ことバド。コーチ日記 > スポンサー広告 > バドミントンを週に1回やる、という意味。ことバド。コーチ日記 > バドミントン全般 > バドミントンを週に1回やる、という意味。

スポンサーサイト

-------- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | トラックバック(-) | テーマ: | ジャンル:

バドミントンを週に1回やる、という意味。

2010-03-27 | カテゴリ:バドミントン全般
週に1回、まったくの初心者にもバドミントンを教えているのですが、
週に一回なので、練習は多くてひと月に4回。特に3月は、体育館側の都合で2回しか練習が出来ませんでした……。

月に2回……少なっ!!

バドミントンを始めて1~2ヶ月経つなら、ほんとうはもうちょっと打てるようになっていてもいいはずなんだけど、いかんせん練習回数が少ないので、上達はあまりできません。
2時間の練習で楽しく体を動かす程度だから、体力がつくわけでもありません。

でも、とても楽しみにしてくれてて、実際一緒にバドミントンを楽しんでくれているので、いい感じなんです。
練習が終わって帰るときも、もうちょっとしたかったなぁって表情です。

だから、

週一回じゃ、物足りないかな?
バドミントンをするんなら、もっと上手になりたいかな?

と思って……週1回のこのペースだとなかなか上手くはなれないですからね……。

練習時間が少ないことに不満はないのだろうかと思って、

「週に一回じゃ物足りなくない?」

って聞いたら、

「逆に、週一回って思うからこそすごく楽しみなんです!」

って返されました。

そっか~そういう風に思ってるんだーって思った。

練習時間増やしてみよっか?とも内心思ってたから、
そ、そうですかい?そんなもんかい?って肩透かしを食らった風に思ったんだが、

またそれと同時に、

その週一回が、私が教えてるこの一回ですから、それをすごく楽しみにしてるって超~笑顔で言われて、思わず感動。

うちのチームの子にとっては、バドミントンの練習は3日~5日/週とかで、ほとんど毎日バドミントンしてて当たり前って感じになっているわけで、だから、バドミントンの練習が、月に2回しかないってのは、むしろありえないことなんだけど……週に1回のバドミントンを、普段の生活の気晴らしに楽しむって子がいるのも、これまた事実なのだなと改めて思った。
他に習い事をしていたり、親の都合もあったりで、バドミントンをするのは週に1回、って子もたしかにいるわけです。
私はいつも、強くなりたい子たちばかりを相手にしているので、

どうやったらもっと強くなれる?
どうやったらもっと練習時間を確保できる?
どうやったらもっと密度の濃い練習ができる?
どうやったら学校の宿題も学校生活もちゃんとできる?
だったら普段の生活はどうしたらいいと思う?

って、ことばかり常に考えて行動しているので、
そうじゃない子がいるってのは、
普段の練習と生活を中心に考えれば、ぶっちゃけ、別な世界のことでもあります。
でも、友達と一緒に何かをしたくて、強くなれなくてもいいの、勝てなくてもいいの、バドミントンを楽しみたいの、って子もいるし、バドミントンを始めた年が違えばその差は相当追いつけないってことがある程度学年が上なら分かって、そこまでは無理だな、と自分で思って、楽しむバドミントンがしたい子もいる。

もちろん、強くなりたいって意識を強く持ってる子達が場に揃うってのはとても大事なことだけど。

週に一回なら週に一回なりに、すごく楽しみにして活動してくれる子がいるってのも、
これまた事実。

なにせ、週に1回しかバドミントンを出来ないので、すごく態度が熱心です。
あれもやってみようこれもやってみよう、って、何やらせてもいやな顔ひとつしない。

学ぶべきことがいっぱいあるなぁと思って。

ひとつの練習を大事にするって、大事なことだよね。

同じチームで、強くなりたい子とそうでない子がいて、そうでない子が、一生懸命やりたい子の雰囲気を邪魔したり足をひっぱったりする感じで、チームの意識や気持ちの足並みが揃わないのは、少年団ではよくある悩みですが、ああ、今自分が見てる集団にはそれがないんだなぁと、ちょっと不思議な気がしながら気づきました。

レベルはさまざまなのに、
うまく共存してるというか。

週に1回だからですかね。
CM(4) | TB(0) | テーマ:バドミントン | ジャンル:スポーツ

コメント

こんにちは。

気付けばもう新年度ですね。

社会人になると、週末だけの練習の方がたくさんいらっしゃいます。
小学生と環境もすごく違うんですが、週1、2回の少ない練習時間をどう有意義につかえるのか、と言う意識が練習みてて、よくわかる(笑)
実際自分が週3、4日やっていたのを1、2日になってから随分変わりました。むしろ今の方がのびた、と言われます。それこそ週末しかやってない、と言うと驚かれます。
やれるときにはやったほうがいいとは思うけど、量より質…かな
2010/03/27 Sat 15:26 URL 空[ Edit ]
十人十色
例え同じクラブ内でも目的意識ってやっぱり十人十色ですよね。

それを統一はムリでも近付ける事で気持ち的にも結果的にも最も良いパフォーマンスを発揮させる事が出来るんじゃないかな~ってクラブを運営してるといつも思います。

目的意識の差ってのに、先日のラケットバックの話も通じるところがあると思うんです。


強い人、勝ちを意識する練習をする人だけがラケットバックを持つのを許されるってのじゃなくて、道具を揃えるってのはバドミントンを楽しむ要素の一つなんじゃないのかなーって思ったりもします。
2010/03/27 Sat 16:01 URL なら[ Edit ]
まさに…
うちが、少年団に移籍したのは、もっと…本格的に練習出来る環境に身を置きたかったから…でした。


移籍して、半年経ちましたが…。移って…大正解だと…感じています。


小手先の技術の向上ではなく、土台となる身体作りから…徹底して…いるので。

もっと言えば、ここまでやっていたら…いつかはわからないけれど…いつか花開く時が来る…かな?いや…たとえ、そんな日が来なくても…保護者として、充分に納得出来る…と感じています。


スキルアップは、したいところですが…。以前のように…とにかく、貪欲に、そして、がむしゃらに…ではなく、練習した事を、定着させるためには…「時間」が、必要かな?と…感じ始めたところです。


休み中は、団練習前に、自主に連れ出したりしていましたが。この春休みは、本人が希望しない限り、日中は、自主には連れていきません。違う学校で、めったに遊べない友達と遊ぶ時間に充てたり。普段、時間が取れずに、やれないでいる事(バド以外)をやっているようです。


すると…不思議なもので、休みなく練習していた時より、より…定着度が増したような…気がします。


メリハリつける事、練習をセーブする事で、ある種の「飢餓感」が芽生えたようです。


限られた時間だからこそ、知らず知らず、身体が、頭が…バドを欲するようになったのかも…しれません。


「団に一任する」「休んだほうがうまくなる」という、意味が…わかり始めた今日この頃です。
2010/03/30 Tue 14:12 URL ぴらりん[ Edit ]
空さん、ならさん、ぴらりんさん、こんにちは。ritokooです。

>空さん、
 練習したつもり、になるのではなく、意識を持って確実に練習を積み重ねるのが大事ですよね。それが積み重ねることができれば、少ない時間でも、確実に積み重なっていくと思います。
 週末しかコートに入れなくても、チューブ引っ張ったり、素振りなど地味練を家でしている社会人の方は多いですよね。

>ならさん、
 今のレベルは違っても、一生懸命やるという気持ちが揃っているチームだと、非常に教えやすいと言う事がわかりました。
 気持ちの熱い奴と冷めた奴が同じチームにいたら、チーム全体の雰囲気としてはぬるま湯になりがちですものね。
 そうそう、道具を揃えていくっていうの、私が言いたかったことでもありまして、頑張って、試合出るたび、結果出るたび、あるいは、うまくいかなくて気分転換的に(笑)、新しい道具が増えていくのが、楽しいんですよね。最初からすべてを買い与えてしまう親御さんが多いなぁって思うので、ラケバは最初は要りません、って言いたかったのです。

>ぴらりんさん、
 親御さんが納得できる指導が与えられるチームに出会えたようでよかったですね。
2010/03/31 Wed 06:23 URL ritokoo[ Edit ]













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ritokoo.blog64.fc2.com/tb.php/473-d6557ad9
← 「ことバド。コーチ日記」トップページへ戻る
ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
blogram投票ボタン
バドミントン その他 スポーツ FC2ブログランキング
バドミントン スポーツ(全般) 人気ブログランキング
応援お願いします☆
おきてがみ
スポーツ>バドミントン用品
広告
トレンドマッチ
トラフィックゲート
ことバド。内を検索
カスタム検索
pitta!
当ブログオススメ本
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
人間の感覚には、音の響きに関する共通的な認識があるようです、これを上手く使わない手はないよ!⇒レビュー

五輪の身体
五輪の身体
その型をくり返すことで、砥石のように感覚を磨いていく……感覚を言葉にできる一流選手の言葉はすごく興味深いです。⇒レビュー

●ネットで注文→書店で受け取りするなら⇒全国書店ネットワーク  e-hon
アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。