ことバド。コーチ日記 > スポンサー広告 > 腕立て伏せの正しいフォームことバド。コーチ日記 > バド自主練日記 > 腕立て伏せの正しいフォーム

スポンサーサイト

-------- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | トラックバック(-) | テーマ: | ジャンル:

腕立て伏せの正しいフォーム

2009-08-14 | カテゴリ:バド自主練日記
朝は6時ないし6時半に起床し、ストレッチ。
町内のラジオ体操がお盆を前に終了してしまったので、ラジオ体操皆勤という早起きの名目がなくなったこの先は、自分たちで心を強くもたなくては朝練がくじけます。
さて。
いつもは朝ご飯の前にランニングに出かけるウーとシーですが、
今日は雨だったので、子どもたちの筋トレの様子を見ていました。

が。

なんだそのフォーム……。

「おまいら、今までどんだけ手ぇ抜いてやってきたんだー!」

いい加減な腕立て伏せが、バレてしまいました……。


いつもはね、子どもたちの自主性に任せてやらせている筋トレですが、やはりこうして、たまにみてやらないと、フォームが崩れているわけです。

うちの筋トレは正しいフォームが必須です。
回数が少なくても、いいんです。
でも、正しいフォームでやらないのは、絶対にダメ。

正しいフォームは、ママンとパパンが汗流して、実演して教えてきています。

でも、子どもは、忘れるんですよね、しばらくすると。
筋トレがつらくなると、楽な力の掛け方でやってしまうので、いけません。
我が家では、それは、「手を抜く」ということであり、ご法度であります。

手を抜いた練習は、
やったらやったぶん、手を抜けば抜くほど、
上手くならないのではなく、上手くなるのが遅くなるのでもなく、
下手になるのです。

手を抜くと言う事を、身体と魂が覚えるからな。
万事手を抜くことが普通になってしまいます。
手を抜くと言うのは、稚気です。茶目っ気です。分かった上でのずるっこです。なので、わかってもいないで楽なことばかり選択した結果として手を抜いているという状態は、許されません。
ちゃんといろいろ全力で出来てこそ行える稚気です。
実年齢は関係なく、本気を知っている者こそが出来ることです。
だから、上手い子に、「お前今、手ぇ抜いただろ」といえば、「えへへ~」とばれたか笑いが返って来るのです。
たとえば先輩からの無意味なしごきとしての筋トレなら、うまいことやって存分に手を抜いてかまわないけど、目的のある自分のための筋トレなら、そこでは手を抜いてはいけないわけです。


正しいフォームで正しくやらないと、筋肉はバランスよく育ちません。
どんなに回数やっても、無駄です。

たまーに筋トレを見てやりますが、その都度、フォームの拙さを指摘することになります。
……めんどうです。

最近ね、
「腕立て50やった」とか、「100やった」とかと報告してくるので、
(さあどうしてくれようか…………)って思ってたんです。

回数やるのはよいです。頑張っている証拠でしょう。
でも、
キッチリ正しいフォームでやったとするならば、
うちの子達の筋力で、そんな、腕立て伏せを50回も100回も出来るわけが無いのです。

うちの子は、数を誤魔化す系なずるいことはしないので(そらーやったら殺されるわい)、
ということは、
とりあえず数だけ稼ぐいい加減な腕立て伏せなわけです。

まあしばらく黙って「ああそうかい」で済ましてきたんですが、やはり今日子どもたちの腕立て伏せを見て、叱り飛ばす破目になってしまいました。

……んもう、叱りたくないすよ。
でもねぇ、どうせやるんなら、無駄にならんことをして欲しいわけです。

手抜いた筋トレなんて、百害あって一利なし。
 

腕立てをするというよりも、
そもそもスタンスから違っているので、指摘します。
子どもたちが自分たちで一生懸命いままでやってきたであろうたくさんの回数の腕立て伏せが無駄になっているだろうなということに直面しますので、ママンも精神的にダメージです(笑)。

ここは賽の河原かどこかですか?と。
私は小鬼ではないので、
子どもたちの頑張りを、そのまま努力の結果に結び付けてやりたいわけですよ。むしろ菩薩ですよ菩薩……。
でも。
ま、
どーでもいいんなら、「腕立て伏せをやりなさい」って言って終わりですよ。

手間隙かかりますが、頑張りますよ。


それでホントにいいと思ってんの?と聞いたら、うん、と言うので、
カメラで撮って見せてやります。
ウーの腕立て修正前
ウーは、ねーちゃんなので、あれっすね、少し智恵がついているので、手を抜くわけです、その結果が、こう、もう、いろいろとぐだぐだに間違っています。なんともったいない。沈んで上がる時に身体が前後にスライドするクセがついてしまったので、泣かせてしまいます。
左の肩甲骨が上がっているので、その結果、右腰が上がっています。身体は自然とバランスをとろうとしていますが、こんなことやっているとそのうち故障します。
アップダウン時のママンの正しい肩甲骨の動きを触らせて、動きを分からせます。
どこがまずいのか、どうしておかしいのか、どうしたらなおせるのか、ウーとよくはなし、何度もトライ。

「はい、腕立て伏せ」

といったら、正しいフォームでのスタンスが自分で作れるよう、何度もトライ。
身体に覚えていただきます。
ウーの腕立て修正後
肩甲骨が二つ、ぴしっとしました☆

シーも。
シーの腕立て修正前
シーは、やはり利き腕の右側が発達しているのが顕著で、こうして見ても、右側の筋力に頼って身体を支えているのが分かります。
どういうわけか、ウーとシーは、身体の曲がり具合が、ちょうど逆です。
シーにも画像を見せ、自分がどうなっているか、わからせてから修正を入れます。
シーの腕立て修正後
はい。シーもピシッとしました。
シーのほうが、綺麗ですね。


正しい腕立て伏せのフォームの、最初のスタンスだけでも。
正しいスタンスで20秒キープ、を何度も繰り返しすると、
たったそれだけでも、
子ども達は、ひぃひぃ言います。


繰り返し。繰り返し。
正しいことを繰り返し。
頑張ろう。応援しているぞ☆
CM(5) | TB(0) | テーマ:バドミントン | ジャンル:スポーツ

コメント

マリヤ番頭
ritokooさん 始めまして。今回も考えるきっかけになりました。独身なので子供はいませんがわが身に問うてみると恥ずかしい限りです。これからもご指導よろしくお願いいたします。(笑)  
 お子様たちがんばってね! 
2009/08/14 Fri 08:39 URL マリヤ番頭[ Edit ]
はじめまして、こんにちは
この度は当方の拙いブログにコメントありがとうございました。
御礼申し上げます。

取り急ぎ、ご挨拶で失礼いたします。
応援ポチっとしていきます!
またよろしくお願いいたします♪
2009/08/15 Sat 16:58 URL スーパーサイドバック[ Edit ]
途中ビックリ
50回100回と聞いてびっくりしましたが…♪

これは私の持論ですが
ある一定の土台ができあがったら
腕立てで鍛える主働筋である大胸筋を最も使うのは
ラケットを振ろうとする瞬間
つまり胸よりも肘が後ろに退った瞬間から前への切り替え動作の時だと思っています。
ですのでサボりフォームにありがちな肘をほとんど動かさない浅い腕立てによって鍛えられた筋肉は
あまり出番がないですよね☆

むしろ
深い位置だけで素早い切り返し動作を鍛えるトレーニングをさせることもあります♪

一般論ではないので お許しください…
2009/08/15 Sat 20:40 URL bonny[ Edit ]
すんばらしい!!!!
2009/08/16 Sun 00:24 URL メルポポ[ Edit ]
マリヤ番頭さん、スーパーサイドバックさん、bonnyさん、メルポポさん、こんにちは、コメントありがとうございます。ritokooです。

>マリヤ番頭さん、
こんにちは、遊びに来てくださってありがとうございます。たまにしつこく朝からこんなことをやっていますが、実際は子どもたちから教えられることが多く、感謝しています。


>スーパーサイドバックさん、
こんにちは。遊びによってくださってありがとうございます。私もまた遊びに寄らせていただきますね☆応援ありがとうございます。更新の励みにします。


>bonnyさん、
なるほど~。バドに役立つ、使える筋肉をお迎えしたいものですね☆
持論……一般論でないから持論と仰っているのかもしれませんが、論には論理があるわけで、いろんなケースがあり、いろんな意見があると思います。私に出来るのは、さまざまな意見を伺って、目の前の状態についてどうするのがよいのか考えることです。なので、こうしてコメントいただけるのはとてもうれしいし、考えるきっかけになるし、励みになります、ありがとうございます。
うちの子たちは、これからたくさんの大変な試合をしてゆくことと思います、そのためにはまず、故障しない身体作りから、地味なトレーニングとストレッチを繰り返してやりたいと思っています。


>メルポポさん、
ありがとうございます、またがんばります。
2009/08/17 Mon 10:44 URL ritokoo[ Edit ]













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ritokoo.blog64.fc2.com/tb.php/261-52feee3b
← 「ことバド。コーチ日記」トップページへ戻る
ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
blogram投票ボタン
バドミントン その他 スポーツ FC2ブログランキング
バドミントン スポーツ(全般) 人気ブログランキング
応援お願いします☆
おきてがみ
スポーツ>バドミントン用品
広告
トレンドマッチ
トラフィックゲート
ことバド。内を検索
カスタム検索
pitta!
当ブログオススメ本
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
人間の感覚には、音の響きに関する共通的な認識があるようです、これを上手く使わない手はないよ!⇒レビュー

五輪の身体
五輪の身体
その型をくり返すことで、砥石のように感覚を磨いていく……感覚を言葉にできる一流選手の言葉はすごく興味深いです。⇒レビュー

●ネットで注文→書店で受け取りするなら⇒全国書店ネットワーク  e-hon
アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。