ことバド。コーチ日記 > スポンサー広告 > スーパーフィートを使った感想ことバド。コーチ日記 > バドミントン用品の感想、おすすめ品 > スーパーフィートを使った感想

スポンサーサイト

-------- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | トラックバック(-) | テーマ: | ジャンル:

スーパーフィートを使った感想

2010-04-08 | カテゴリ:バドミントン用品の感想、おすすめ品
ミズノのバドミントンシューズの在庫確認が取れたところ、
春の新製品との入れ替えタイミングとの兼ね合い?でミズノのシューズの取り寄せに10日程度は掛かるそうで、それだと大会に間に合いません。

とりあえず、新しいシューズが来るまで、モアのシューズではなく、以前履いていたヨネックスのジュニアモデルに、スーパーフィートのインソールを入れて履くことに決めて、ウーと一緒にシューズを持ってショップへGO!

スーパーフィートの仕組みなど、ショップの人がいろいろと説明をして下さり、ウーの足とシューズのサイズにあわせてインソールを切って入れてくれました。(既製品なのでハサミでカットして入れる。スーパーフィートのオーダー品も作成できるそうです。)
グリーンかと思ったら、ブルーを入れてくれました。
こんなの↓ これは、ウーの21.5にカットした状態です。
スーパーフィート ブルー
スーパーフィート ブルー

そして、店頭でインソールを入れた状態でバドミントンシューズを履いてみたのですが、なんとびっくり、

「あれっ?足が全然痛くない」

全然痛くない、すごく楽。

ウーが、まるでテレビCMのようなコメントを。

そんなに違うものなの?とウーに聞くと、全然違うのだそうです。
「ちょっと飛んでみ?」
「足をきゅっとストップかけてみ?」
と、その場で少し足を使わせましたが、痛みが全くないそうです。

今日は学校の体育の授業をお休みさせたほど、痛がっていたのに。

すごいなスーパーフィート。
足の痛みが一発解決じゃん。

ショップの人とも話したのですが、
子どもだからまだ足は大きくなるはずだし、ある程度大きくなって、足のサイズが確定するまでは、オーダーの足底板を作らなくても、既製品のスーパーフィートでいいんじゃないか、って。
4000円~5000円くらいで済みますしね。
オーダーだと、やはり、1万~1万5千円くらいは掛かります。

よくアーチ式に盛り上がった形の中敷が売っていますが、
スーパーフィートは、足のアーチを中敷の出っ張りで押し上げるのではなく、踵のちょい横の骨を持ち上げることで、足の骨形を正しい形にするのだそうです。

ウーが、すごく楽になったと言うので、まずは一安心です。
私は練習量が増えると膝が痛くなるので、私もスーパーフィートを入れてみたらいいかもしれません。

足の指の痛い方、足首や膝、腰の痛い方は、バドミントン競技者では多いと思います。
場合によっては、足の不都合は、肩の痛みや頭痛にまでくるのだそうです。
思い当たるフシのある方は、ためしにスーパーフィートを使ってみてはいかがでしょうか。
驚異のインソール Superfeet(スーパーフィート) TrimFit Blue
CM(0) | TB(0) | テーマ:バドミントン | ジャンル:スポーツ

コメント














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ritokoo.blog64.fc2.com/tb.php/481-11410e6e
← 「ことバド。コーチ日記」トップページへ戻る
ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
blogram投票ボタン
バドミントン その他 スポーツ FC2ブログランキング
バドミントン スポーツ(全般) 人気ブログランキング
応援お願いします☆
おきてがみ
スポーツ>バドミントン用品
広告
トレンドマッチ
トラフィックゲート
ことバド。内を検索
カスタム検索
pitta!
当ブログオススメ本
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
人間の感覚には、音の響きに関する共通的な認識があるようです、これを上手く使わない手はないよ!⇒レビュー

五輪の身体
五輪の身体
その型をくり返すことで、砥石のように感覚を磨いていく……感覚を言葉にできる一流選手の言葉はすごく興味深いです。⇒レビュー

●ネットで注文→書店で受け取りするなら⇒全国書店ネットワーク  e-hon
アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。