ことバド。コーチ日記 > スポンサー広告 > アイシング用品は必携!!ことバド。コーチ日記 > バド自主練日記 > アイシング用品は必携!!

スポンサーサイト

-------- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | トラックバック(-) | テーマ: | ジャンル:

アイシング用品は必携!!

2009-09-17 | カテゴリ:バド自主練日記
毎回、練習のたびに、氷などのアイシング品を持っていく人は、どれだけいますか?

毎回ですよ。毎回。
練習が毎日なら、毎日。一日2回朝夕で練習があれば、その都度。

用意していない人には、ひょっとすると耳が痛いかもしれませんが、

冷やすものは、毎回、必ず用意してください。

何度でも言う。大きな声で言う。

冷やすものは、毎回、必ず用意しよう。

もっといえば、

クラブで、当番が用意するから、じゃなくて。

自分が。



だって、

当番の人が、うっかり忘れたら、誰が責任とるの?
うっかり忘れたときに限って、事故や怪我が起きたとして、
そのときに、必要なアイシングや救急セットが無くて、適切な処置が取れないとして、
その当番の人を、責めまくるかい?
そうはそんなには責めないだろう?


だったら、自分が必要なものを差し出して、人を助けるほうが、よほど気持ち的にましだろう。

同じ怪我を前にしても、より余裕を持って親身に接してやれるだろう。
  


私は、少年団にいたときも、今も、
凍らせても固くならない保冷パックと、湿布と、テーピングを、
必ず自分で用意して、自分で毎回持ち歩いています。

私のラケットバッグの中には、
救急ポーチが入っていて、
その中には、上記のほかに、冷却スプレーと、ハサミと、バンソウコウと、目薬と、トゲ抜きと、消毒薬と、エアーサロンパスと、ステロイド系の塗り薬と、頭痛薬と、鼻炎薬が入っています。
毎日の練習に、毎日自分で持ち歩いています。

↓凍らせても固くならない保冷パック
凍らせても固くならない保冷パック
毎回氷をがちゃがちゃやるのが面倒なので(本音)とりあえず今はこれに落ち着いています、残念なことに、大活躍なんです……。
参考まで→●テーピングやアイシングに必要な商品を揃えた、ベーシックだけど最強キットよりよいスポーツ...



前回の記事で膝のことで少し書きましたが、
このごろ、
子どもたちの練習を見てると、
どうも、怪我が多めな気がします。
全国へつながる北海道ブロック予選も終わり、学芸会が近かったり、全国大会へ向けて練習量が増えていたり、季節の変わり目で疲れもあるのかもしれません、膝にサポーターをつけてきたり、テーピングまいてきたり、腕を三角巾で吊って(!)きたりと、バドミントンの練習に関係あるものもないものも、子どもの怪我が気になります。大きな大会が終わって、ひと段落ついて、気持ちが浮わついているのかも知れません。

先日の練習時にも、ゲーム中に捻挫をした子がいたので。

でも、誰もなにも持っていなかったんですね。
親御さんも、本人も。

監督に報告が上がって、監督は湿布をくれたようでしたが、
捻挫と聞いた私はすぐに、自分の荷物から冷やすものを貸して当てさせました。

その場には他校のコーチも来てて、これだけ多くの指導者がいて、それぞれの子らの引率の親御さん達もいて、なんで誰もアイシングに必要なものを持って来ていないのか。

ぞっとしました。


氷にしろ、保冷材にしろ、冷やすものを都度用意するのは、
面倒です。

でも、面倒でも、やっとくべきことは、やっとかないといけない。


スポーツに怪我はつきものです。
怪我をするのが悪いんじゃなくて、リスクなんです。

たとえば、捻挫なら、

やったのはしょうがないですが、
やってしまったら、一刻もはやく、怪我から回復しなくてはいけません。

すぐにその場で冷やすのと、家に帰ってから冷やすのとでは、どっちがいいかは、明白です。

怪我をしたときには、もう、治すことだけを、考えて。
練習に、試合に復帰することを考えて。

怪我をするのは、しょうがない。

でも、

その怪我から、いかにはやく、しっかりと回復できるかは、
日頃からの怪我に備えての用意がちゃんとできているかどうかです。

怪我をする前から、
怪我のことを考えていることが、怪我を防ぐ、重症化を防ぐ、一番のコツです。


私は毎日、練習後に、使わなかったアイシングの道具を仕舞いながら、
「今日も怪我なく無事に練習できてよかった」
と、感謝します。

毎日、(今日は使わないかも……)、と思いながら、でも、用意します。
持参する湿布もテーピングも、無駄に思えますが、早めのサイクルで新しい物に交換します。
湿布もテーピングも、新鮮な(?)ものを入れています。
古くなると、べたべたのでれでれになってたりするからね。

これらの習慣は、練習の、おまじないみたいなものです。
リスクと考えれば、事前に手を打つ気になるだろ。


私を知ってる人は、大きく頷くと思いますが、
私の性格は、ものすごく、大雑把です。
めんどうくさがりです。
それでも、
アイシングの用意と、救急品の用意は、毎回厳密です。

これは、もって生まれた性格の問題ではありません。

どれだけ本気かってことです。

練習に対して本気です。
自分が管轄する子らの練習の責任に対して本気です。

小学生のスポーツ障害は、指導者の責任によるものです。
この持論については、後日書くことがあると思います。

とにかく、
冷やすものは、毎回、自分で、必ず用意しよう。



今日はね、なんだか、ちょっと説教めいた自戒こめたエントリなんだけど、
自戒こめたエントリなんだけど、
自戒こめたエントリなんだけど、
自戒……、

いやぁ、週末に、練習中に捻挫しちゃってさ!私が。(爆)


(やばい!)という実感とともに、コートにうずくまって、
そのとき考えたことは、「帰り運転できるかなぁ」でした。

なんか、私もちょっと気持ちが浮かれてたんですよね、きっと。
「究極のくるくるシュッとなクロスネット(意味不明)」を編み出す、とか言って、ショットの開発と称し、つまりはウーと遊んでたんで。バック前に跳んだときの着地にミスったバカでし。

救急の用意があると全然動じないもので、
心配するウーをよそに、さっさと冷やして、
痛みのある患部に湿布はって、とりあえずがっつりテーピング巻いて、
歩けることを確保して、
自分で車を運転して帰って来ました。
これが、その場で処置できなかったら、自力で帰宅するのはちょっと無理だったなと思うわけです。はは。

スマッシュ!スマッシュ!(12)
亜南、好きすぎる♪
CM(7) | TB(0) | テーマ:バドミントン | ジャンル:スポーツ

コメント

まぁ・・・当然な事なんですけどね。
まぁ当たり前のことでさーね。

生理的局所冷却法はかなりの効果があると
何かで読んだな・・・

本当は氷でキンキンに冷やす方がいいらしいんですが、
私もサボって固くならない保冷パックを二つ。
それと、固くなるけど何かのおまけでついてきた
保冷パックを4つ、必ずクーラーボックスに入れて
持って行きます。

氷で冷やす場合は一旦冷凍庫から出して水に漬け、
パキッと音が鳴ったヤツか、解け始めている氷を使うと
凍傷にはならないらしいですね。

私の場合部員数が多いせいもあり、
今までに何度か活躍してますよ。

だんだん寒くなってくるから
怪我も多くなるかなー?
2009/09/17 Thu 15:54 URL INDYパパ[ Edit ]
耳が痛いですねぇ
一応、クラブとしては救急セットは用意してあり、冷却スプレーや冷却パックもあったはずですが、ほとんど使わずに済んでいるためもう1年以上もチェックしていないんじゃないだろうか。運動会の練習とかもあって疲れのたまる時期だし今度点検しておきなきゃ。

そういえば、娘はこの間の団体戦で次の試合を控えて最初の子の試合を応援中に興奮しすぎたのか鼻血を出してしまいました。コーチ以外の親は観客席なので、急に顔を抑えて外に走り出したのを見た時には何事かとびっくりしましたが、幸い自分の試合までには止血できて棄権せずに済みましたけど。本人は息がしにくかったなどとほざいてけろっとしていました(笑)

こういうこともあるので(試合で鼻血は初めてです)それなりの準備はしとかなきゃいけませんね
2009/09/18 Fri 00:48 URL Bad父[ Edit ]
必携
ですよね
携帯忘れても これは忘れるな・・・です!!
2009/09/18 Fri 07:35 URL amamian3[ Edit ]
だら~っ!!
耳が痛い話ですね。
ウチも部ではコールドスプレー等薬箱が閉まりきらない程いろんな薬が入ってますけど、コーチがアイシングを用意するとこまではしてません(汗)

真夏の試合では用意して、練習では個人で持ってきて
いる子もいます。

ただ薬箱に用意してあるからといって、練習に来てから
コールドスプレーや湿布を使う子がいるけど、あれはどうかと思うんです。

痛いとこがあるなら、練習に来る前に家で親が用意しておいてやらんといけないと思います。

あくまで薬箱は試合や練習時のアクシデントに備えたものなんですから・・・・。
2009/09/18 Fri 10:26 URL koko[ Edit ]
う~ん
哲学を感じます。
自分の 体ですものね。
2009/09/18 Fri 12:41 URL メルポポ[ Edit ]
INDYパパさん、Bad父さん、amamian3さん、kokoさん、メルポポさん、こんにちは、ritokooです。コメントありがとうございます。

>INDYパパさん、
 おーすげー、私よかちゃんとしてるかもですよ!救急の用意があると、子供らの多少の事件ではそ動揺せずに済みますよね。私的にはこれまでに、なぜか、意外とトゲ抜きが活躍してる。おまいら、どこ触ってくるんじゃー。

>Bad父さん、
 怪我がないのはありがたいことですね。湿布とかテーピングとか、いざ使いたいときに古くてべとべとになってたりするとけっこう悲惨なのでやっぱ点検は必要ですね。
 うちのウーもよく鼻血出しますよ☆試合の朝とか……こっちが焦ります……(笑)。

>amamian3さん、
 はい。ありがとうございます。これからもちゃんと用意しようと思います。

>kokoさん、
 練習に来てからクラブのを使う子……わかります、よくいますねそういう子。家で処置する時間がなかったのかもしれませんが、家の救急箱使うのと同じつもりでいられても困りますよね。
 私は、私が同行しない練習の時はウーがアイシング含め一式持っていきます。

>メルポポさん、
 哲学?
 ごくふつーの話です♪基本的に他人は当てにならないじゃなかった、自分の始末は自分でしようということを肝に銘じています。体を傷めず、長くバドミントンを楽しみたいですから。
2009/09/19 Sat 08:02 URL ritokoo[ Edit ]
やっぱり
冷やすものは常備しないとダメですか?
私は友人に「頭を冷やせ!」とよく言われるので
これからは携帯したいと思います(^_^)/
2009/09/24 Thu 10:44 URL のぶちん[ Edit ]













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ritokoo.blog64.fc2.com/tb.php/279-203b4753
← 「ことバド。コーチ日記」トップページへ戻る
ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
blogram投票ボタン
バドミントン その他 スポーツ FC2ブログランキング
バドミントン スポーツ(全般) 人気ブログランキング
応援お願いします☆
おきてがみ
スポーツ>バドミントン用品
広告
トレンドマッチ
トラフィックゲート
ことバド。内を検索
カスタム検索
pitta!
当ブログオススメ本
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
人間の感覚には、音の響きに関する共通的な認識があるようです、これを上手く使わない手はないよ!⇒レビュー

五輪の身体
五輪の身体
その型をくり返すことで、砥石のように感覚を磨いていく……感覚を言葉にできる一流選手の言葉はすごく興味深いです。⇒レビュー

●ネットで注文→書店で受け取りするなら⇒全国書店ネットワーク  e-hon
アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。