ことバド。コーチ日記 > バド自主練日記 > 気乗りしないときのバドミントンの練習方法

気乗りしないときのバドミントンの練習方法

2010-03-01 | カテゴリ:バド自主練日記
いや、別に完全に気乗りしない場合は、そもそもバドミントンの練習には行かないのですが。
そんなにガッツリは打ちたくないけど、ちょっと軽く打ちたいなぁっていうとき、ありますよね。
前日に試合があったのと、当日どうも親指の付け根のあたりの皮膚がかさついて強い球を打つと痛いと言い出したのとで、なんかてきとうに軽く打つかぁ、とこの日はそんな軽い練習に。

そんなときの練習は、ネット前のヘアピンなどがよいですよね。

スピンネットを、ラケット面で擦るのではなく、単純に、ファーストコンタクトだけ、で処理してみたり。
コルクがどういう風に当たるかを考えたり、
一本打つごとに、毎回、何回転かかっているかを数えたり。
だらだらしているようですが、目は真剣にシャトルを追うので、かなりの集中です。
ネットに絡んでネットの上を転がってゆくにはどうしたらいいかとか、そんなことをぐうたらとやっていました。
単純なファーストコンタクトだけでも、シャトルの特性により十分にスピンがかかることや、むしろネットを撫でるようにギリギリで越えて転がり落ちることを知ったり。
高校生のお兄さんのネット前の入り方~の真似とかって、あ~あるある、それよくやるやる~みたいなことを言い合ったりして真似してみたり。
あまり体力を使わない、たまにはそんなバドミントンの練習もいいかなぁ、と思いました。

あとは、3キロほど走ってから帰宅しました。
バドミントンの練習も、たまにはそんなゆるーい感じで。

本当は、南幌オープンとか、道内でもオープン大会があるのですが、出ないことにしたので、4月末までは大会から解放されてじっくり自分たちの練習が出来ます。なんだか昨年は一年間ずっと忙しく駆け抜けてきたので、ここらで新年度に向けてじっくり見直したりおさらいしたりパワーチャージすることができる時間を取ろうと思います。
CM(3) | TB(0) | テーマ:バドミントン | ジャンル:スポーツ

コメント

うちも
南幌オープン、今週末ですね。うちの団も…三年生以上の子は、エントリーしたようです。うちは、低学年なので…不参加ですが…。

期間中、指導者不在で、団練習は休みになりますが。空いた時間は、大きな大会に向けての…土台(足許)を…着々と進めたい…と目論んでますが…果たして…どうなりますことやら…(苦笑)


小学生は…直線的ではなく、階段状に上達する…そうなので…焦らず…と思っておりますが…。試合で、あまりにも…惨敗だと…血圧も上がります…ね…(汗)
2010/03/01 Mon 14:02 URL ぴらりん[ Edit ]
お久しぶり?です。

私はゆるくやりたいときは余り体力を使わないもの、クリアーとスマッシュ意外の物をコースや緩急に意識をはらって打っています。社会人は大抵ゲーム練習がメインになりますが、スマッシュを使わないで点数をとれるか、とか相手のコースを読むことに集中してます。
基礎打ちの段階だと半面しか使えないことが多いですが、狭い半面でいかに端々を使えるかを考えて打っています。そうすることでコントロールも集中力もつきますよ♪
2010/03/01 Mon 19:21 URL 空[ Edit ]
ぴらりんさん、空さん、おはようございます。ritokooです。コメントありがとうございます。

>ぴらりんさん、
 はい、土台作りの時期として取り組めれば指導者不在でも実のある練習にすることができると思います。
 はっきりいえるのは、去年のこの時期、ウーはひたすらフットワークをやりました、それが去年の全小へ結びついたのは本当です。まだまだ経験も実力も足りないですが、やればできるということを子ども自身が知ることができるきっかけでした。このきっかけをぜひつかませて挙げましょう、お互い頑張りましょうネ。

>空さん、
 コースや緩急、いいですね、参考にします、ありがとうございます。
 子どもの集中力ははんぱないので、練習中のいいタイミングで発揮できるようにしたいですね。
2010/03/03 Wed 09:07 URL ritokoo[ Edit ]













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ritokoo.blog64.fc2.com/tb.php/446-0babd2d0
← 「ことバド。コーチ日記」トップページへ戻る
ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
blogram投票ボタン
バドミントン その他 スポーツ FC2ブログランキング
バドミントン スポーツ(全般) 人気ブログランキング
応援お願いします☆
おきてがみ
広告
トレンドマッチ
ことバド。内を検索
カスタム検索
当ブログオススメ本
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
人間の感覚には、音の響きに関する共通的な認識があるようです、これを上手く使わない手はないよ!⇒レビュー

五輪の身体
五輪の身体
その型をくり返すことで、砥石のように感覚を磨いていく……感覚を言葉にできる一流選手の言葉はすごく興味深いです。⇒レビュー

●ネットで注文→書店で受け取りするなら⇒全国書店ネットワーク  e-hon
アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX