人生の奇跡

2010-04-01 | カテゴリ:バドミントン全般
人生、どこにどんな具合に仕組まれてて、どんなことになるのか、ほんと、分からないものだな、と今、つくづく思っています。

人生において、対峙する者を圧倒するほどの情熱に溢れる人に出会ったことは、何度あるだろうか。

そういう人に出会えることは、ひとつの、人生の奇跡かもしれません。

ウーとシーが、中国語に非常に興味を持ち、教えて欲しいというので、ゆうべ少し教えていました。
ですが、
単純に、日本語と中国語の対訳的な、単語をカタカナで覚えるのは、使える中国語ではありません。
なぜなら、中国語単語は、発音と声調により意味が異なりますので、正しく音を操る方法を知らないと、正しい中国語にはならないのです。
それで、
自分はどうやって中国語を勉強したんだったかなぁ……と思って、昔の教科書を引っ張り出してきました。
中国語の教科書
年代を感じる古びっぷりです。装丁もあったはずですが、いっぱい勉強したのでとっくに外してます。
で、中を見ると……
発音
のっけから、ひたすら、発音の仕方の解説が続く……。
口の中の各部の名称から始まり、口の開け方、舌の位置、母音と子音と重母音、各音の違いと出し方の違い……今改めて見ると、
もんのすっごく、論理的。
これほど論理的に懇切丁寧に解説された中国語入門書は他にないだろう、と改めて思った。
こんな素晴らしい教本で中国語を学べた自分は、なんと果報者だったろう、と今更ながら非常に思います。

でもね。

大学入学したての一年生の春先、なんとなーく第二外国語で中国語を選択して、教室に入るじゃない?
そしたら、名前見たらどう読んでも日本人なんだけど、中国人にしか見えない独特の雰囲気のじいさんがいてね、
そっからはもう、中国語オンリーで授業が進められ、
??????って思ってるうちに、
学生どものわけわかんねぇよついていけねぇよ剥げ親父、的な雰囲気に、顔を真っ赤にして中国語でまくし立てて怒り出す教授、という、本当に分けがわからん状態になりましてね、
ものすごい勢いでお怒りになられるわけですよ、
でもって、
私ら、親元で甘やかされてきた学生としては、
その勢いに圧倒され、

なんか、わけわからんけど、すげー、怖い!!

って、本当に、本当に、恐怖でね。

必死こいて授業についていくわけです。

発音が正しくないと、その場でえんえんと発音を正され続けるこの恐怖……。
宿題含め、きちんと自習してこないと、もちろん発音が正しく出来ませんから、サボりはもろバレです。
当時は、ただひたすら恐怖でしかなかったけど、
今思えば、その授業に対する彼の姿勢の、
なんと情熱的だったことか!!

……私は彼の授業が、怖くて怖くて、いっとき、登校拒否?を起こしたほどでした。

そんぐらい、とにかく、強烈な先生でした。
発音が出来ないと、女子学生でも構わず、口に手を突っ込んで舌を引きずり出すという伝説のある老師でした。

でも、ありがとうございました、老師。

当時はとにかくわけがわからんまま恐怖に突き動かされたわけですが、中国語の基礎を叩き込んでくださったおかげで、中国語が今なお使えます。
伝説の名物教授然り、優れた教本然り、非常に運の良いめぐり合わせ。今思うと、どういう仕組まれ方をしたものか、ほんとうに、人生の奇跡だなと思うのです。

私もこんな風に、誰かの人生においてのちに振り返られる人になることができるだろうか。
私、思うんですが、
私が中学で習った英語は、最初に単語の発音についての解説がなかった。
なので、発音記号の意味がわからない。

多くの日本人が英語を話せないのは、単語がきちんと発音できないのもひとつあると思う。

発音記号の意味が分からないときちんと発音できないって、知ったのは、中国語を勉強してからだった。
単語が単語の音でスムーズに読めないと、
まず長文が読めないし、文章は頭から順に理解していくわけだから、とにかく読むのにつまづくと、意味もよく頭に入ってこない。
思うに、受験生で、長文とヒアリングが苦手な人は、一度発音記号を全部おさらいしたら成績が伸びると思う。
CM(5) | TB(0) | テーマ:バドミントン | ジャンル:スポーツ

コメント

すごい!
こんちわー♪

老師、まさに中国4000年の歴史の賜物ですね☆
どーしょもない学生をあきらめないでいてくれたって
ほんとに素晴らしい☆
大体の人は、何度かは情熱を持ってやってみても
それでダメならあきらめてしまいますよね・・・。

どーしょもない子たちを、そのままにしておかない!
まさに愛を感じますね!!

私は・・・ドイツ語専攻してしまった・・・。
ドイツ人先生の神経質なこと。
最初はドイツ語大嫌いになって、
それでも「ドイツ人がうるさい」からあの先生黙らせてやる、
っていう不純な動機でがんばって勉強するようになり
なかなかドイツ語楽しいなー!と思ったころに卒業でしたー。
なので私は全然身についてない・・・もったいないです!!
2010/04/01 Thu 16:41 URL まうみ[ Edit ]
カノッチ
すばらしい先生ですね。
私も中国語を第二外国語として学びましたし、NHKの中国語講座もビデオに録画して勉強しましたが(三日坊主)、まったくものになりませんでした。
2010/04/02 Fri 14:16 URL カノッチ[ Edit ]
本当に中国語が話せるってやっぱりすごい。

私は英語苦手だったので毛色が違うロシア語を第2外国語として選びました。
噂でアルファベットが覚えられれば可が取れるっていうのもあったんです。
でもアルファベット難しすぎて覚えきれませんでしたし、テストは辞書持込み可でも難しかったです(笑)
2010/04/02 Fri 23:47 URL ダイジロウ[ Edit ]
懐かしい
いきなり失礼します、学生時代に中国語を第二で選択していました。当てられて教科書を読む時にみんな棒読みしていたので笑わせようとして「ゼンジー北京」になりきって教科書を読んだら教授に褒められた事を思い出しました。思い切りって大切ですね・・
今は挨拶ぐらいしか覚えていませんが。
2010/04/04 Sun 17:06 URL ごんずいだま[ Edit ]
まうみさん、カノッチさん、ダイジロウさん、ごんずいだまさん、こんにちは。ritokooです。コメントありがとうございます。

>まうみさん、
 ほんと私、どーしようもない学生だったんで、老師には感謝です(笑)。
 ちなみに、私の第三外国語は、ドイツ語です。今はあまり読み書きも難しいですが。

>カノッチさん、
 自習してゆけるよう手引きしてくださったのが一番大きかったと思います。

>ダイジロウさん、
 ロシア語は私もさっぱり分からないですねぇ。北海道はロシアに近いので港のある町ではロシア語を使ったりもするケースがありますが、一度学んでみたいものですね。

>ごんずいだまさん、
 そうそう、思い切って口をしっかり動かして発音するのが、コツだと思います。
2010/04/07 Wed 16:29 URL ritokoo[ Edit ]













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ritokoo.blog64.fc2.com/tb.php/476-fb1d04e2
← 「ことバド。コーチ日記」トップページへ戻る
ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
blogram投票ボタン
バドミントン その他 スポーツ FC2ブログランキング
バドミントン スポーツ(全般) 人気ブログランキング
応援お願いします☆
おきてがみ
スポーツ>バドミントン用品
広告
トレンドマッチ
トラフィックゲート
ことバド。内を検索
カスタム検索
pitta!
当ブログオススメ本
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
人間の感覚には、音の響きに関する共通的な認識があるようです、これを上手く使わない手はないよ!⇒レビュー

五輪の身体
五輪の身体
その型をくり返すことで、砥石のように感覚を磨いていく……感覚を言葉にできる一流選手の言葉はすごく興味深いです。⇒レビュー

●ネットで注文→書店で受け取りするなら⇒全国書店ネットワーク  e-hon
アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX