ことバド。コーチ日記 > スポンサー広告 > モア スーパーライトナノ8000、軽量ラケット 感想ことバド。コーチ日記 > バドミントンラケット の感想、選び方 > モア スーパーライトナノ8000、軽量ラケット 感想

スポンサーサイト

-------- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | トラックバック(-) | テーマ: | ジャンル:

モア スーパーライトナノ8000、軽量ラケット 感想

2009-10-14 | カテゴリ:バドミントンラケット の感想、選び方
この連休は、大会があったのと、遠征(?)……というか、いわゆるちょっと遠くまでのバドミントンの練で、市内道内、何箇所か、あっちこっちお邪魔してきました。

ウー(小4女子)のバドミントンラケットを新調しようと考えてたんですが、
決めかねてて。

せっかくの連休だったんで、

軽量ラケットについて、
いっそ直接聞こうと思って、

ラリーマスターさんのところに、
押しかけてきてしまいました!

軽量ラケット 試打

現在、ウー(小4女子)は、
ヨネックスの
ナノスピード4500(NS4500(3UG5))
を、使用しています。

今回、いろいろとお話を伺って試打させてもらった結果、

モアのスーパーライトナノ8000が、

ウーが気に入ったようです。

3Uラケットから、4Uの軽量ラケットへの切替になります。
 


ウーのラケット、NS4500(ヨネックス)は、
ガットをテンション18で張って、2週間~3週間で切ってくるようになり、
強打も打てるようになってきたので、
このタイミングで、
3Uではなく、4Uの軽量ラケットに切り替えることで、
大振りせず、
体軸でインパクトできるようになれば、
たぶん、2ランクくらい、一気にレベルアップできる時期にいるんじゃないかな、と。

なので、
今回のラケットの選定は、
特に特に、
私は超~慎重だったんです。


これが出来れば、
全小での戦いを通して、
またそれ以降、
試合から大きく学ぶことができる素養になると思っているので。

全小の北海道ブロック予選でも、他の子達見てて思ったんだけど、
年上や大人相手にプレーしてきた子達は、
球回しが上手い。
ウーは、戦術的な配球というのを知らんから、「???」でいっぱいのまま、点を取られてた。
なんでここにしか返せないんだろう、みたいな。
なんで相手はここに張ってるんだろう、打ったところにもういるし!みたいな。
でも、
監督の私から見たら、
そんなの、全然問題じゃない。
その類は、場数踏めば手にはいるもんだと思って。
むしろ、
気になったのは、
肩の使い方とか、肘の使い方、足回り、でしたね。

ウーは、ノックをたくさんやってきたので、
同じ学年の子と比べたら、
基礎はあるからね。
今度の12月の全小に、間に合わんとしても、
プレー中に、ラケットに振り回されないラリーが出来れば、
もっともっと強くなる。

だから、
今回のラケット選定は、
ここ一年の中で、一番大きい選択といってもいいかも、なんです。

へらへらして「新しいラケット、欲しいよねぇ~」
なんて、
ウーに言ってたけど、
実は、内心、すげープレッシャーだったんです。


ラケット選定で、
かれこれもう1ヶ月以上、悩んでたんじゃないかな。


進歩が加速するか、そのままか。

小学生のラケット選定って、
かなり重要なファクターだと、
自分の子どもを通じて、私は実感しています。

遊びでバドミントンをやっている分には、たかがラケットだし、
ラケットは、ガット張ってありゃ、それで十分っちゃ十分なんだけど。

でも。

ある時期において、
また、
ある目的において、
もっと強くなりたいと願う子どもには、どのラケットをパートナーに選ぶか、はとても大事なことなんです。



特に小学生が振るのには、私は軽いラケットがいいと思っています。

小3の夏に、ウーは、NS4500の3Uを買ったけど、
小1から始めたシーには、
軽量ラケットの5U、YONEX ISOMETRIC KIDS 45 (ISO-K45)を持たせたし、
その後の今は、シーは、4Uのクンプウの1300を愛用しています。
そのときの顛末はこちら。
低学年向け バドミントンラケットの選び方
短いバドミントンラケットがおすすめ! 小学一年からバドミントンを始めるなら。


