ことバド。コーチ日記 > バドミントンラケット の感想、選び方 > 勝手にバドミントンラケットランキング

勝手にバドミントンラケットランキング

2009-11-28 | カテゴリ:バドミントンラケット の感想、選び方
 バドミントンラケットがウッドフレームだった頃から、ご自身がかつてバドミントン競技者で、長年バドミントン指導に関わってきた60代男性の監督さんがラケットを試打してランキングしました。
「最近のラケットなんてさっぱりわっかんねぇぞ?」という前置き付きで。
「Kumpoo?なんだそれ?」とか言っちゃう人です。
 大変実績ある指導者なのですが、長年の指導による確固たる信念により新しい情報をあまり受け入れることの出来ない人です。偏屈なおじさんですが、これまで未塗装試作ラケットの試打も数々やってきた彼のつけたランキングにもそれなりに理由があって、成る程ナァと思ったので、書いときます。

1.Ti6(YONEX)
2.NS7700(YONEX)
3.スーパーライトナノ7700B(MMOA)
4.スーパーライトロング7500(MMOA)
5.M-tec70(KARAKAL)
6.2300H(Kumpoo)
7.NS4500(YONEX)
8.アークセイバー9(YONEX)
9.M-tec75(KARAKAL)
10.スーパーライトナノ8000(MMOA)

ウーの愛用ラケット、モアのスーパーライトナノ8000が最下位に!
「なんじゃあこりゃぁ?ばかやろうだぞこれ?おいおいだいじょうぶか?」
って言ってましたけど、
え~っ、やめてよー超気に入ってんだから(笑)。
イヤ、大丈夫です、とにかく軽いラケットなので、力の乗せ方にちょっとコツがあるんだと思います。

 クリアとハイバックを数本ずつだけを打って決めたランキングなので、これでスマッシュやレシーブをしたら、また評価は違ってくるかもしれませんが、彼曰く、クリアとハイバックを何本か打ったら、そのラケットがどんなラケットか、大体分かる、とな。

 ラケットの話をしていたら、「どれちょっと打ってみるかな?」と言い出したのでびっくり。
 それにしても、久しぶりに彼の打つ姿を見たけど、特にハイバック、瞬間瞬間が綺麗なんだよなぁ!

以下、ざっと彼の感想を。
 NS7700はスイートスポットが広く、打ちやすい。大体そこそこ打てる。
 アークセイバー9はスイートスポットが狭い、当たればよいが、凡打にもなる。ちゃんと当たったときのコントロール性はいい。
 Ti6は、とにかく打ちやすい、どこに当たってもよく返る。(Ti6はとっくに廃盤です)
 どれかひとつ重くて硬いラケットあったぞ?どれだー?(カラカルのM-tec75のことだと思います)
 ダブルスならエアロータス、シングルスならレギュラーフレームのほうがいい。

 ラケットにもそれぞれ特徴があって、スイートスポットできっちり打つことが出来れば、クセのあるラケットもよい性能を大いに発揮するが、シングルスにおいてそんないいショットを打てる局面が多いとは到底いえない、であれば、凡打でもそこそこしっかり打てるラケットを選べ。

 彼曰く、誰がどんな風に打ってもそこそこ飛ぶラケット、そういうのがいい、と。Ti6はもう廃盤になったけど今でも一番打ちやすいのでまだ大事に使っている、と。

 ダブルスよりもシングルス超重視の人なんで、シングルス向けのラケット基準でランキングしたと思います。

 同じラケットでも、その人によって、力の乗せ方や、打つタイミング、スイングスピードが違うので、ラケットが自分に合う合わないっていうのは確かにあるから、できるだけいろいろと試打してみて、自分の気に入ったラケットを見つけるといい、と言っていました。

 ウーのラケットは、彼の評価では低かったですが、彼曰く、クセがあるようです。気に入っていてクセがあってもちゃんと打てるんならいいけど、って。
 その点、モアのスーパーライトナノ7700Bとスーパーライトロング7500は、あまりクセがなく、そこそこそつなく打てるということで、高評価。

 あとそのほかに、このときは打たなかったんですが、NS6000と、Kumpoo1300は以前に彼がよいラケットだと誉めていました。いちお付けたしときます。

 上記ランキングの中では、モアのスーパーライトナノ8000が、持ってみた印象が一番軽いラケットなので、これほどに軽量化されたラケットは彼の常識の範囲外というか、ちょっと打ってみただけではなかなか理解しがたいものなのかもしれません。

 彼の意見を聞くのも、大変おもしろかったです。参考になりました。
 うん、たしかに、いつもいつもいい体勢でいいタイミングでいいショットが打てるとはかぎらないですもんね。調子のいいときや悪いときがあって当然、そこをどう生かしたりカバーしたりするつもりなのかで、その日に手にするラケットも違うと思います。
CM(2) | TB(0) | テーマ:バドミントン | ジャンル:スポーツ

コメント

初めまして。
Ti6の話が出ていたので。
自分も2年程前までメインで使っていました。

世間一般ではTi7の評価が高かったみたいですが、
Ti6も癖がなく、とても使いやすかったラケットだったと思います。

今は、モニターキャンペーンやっている新2100Hに興味津々なんですけどね。
2009/12/01 Tue 23:36 URL Z[ Edit ]
Zさん、こんにちは。ritokooです。
Ti6は今でもあれは打ちやすいラケットだったという方が多いですね。NSシリーズが出たときには、Ti6からNS6000に移行した方が多かったと聞いています。

新2100H、興味ありますよね☆どんなもんなんでしょうかね☆
2009/12/02 Wed 10:18 URL ritokoo[ Edit ]













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ritokoo.blog64.fc2.com/tb.php/342-4b522d5d
← 「ことバド。コーチ日記」トップページへ戻る
ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
blogram投票ボタン
バドミントン その他 スポーツ FC2ブログランキング
バドミントン スポーツ(全般) 人気ブログランキング
応援お願いします☆
おきてがみ
広告
トレンドマッチ
ことバド。内を検索
カスタム検索
当ブログオススメ本
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
人間の感覚には、音の響きに関する共通的な認識があるようです、これを上手く使わない手はないよ!⇒レビュー

五輪の身体
五輪の身体
その型をくり返すことで、砥石のように感覚を磨いていく……感覚を言葉にできる一流選手の言葉はすごく興味深いです。⇒レビュー

●ネットで注文→書店で受け取りするなら⇒全国書店ネットワーク  e-hon
アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX