ことバド。コーチ日記 > スポンサー広告 > ほんとうのリストスタンドを体感ことバド。コーチ日記 > 指導者メモ > ほんとうのリストスタンドを体感

スポンサーサイト

-------- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | トラックバック(-) | テーマ: | ジャンル:

ほんとうのリストスタンドを体感

2010-02-23 | カテゴリ:指導者メモ
バドミントンにおいて、「リストスタンド」というと、
グリップ握った手首がぐっと起きてて、より直角=より大きな軸回転エネルギー、って感じに思われてて、手首をガッチリ角度つけてキープ、ってのが推奨されているかもしれませんが、

ほんとうは、ちがう。

先日参加した指導者講習会で、それを理論的に説明されて、
実際に自分で体感して、

ものすごーく、納得した。

ごめん名前忘れてしまったんですが、
中国のコーチで、オリンピック選手を6人育てた人の情報による真のリストスタンド。

私が直でその人から聞いたわけではなく、
先日の指導者講習会で講師をしてくださった方々が参加した講習会にその中国のコーチがいらして、彼らが講習で知ったその内容を、下ろしてもらった形です。


ウーに、今まで「リストスタンド」、って、手首ガチにスタンドする感じで言ってきたんだけど、
ウーの本当にいいときのプレーはそんな手首じゃなくて、もっと、ゆるい。
「あれ、ひょっとしてウーが自然にやるこっちのが正しいんじゃないかな?」とちょうど疑問に感じていたところだったので、ちょうどその話が出てきて、実際に打ってみて、すごい納得したし、疑問が解決して胸がすっとした。

筋力のエネルギーは、リラックスと収縮によって発生します。
最初からガチでガチだったら、強いインパクトが生じにくいわけです。

真のリストスタンドとは、親指から手首にかけての腱が自然な状態に力が抜けててリラックスしている状態を言う。
(この状態だと、ラケットは、水平よりも、ちょこっとだけ、ヘッドが上がってる状態になるんだよね、だから、リストスタンド。我々がリストスタンドだと思っているものより相当水平気味です)
そこに、
インパクトする瞬間にだけ、力を入れるからこそ、瞬間的にリストスタンドする、ってこと。

リストスタンドは事象のひとつ。
それを取り上げて、リストスタンドすることが強いショットを生むとしてしまうと、さまざまな弊害が出る、と。

ほんとうのリストスタンドとは、最初っからリストをスタンドしてキープしてることじゃないよ、と。
CM(0) | TB(0) | テーマ:バドミントン | ジャンル:スポーツ

コメント














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ritokoo.blog64.fc2.com/tb.php/436-bef3d285
← 「ことバド。コーチ日記」トップページへ戻る
ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
blogram投票ボタン
バドミントン その他 スポーツ FC2ブログランキング
バドミントン スポーツ(全般) 人気ブログランキング
応援お願いします☆
おきてがみ
スポーツ>バドミントン用品
広告
トレンドマッチ
トラフィックゲート
ことバド。内を検索
カスタム検索
pitta!
当ブログオススメ本
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
人間の感覚には、音の響きに関する共通的な認識があるようです、これを上手く使わない手はないよ!⇒レビュー

五輪の身体
五輪の身体
その型をくり返すことで、砥石のように感覚を磨いていく……感覚を言葉にできる一流選手の言葉はすごく興味深いです。⇒レビュー

●ネットで注文→書店で受け取りするなら⇒全国書店ネットワーク  e-hon
アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。