シーの様子を見てて、
小学生には軽いラケットのほうがいいなと確信してたので、今回のウーには、

4U(あるいは5Uでも可)で、トップライト、シャフトは固くないもの、
グリップサイズ5、

を探していました。

でも、ウーの場合は、
強打も打つので、

ただ単に「軽いラケットを買う」、だけじゃなくて、

軽量ラケットを選択した後の、
4Uの軽量ラケットならではの、
打ち方のコツ、というか、どういう風に打てば、
軽量ラケットの、
その特性をもっと活かすことが出来るのか、

聞きたかったんですね。

もうね、

もうずーっと聞きたかったんですよ。



ラリーマスターさんは、軽量ラケット専門店で、
軽いラケットで、
打ちやすいもの、をセレクトして扱っているショップで、
扱っているラケットは、全部自分で試打してみて、使ってみて、
いいと思ったやつだけ、という徹底ぶり。
軽くても打ちにくいとか、いわゆるクソなラケットはクソとよけるらしい。
そんだけ拘ってる人ならば、ぜひいちどお話を伺いたい。
ぜひ伺いたい。

サイトにも、【ジュニアクラブ関係者へ】って書いてあって、
このあたり、以前から共感を感じていたので、
なんつーか、私としても、内心、いつかお話を聞けるタイミングを見計らっていたという感じもあります。


軽量ラケットについてとか、
小学生のラケット選定についてとか、
怪我についてとか、
いろいろ聞きたいことがあったし、
できれば、
実際に、いろんな種類のラケットを試打させてもらって、
解説を交えていただきながら、ラケットを試させて欲しい。

だめもとでコンタクトとってみたら、
なんと快諾で、
なので、
ソッコー車飛ばして飛んで行ったってわけです。


実際お会いして話を伺ってみますと、

ジュニアへの指導という点においても、大変協力的というか、温かいかたで、今回悩んでた挙句勢い余って急に押しかけたんですけど、とても親切に解説してくださいました。
軽量ラケットを使うことで、
ラケットの重さで打つのではなく、振り回す力で飛ばすのではなく、肘を上げ、体軸の回転を使ってインパクトする、理に適った打ち方で飛ばす、という点でも、非常な共感を得ました。

最近私何度かブログに書いてますけど、
子どもの故障を心配しているのも、同じです。


いろいろ試打させていただいた結果、
ウーは、モアのスーパーライトナノ8000を選びました。

近いうちに私もウーに借りて打ってみようと思うので、
使用感というか、感想を書けると思います。
ウーにも、ウーが打ってみた感じをもっといろいろ聞いてみるね。


ウーは、連休明けの昨日、モアのスーパーライトナノ8000をさっそく練習に持ってったんだけど、
カラーリングが「わ~可愛いじゃん!」と、
ソッコーでお友達に囲まれてたな。
うぬぬ、子どもってば……めざといな……。

ウーの昨日の練習は、4年男子達とのダブルスゲームだったので、
スマッシュをバッコン!バッコン!と狂ったように打ち込んでました……。

だから……

大振り……しないように、してみようよ……

と言ったんですが、

「スマッシュがめちゃくちゃ楽しい!」

と暴走してました。


ウーは、もともとよいスマッシュ持ってるんですけど、
いいスマッシュがいいタイミングで出るってのは、
ゲーム中に、そうそうは、無い。
でも、
およっ!?と感心するようなよいスマッシュを繰り出す頻度が、
増えてたと思います。

ウーにとって、かなり打ちやすいんだろうなと思います。


私自身、親としてチームの監督として、
分からないことだらけで、これまでもいっぱい人様に教えてもらい、支えてもらいしてきているし、
ラケットも、文字通り試行錯誤しながらラケット選んでるので、
こうして書くことで誰かの参考にでもなれば、嬉しいです。
私でよければ、ご質問や相談があれば、気軽にコメントやメールください。

カラカルのラケットとかも、先日たくさん試打させてもらったんだけど、(てゆーか、あの場で打つだけではまだわからんって言って、いま何本も借りてきているというあつかましい私)、
試打してみて、
いいとこも悪いとこも、遠慮なく書いていいって、言ってくれたんで、
ラケットの使用感については、
縛り無く、
私は私で、思ったように感想を書こうと思います。


軽量ラケットについてもっと詳しいことを知りたければ、ラリーマスターさんとこに直接聞いたら、きっとすごく親切に教えてもらえると思いますよ。

あと、
うちの「ことバド。コーチ日記」みました、って言ってくれたら、ガット張り上げサービスしてくれるそうです。

注文時には、カート内に「通信欄」というのが出てくるので、
そこに「ことバド見ました」って書き込んでくれたら、返信メールでポンド数を確かめてくれるそうです。


ブログが縁で、こんな風に交流が広がるのはすごいなぁと、
感心というか、非常に感謝してます。ありがとうございます。


「ことバド見ました」と書いて注文したラケットは全品ガット張り上げサービス!
頑張るプレイヤーの味方「軽量ラケット専門店ラリーマスター」はこちらから!
CM(7) | TB(0) | テーマ:バドミントン | ジャンル:スポーツ

