ことバド。コーチ日記 > バドミントン 練習球 シャトル の感想 > ミズノNS300 人工羽根バドミントンシャトルコック使用感

ミズノNS300 人工羽根バドミントンシャトルコック使用感

2010-01-27 | カテゴリ:バドミントン 練習球 シャトル の感想
ミズノ(MIZUNO)の人工羽根バドミントンシャトルコック、NS300を使用する機会がありました。

以下に私の使用感、感想を述べます。

前回試作品の人工羽根は実際触ってみてたんですが、
白っぽく食品トレーっぽい感じが強かったですが、
現在市販品として出回っているNS300は、
以前の試作品より羽根の材質がやわらかいようです。
かがり糸も若干太くなったようで、ましになった、という感じがかなりあります。

小学生初心者~教えている私の立場で言えば、
結論先に言うと、

買い!


あなたが、小学生の少年団やチームでの監督、コーチ、消耗備品の選定に関わる立場なら、
買い、
で正解だと思います。
まずは1ダース、
今すぐ手配してもいいくらいです。

なぜなら、
小学生バドミントンプレーヤーで最も層の厚い、
小学生で初心者~中級者、県大会出場レベルまでであれば、
普段の基礎打ちに十分使えるからです。

みなさんのチームにおいても初心者や中級者の層が一番多いと思います。
そしてこの層は、最も多くシャトルを壊しますね。
この層の練習球として、耐久性と価格とで悩んでいた部分が、かなり改善できます。
かなり、というか、画期的と言っちゃっていいんじゃないかな。

もちろん、地区大会上位、県大会出場しその上を目指すのであれば、これに加え天然羽根シャトルを使う割合を増やすべきであり、試合前には天然羽根シャトルでの調整が必要です。

我々指導者は打ってみるとすぐわかると思いますが、羽根の復元スピードがだいぶ違います、なので、天然羽根シャトルでなければならない練習は当然あります、が、自分のチームにおいて最も多い層(=初心者、地区大会レベルの中級者=練習で最もシャトルを傷め易い層)が遠慮なくたくさんのシャトルを打てる状況……と考えると、基礎打ち球、ゲーム練球としてNS300を採用するメリットは非常に大きい。


小学生のダブルス選手には勧めます。

逆に、

シングルス選手、
シングルスで全国大会出場レベルであれば、勧めません。



その理由、私の意見を述べたいと思いますが、長くなるのでいったん切ります。
CM(2) | TB(0) | テーマ:バドミントン | ジャンル:スポーツ

コメント

おっさんにはどうでしょう
 とても興味をもっていますが、自らシャトルを用意してプレイすることは無いですから真剣さには欠けますが・・・。コーチから初心は卒業して初級といわれているオッサンにはこのシャトルはどうでしょうか?
2010/01/27 Wed 16:48 URL 金土木曜[ Edit ]
>金土木曜さん、

「もっともぴったし!」と言えると思います。

たくさん打っても、壊れません、羽根も散りません。
なので、
たくさん楽しく打てます!

初級だと、高い羽根を買うのはもったいないと感じると思います、でも、安い羽根だと耐久性がなく、すぐに羽根が折れたり散ったりしてしまいますので、ものすごい安物買いをした気分になります。

私は子どもとバドを始めた頃は、1ダース600円の安い水鳥羽根を使いました。
今は、普段の練習でも1種相当球の新品を下ろして使います。

この人工羽根シャトルを悪く言う人もひょっとしたら居るかもしれませんが、いろんな羽根を打ってきて、初心者も教えている私としては、初級者には、ほんとうにお勧めです。

1ダース買えば、相当な期間、シャトルの破壊を気にせず、シャトル代を気にせず、バドミントンを楽しめます。打ち心地は、メイビスなどのナイロン球よりもいいです。水鳥と同じとは思ってはいけませんが、初級者に対する経済的メリットは大きいです。
2010/01/27 Wed 17:08 URL ritokoo[ Edit ]













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ritokoo.blog64.fc2.com/tb.php/396-c9384988
← 「ことバド。コーチ日記」トップページへ戻る
ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
blogram投票ボタン
バドミントン その他 スポーツ FC2ブログランキング
バドミントン スポーツ(全般) 人気ブログランキング
応援お願いします☆
おきてがみ
広告
トレンドマッチ
ことバド。内を検索
カスタム検索
当ブログオススメ本
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
人間の感覚には、音の響きに関する共通的な認識があるようです、これを上手く使わない手はないよ!⇒レビュー

五輪の身体
五輪の身体
その型をくり返すことで、砥石のように感覚を磨いていく……感覚を言葉にできる一流選手の言葉はすごく興味深いです。⇒レビュー

●ネットで注文→書店で受け取りするなら⇒全国書店ネットワーク  e-hon
アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX