ことバド。コーチ日記 > スポンサー広告 > 怪我予防のトレーニングことバド。コーチ日記 > バド自主練日記 > 怪我予防のトレーニング

スポンサーサイト

-------- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | トラックバック(-) | テーマ: | ジャンル:

怪我予防のトレーニング

2009-10-28 | カテゴリ:バド自主練日記
利き足を捻挫して、1ヶ月とちょい。
そろそろ、少しくらいなら踏み込むことも出来るようになってきたかな……ということで、このひと月あまりでガッタガタになってしまった自分の体をメンテするであります!

足を捻挫してても子どもの練習には付き合うわけで、最初の2週間くらいはノック上げがせいぜいだったけど、ここ最近は私もコートで基礎打ちや簡単なパターン練習くらいには付き合えるようになってきました。

でも。
足を庇ってると、体のあっちこっちが、悲鳴をあげるのなんの。

庇うせいで、体のバランスが、崩れてるんですよね。

すごいよく分かる~。

足回りの変なところが筋肉痛になったり、だるいのは、足傷めてからすぐに出たんだけど、
足が動かせない分、上半身、肩で強く打ち抜こうとするもんだから、
今は、肩が重い。
股関節と、腰もイマイチ……ってことで、
他のトコを怪我する予感、というか、ひとつのケガが他の怪我のトリガーになることはよくあることなので、気をつけなくちゃですよね。

で、いま一番不安のある肩周りを重点的に。
もし肩傷めたら打てんからなぁ、大問題だ。

まずは、肩甲骨の可動域のチェックを。
肩甲骨の可動域チェック

ケガは、筋力や柔軟性に左右差があると、発生しやすくなります。バランスの悪い動き方をしているうちに、関節や筋肉に負担をかけるためです。

この本からの引用です→自分で治す野球肩・野球ひじ―プロが教える治療法! (GAKKEN SPORTS BOOKS)
まんまやん……私は右利きなので、まさにこの写真のまんま。
でも、大抵の方は、利き側がこんな感じなのが一般的だと思います。
普段の生活をしていて、左右が違うからって、
焦る必要は無いんだけど、

脊柱を中心とした体の左右差、
上半身と下半身の差、
たとえば足なら、
太腿の前側の筋肉と、後ろ側の筋肉の、量と質のバランス、

こういったものの差が大きいと、怪我を起こしやすいとよく言われています。

バランスを整えるためには、体の各部位の柔軟性を高めて、どこかに不足しているどこかのトレーニングを適切に加えてやるのがいいんですね。

自分の体が、足庇ってる所為でとくに最近相当なガタが来てるのがひしひしと分かるんで、ストレッチとトレーニングの比重を増やしつつあるところだけれど、
子どもにしたって、
ウーの強打が明らかに増えているのと(ラケット変えてから強打のスピードが一気によくなった)、
練習量が増えているのとで、
気をつけなくちゃいけない時期なんだろう。


これから、ますます寒くなる時期、
そして、全小に向けて、練習量が増える時期でもあります。
怪我なく乗り越えられるよう、
親御さんも、口で「ストレッチしなさいよー」って、言うだけじゃなくて、できれば一緒になってストレッチして、選手の体、大事にしてあげてください。

一緒になってストレッチすると、
子どもの体の、どこかおかしな所が、見つかるかもしれません。

子どもは基本的に、経験も知識も少ないので、
体がどこかおかしくても、
その前兆があっても、
はっきりと痛みが出るまでは、異常に気付かないことが多いと思います。

痛い思いをしてから、鍼や整体に通うようになってしまう前に、
一緒にストレッチして、
「は?なんでそんなに固いの?」
とかって、笑って突っ込んでやるといいと思います。

うちの場合……突っ込まれるのが私のほうですけれど。
開脚したら、ウーに鼻で笑われる……。


肩・肘まわりについての、故障チェック方法と、予防・リハビリのためのトレーニングメニューが写真付きでのっていて、分かりやすいです。気になる方は読んでみてはいかがでしょう。
自分で治す野球肩・野球ひじ―プロが教える治療法! (GAKKEN SPORTS BOOKS)
野球ってタイトルに入ってるけど、それってもろバスケのフォームじゃん!っていうのとかもあって、つまりは、肩や肘っていってるけど、体幹との連携が重要なので、どのスポーツにも共通する大事なストレッチとトレーニングがのってるといっていいです。
CM(13) | TB(0) | テーマ:バドミントン | ジャンル:スポーツ

コメント

はじめまして
子供達のために~のおせっかいコメントさせて頂きますパフォーマンスをアップさせるために、足首をあらゆる角度に伸ばしてみて下さい。特に距骨から。そして足の指先を訓練されるといいです。
おそらくは整体か柔整か、かかってらっしゃるかと思いますので、余計なコメントであるかも知れません、すみません。
2009/10/28 Wed 11:54 URL レイ[ Edit ]
風呂上りの開脚ストレッチに
うちの娘ははまっています。きっかけは、「高学年になると体が硬くなって来るけど、今からだったらまだ間に合うかも」と教えたこと、実際に柔らかかった子が4・5年になって硬くないとはいえそれほどでもなくなってきたのに気付いたことです。

夏前からいつの間にか始めて、最初120度くらいだったのが2,3ヶ月で150度くらいに開くようになりました。その後はあまり変化してませんが、忙しかったりして2,3日休んだ後などは、「あ、硬くなってる」とか自分で言って何とか続けているようです。ネット前に踏み込むときの最後の一歩の伸びがなんとなく違うようで、効果を実感できたと言うのがかなり大きいのかもしれません。

今は前後に開脚したときに右足前と左足前ではかなり開きが違うのが(当然右足前の方が開く)きになっているようで、生意気にも「左右のバランスがよくないといけないんだよね」などと言ってます(笑)。

ストレッチの効果自体もですが、自分の体を意識してモニターしておく習慣をつけることは今後必要なので、そのきっかけにはなったのかなと思ってます。
2009/10/28 Wed 12:42 URL Bad父[ Edit ]
こんにちわ。

足のお怪我の具合如何ですか?
あまりご無理をなさらぬようにして下さいね。

アドとランキングの応援完了です。
もし宜しければ、私のほうも応援お願いいたします。

それでは。
2009/10/28 Wed 13:29 URL ジョニー・ウォーカー[ Edit ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/10/28 Wed 15:26 [ Edit ]
スポーツ全般
こんばんわ~。

怪我予防のストレッチやマッサージは
絶対に欠かせないものですよね~。
自分は事情により再び長期の休みを取っていますが
武道のほうをやっているために応急処置をは
ある程度は勉強はしていますが
正直、怪我が多い場合は無理なく
素人考えよりかはプロを交えて
練習メニューを考えたほうが良いかと思います。
2009/10/28 Wed 19:56 URL 虚弱人間[ Edit ]
はじめてコメントします。
いつも楽しく読ませていただいています。
バドミントンは門外漢の私ですが、あなたの文章がいいのでいつも感心しています。

よろしかったら相互リンクをお願いしたいと思います。
「真面目に笑えるリサイクルショップの謎」を時々のぞいていただきありがとうございます。
2009/10/28 Wed 21:50 URL mapことクワトロ猫[ Edit ]
レイさん、Bad父さん、ジョニー・ウォーカーさん、虚弱人間さん、mapことクワトロ猫さん、こんにちは、ritokooです。コメントありがとうございます。

>レイさん、
 ありがとうございます、ぼちぼち足首を伸ばしたりもしつつ……。この頃特に体のあちこちにストレッチ不足を感じているので、地味にやるようこころがけます。

>Bad父さん、
 そうそう、前はやわらかかった子も、やらないでいると、固くなってますよね。もったいないなぁと思います。
>ストレッチの効果自体もですが、自分の体を意識してモニターしておく習慣をつけることは今後必要なので、
 まさにそのとおりですね。普段からやっとくと、調子の悪い状態やその理由がわかると思います。
 もうちょっと余裕があれば、バレエのセンセに体の伸ばし方を習いたい……。

>ジョニー・ウォーカーさん、
 ついつい無理してしまいがちですが、足、大事にします、ありがとうございます。
 応援もどうもありがとうございます。
 もしよかったら、次回は、コメントのURLを残していただくか、おきてがみ押していただけると、訪問しやすいので、ありがたいです。

>虚弱人間さん、
 はい。怪我しないよう、十分な準備で練習に臨みたいと思います。
 なにより健康体であることが大事ですものね。

>mapことクワトロ猫さん、
 温かいコメントありがとうございます。
 私も時折寄らせていただいております。
 相互リンクですが、すいません、今のところ「相互」という形では受けてなくて……リンク先の整理などに掛ける時間があまり取れそうにないので……。なので、このブログのトップページでは、バドミントンに関連のあるサイトさんだけリンク貼らせていただいています。今後みなさまから相互リンクのご依頼が増えるようであれば、別途相互リンクのページをもうけさせていただきたく思います、その際には、どうぞよろしくお願いいたします。お気を悪くなさらないで下さい。
 また遊びに寄らせていただきますね!
2009/10/29 Thu 11:13 URL ritokoo[ Edit ]
あかん メルポポのことを 言われているみたい。
2009/10/29 Thu 12:26 URL メルポポ[ Edit ]
了解しました。
惚れた女に振られた気分ですが(笑)あなたは相手を思いやる
優しい方であることはよくわかりました。

よく見ると、確かにリンクはバド関係ばかり。
とんんだ場違いでした。

またあなたの楽しいブログ、拝見しにきますよ。
2009/10/29 Thu 22:47 URL mapことクワトロ猫[ Edit ]
QH比
大腿四頭筋(クァド)とハムの比率
強い選手はハムが超えてきますね♪

女子は特にハムが弱いことに起因して
前十字靱帯損傷のリスクが高くなるので
特に念入りに予防の意味も兼ねてトレーニングが必要ですね♪
2009/10/30 Fri 22:36 URL bonny[ Edit ]
メルポポさん、mapことクワトロ猫さん、bonnyさん、こんにちは、ritokooです、コメントありがとうございます。

>メルポポさん、
 イヤイヤ、私のことでもありますから(笑)。お互い体のメンテは日々の積み重ねということで、無理が出ないようにしましょう。

>mapことクワトロ猫さん、
 温かいお言葉ありがとうございます、今後ともよろしくお願いいたします。私もまたうかがわせていただきますね。

>bonnyさん、
 大腿四頭筋がストップで、ハムがGO!ってのを聞きましたが、強い選手はそれだけ足(体)を出せる力が備わってくるってことなんですね。
 足見てて、うちの子もハムが弱いのが分かるので、地道に毎日何かしらのトレーニングをすることにします。
 気付かせてくださってありがとうございます。
2009/10/31 Sat 04:37 URL ritokoo[ Edit ]
正確には
フットワークで前に蹴りだす運動
止まる運動は共にQもHも使います。

蹴り出す動きは共にコンセントリックに
止まる運動では共にエキセントリックに働きます。

エキセントリックな筋出力時の負荷の方が大きいため
前でも奥でも着地時の肉離れが多いです。着地時にHもQもエキセントリックな筋出力をしていますが、Qに比べてHの筋力が弱い選手が多いので
ハムの肉離れや靱帯損傷のケガが多いんですね。


Qの中でも大腿直筋、Hの大腿二頭筋長頭は2つの関節にまたがる二関節筋なので、
ストレッチのフォームにも気をつけなくてはいけませんね。
2009/11/01 Sun 06:33 URL bonny[ Edit ]
bonnyさん、こんにちは。あらためてコンセントリックとエキセントリックを調べなおしてしまいました。勉強になりました、ありがとうございます。
身近に、ハムの奥のほうの肉離れをしてる選手がいるので、余計気になってしまいました。ストレッチ含め、筋肉について、私ももっと勉強しようと改めて思いました。
2009/11/02 Mon 09:01 URL ritokoo[ Edit ]













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ritokoo.blog64.fc2.com/tb.php/310-1c405a0c
← 「ことバド。コーチ日記」トップページへ戻る
ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
blogram投票ボタン
バドミントン その他 スポーツ FC2ブログランキング
バドミントン スポーツ(全般) 人気ブログランキング
応援お願いします☆
おきてがみ
スポーツ>バドミントン用品
広告
トレンドマッチ
トラフィックゲート
ことバド。内を検索
カスタム検索
pitta!
当ブログオススメ本
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
人間の感覚には、音の響きに関する共通的な認識があるようです、これを上手く使わない手はないよ!⇒レビュー

五輪の身体
五輪の身体
その型をくり返すことで、砥石のように感覚を磨いていく……感覚を言葉にできる一流選手の言葉はすごく興味深いです。⇒レビュー

●ネットで注文→書店で受け取りするなら⇒全国書店ネットワーク  e-hon
アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。