コメント

初めまして!
初めまして。コト監督のブログを、毎回楽しみに読ませてもらってます。うちの娘も、シーちゃんと同じ小2で、函館のクラブでバドをやらせてもらってます。監督のブログを拝見して、すぐにラケットを、○ーセンからkumpoo1300に変えさせました。娘は、もうすごく気に入ったようで、本当に感謝です。で、、カラカルのラケットのモニター報告、お願いします。いつも気になってたんですが、まだ一度も現物を見た事がないんです。あと、お願いがもうひとつあるんです。全ての記事を読ませて頂いてたんですが、ひとつだけ気になるところが、あるんです。リズム練習です。確か、メトロノームを120位に設定してやるトレーニングだったと思いますが。。その内容を、是非知りたいのです。近日公開か??と首を長くして待っていました。もしかして公開延期??(爆)
2009/10/14 Wed 15:30 URL street life[ Edit ]
street lifeさん、こんにちは。ritokooです。

 娘さん、シーと同じ小2なんですね!しかも、同じクンプウの1300愛用とは!
 うちの地区でも、シー以外の2年生もがんばって育ってきていて、私も楽しみにしてるんです。全道大会でお会いできたらいいですね!楽しみが増えました☆

 カラカルのラケットですが、昨日練習で打とうと思ったんですが、私の出番が無くて、打てませんでした。私的には、なによりデザインが好きですね。
 打ったら使用感を上げますので、待っててね。カラカルのラケットもそうですが、他のラケットも、興味があればラリーマスターさんに相談したら、試打とかさせてもらえるかもしれませんよ?同じ道内だし。聞いてみてはいかがでしょうか。

リズム練ですね。
前に、酔拳の記事で書いてやつですね。モルテンのメトロノーム機能使って、そのときにやってたテンポはたしか150ですね。
そのときは、酔拳のなぞが解けて納得し、その後、他所でまた別のリズムのを見せていただいたりもし、ほかにもいろいろとあるんですが、要は速いテンポに動かすことで無駄な動きを省いていくんですが、足もラケットも動かすので、記事的に、書きようがないというか……どうやって書いたらいいやらちょっと悩みます……見るのが一番早いんですけど……。

私、ビデオ持ってないんですよね。
致命的だよね。
家族でのお出かけとか子どもの運動会とかのを撮るの全然興味ないんだけど(記憶で十分)、練習や試合の様子を撮りたいので……今後は必須ですよね。
2009/10/15 Thu 10:40 URL ritokoo[ Edit ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/10/15 Thu 18:40 [ Edit ]
ここは 
ここは・・・
北広島市の体育館ですか?
2009/12/06 Sun 13:13 URL まぁち[ Edit ]
ん???そうだったかなたぶん総合体育館だったと思います?
2009/12/07 Mon 12:00 URL ritokoo[ Edit ]
そうですか。
まぁちはいつもここで練習してます^^
2009/12/07 Mon 15:12 URL まぁち[ Edit ]
まぁちさん、道内なんですね!じゃあいつかお会いすることもあるかもですね!そんな機会、楽しみにしてます☆
2009/12/09 Wed 10:17 URL ritokoo[ Edit ]













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ritokoo.blog64.fc2.com/tb.php/294-903ada1b
← 「ことバド。コーチ日記」トップページへ戻る
ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
blogram投票ボタン
バドミントン その他 スポーツ FC2ブログランキング
バドミントン スポーツ(全般) 人気ブログランキング
応援お願いします☆
おきてがみ
広告
トレンドマッチ
ことバド。内を検索
カスタム検索
当ブログオススメ本
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
人間の感覚には、音の響きに関する共通的な認識があるようです、これを上手く使わない手はないよ!⇒レビュー

五輪の身体
五輪の身体
その型をくり返すことで、砥石のように感覚を磨いていく……感覚を言葉にできる一流選手の言葉はすごく興味深いです。⇒レビュー

●ネットで注文→書店で受け取りするなら⇒全国書店ネットワーク  e-hon
アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。