたが、とりあえず私は激しいプレーをするつもりも無いので、私の分はおあずけです。

バドミントンではよく、ラケットワークにおいて、回内、回外という言葉を使いますが、
足にも、そういう表現があるのだそうです。
この場合の、回内足、回外足、というのは、整体的医学的な見地から、足の障害の症状としてよくない状態のことを指すのですが、たしかに、足の仕組みを考えてみたら、足の使い方にも回内、回外といった表現があっても当然かもしれません。

面白いものですね。
CM(5) | TB(0) | テーマ:バドミントン | ジャンル:スポーツ

コメント

なるほど
そうなんですね~…

私は…真逆だと思っていました…(恥)
普通の靴店で、子供の長靴を買う際に、
大き目サイズをジャストサイズに調整するために、
モコモコのインソール(500円程度のもの)を入れて、サイズを調整していたように…記憶していましたので…。

なので…インソールを入れると、0.5センチのサイズ減…驚きでしたが…記事を読ませて頂き、(どうしてそうなるのか)納得出来ました。

うちの娘は、年齢の割に、デカいので…
「成長」ですぐに…履けなくなります…。
(残念ながら、壊れて履けなくなった…経験はありません…)

Y社のウエアは、同サイズでも「ばらつき」があると、聞きましたが…シューズはどうなのでしょう?

ウエアより、シューズのほうが、「繊細」にサイズ調整が必要だと思いますので…
お店で「試し履き」して、発注して…
届いた商品が…あれ?合わない…だと…困りますよね…
(汗)

その点、メーカー側は…熟知しているはずなので…
よほどの「不良品」に当たらなければ…大丈夫ですね。

(過去に、Y社のOサイズのユニフォームが、他の手持ちのMサイズのものと同じような大きさだったという事がありましたので…ちょっぴり疑心暗鬼?でした。)
2010/04/23 Fri 13:12 URL ぴらりん[ Edit ]
オドロキ情報!
ワタシのシューズで、手違いで買った0.5cm小さいサイズがあるんです。
子供相手にただ突っ立ってラケット振ったりノック出す時には楽なんですが、動くとやっぱりきつくて痛い。ソール入れて試してみたくなりました。

それとY社の同モデル同サイズで幅が普通なのと幅広なのを併用してますが、足を入れた感じはもちろん幅広版がラクです。でもシングルスで激しく踏み込むとなると、普通版の方が足への衝撃は格段に少なく安定します。
一方、長時間ダブルスゲームを楽しむには、幅広版が疲れにくいです。
試着時のラクさだけでシューズ選んじゃいけないな、とちょうど思ってたとこです。
2010/04/23 Fri 15:36 URL やまとげるまん[ Edit ]
ぴらりんさん、やまとげるまんさん、こんにちは。コメントありがとうございます。ritokooです。

>ぴらりんさん、
 足は人それぞれなので、シューズ選びは、いろいろと試すしかありませんね。成長ですぐに履けなくなるのであれば、シューズも傷んでいないと思うので、お下がりとしてどなたかに使っていただけるときっとみなさんに喜ばれますね。
 ゲームシャツについては分かりませんが、よほど???と思う品があれば、そういうときはメーカーに聞いたらいいかもですよ。

>やまとげるまんさん、
 幅広版と普通版とでもやはり感触は違うんですね。
 バドミントンを競技としてやる人は比較的キツメのシューズを選ぶとも聞きますが、そういう人は、玄関から体育館までの間は、スリッパとか履いてたりしますよね。私は玄関先ですぐにシューズに足を入れてしまいますが、体育館に入って、プレーするための身支度を整える時になってからシューズに足を入れる人もいます。
2010/04/27 Tue 11:00 URL ritokoo[ Edit ]
いつも楽しく観ております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。
2010/08/05 Thu 23:55 URL 生命保険の選び方[ Edit ]
>生命保険の選び方さん、
 ありがとうございます。
2010/08/07 Sat 17:07 URL ritokoo[ Edit ]













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ritokoo.blog64.fc2.com/tb.php/498-1e3c0add
← 「ことバド。コーチ日記」トップページへ戻る
ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
blogram投票ボタン
バドミントン その他 スポーツ FC2ブログランキング
バドミントン スポーツ(全般) 人気ブログランキング
応援お願いします☆
おきてがみ
広告
トレンドマッチ
ことバド。内を検索
カスタム検索
当ブログオススメ本
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
人間の感覚には、音の響きに関する共通的な認識があるようです、これを上手く使わない手はないよ!⇒レビュー

五輪の身体
五輪の身体
その型をくり返すことで、砥石のように感覚を磨いていく……感覚を言葉にできる一流選手の言葉はすごく興味深いです。⇒レビュー

●ネットで注文→書店で受け取りするなら⇒全国書店ネットワーク  e-hon
アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX