ことバド。コーチ日記 > バド自主練日記 > 基礎打ちはしない 小学生バドミントン上達のコツ

基礎打ちはしない 小学生バドミントン上達のコツ

2009-08-06 | カテゴリ:バド自主練日記
人のいないところに打つ、と昨日書きましたが、

これがなかなかに難しいところで、

なぜかというと、

バドミントンの練習、その中でも、
誰もがするであろう練習は、
基礎打ち。
基礎打ちとは、1対1で、シャトルを交互に打ち合う練習です。
つまりは、
バドミントンの練習で、一番オーソドックスな練習法って、「人のいるところに打つ」練習なんですねぇ……。

基礎打ちは、
そうしないとシャトルが返ってきませんからね……
シャトルが返ってこないバドミントンほど、つまらないものはないですよね。


練習で、人のいるところに打たなきゃ練習にならないのに、
試合では、人のいないところに打たなきゃなんない。

想像してみてください。

子どもなんて、
頭の中???になると思いませんか?

日常でやってる練習が、
試合で禁止事項になっちゃうんですよ?

ネットにかけたりミスったりすると毎度シャトルを拾いに行かにゃならんので、
基礎打ちでは、
なるだけミスらないように続けること、
相手が打ちやすいように定位置・定タイミングで、シャトルを上げること、
が暗黙の了解ですが、
そういうことを「ヨシ」としてきているのに、
試合では、
「相手のいるところに打つな」
とか、言われちゃう……

コーチって、ひどいよね。
理不尽だよね。
 


 
子どもはね、
シャトルが返って来て、ラリーが続くのが、楽しいんです。
練習だろうが、試合だろうが、ラリーが続けば最高!なわけです。
楽しいんだもん。

なので、

「うわーなんでここで決めないんだ!?無駄なラリーが多いよ?」
と、コーチが見てて思っても、

子ども的には、
「い、いまのはすげーラリーが続いた、試合で頑張ってシャトル拾いまくってラリーが続けられるなんて、私ってそこそこやるんじゃないか?自分すごい!」

って、息切らしながら、ラリーが続く自分を内心誇るわけです。

そのぐらい、意識が違う。

高学年にもなると頭も使いますが、小さいうちはそうなんじゃないかな。

もちろん、
シャトルを自分で落としたらおしまいなので、自分のトコにきたシャトルは死んでも返す!つもりではありましょうが、実際、ラリーがどっちで切れようが、正直な話、子どもにとっては、どうでもいいわけです。
試合で頑張ることが一番なので、子どもの中では「頑張ることといえば、ラリーを続けること」、それ以上もそれ以下も無いんです。普段の練習がそうなのですから。しいて言えば、他には、エースショットでいい気分になれること、もありますけれど。


なのでね。

ミスをしないでラリー続けることが大事なんでなくて、
ミスをしないで、相手のコートにシャトルを返すことが大事なわけです。

基礎打ちなんて、要らないよね!



うちのチーム練では、基礎打ちは、ほとんどしません。
ステップとフットワークだけでも肩は十分にあたたまるので(ラケットも振るから)、
そのまま、ノックやパターン練習に入ります。

私が基礎打ちをさせるとしたら、
私がやる気がないとき、
貧血で具合が悪いとき、
めんどくさいとき、
時間が余ってるとき、
ってくらいなものです。


基礎打ちは、

楽なんだよね。

指導者側にとって。

勝手に打ってるだけでも、自分で自分なりに工夫して上手くなってくれるから。
自分達自身としてはよく汗かいて、練習した気になるから。
でも~それは~~自主練でやってくれればいいんじゃないかな~♪

でも、
上手くはなっても、
強くなれるかとは、また別。
CM(11) | TB(0) | テーマ:バドミントン | ジャンル:スポーツ

コメント

なっとく。
ですよねぇ。

うちは、レベルがバラバラなので子ども同士でラリーをすると続かず、
すぐ、つまんないって気になるようです。

指導者が2名と少ないので、保護者さんにも協力してもらい、
なれないノックをしていただいてます。
2009/08/06 Thu 11:28 URL 現場監督[ Edit ]
ノックアップ
海外だと
なんとなくドライブが大目のラリーとか○○が大目のラリーって感じに、なんとなくフリーなラリーが多いですよね。

人に向かって打つってなると混乱するかも知れませんが、ラリーが続く点を狙って打つように意識すれば、その点以外の場所はラリーが続きにくい場所になるわけで、そこを狙って打つことできますよね♪

今は亡き韓国コーチの教えでした。
2009/08/06 Thu 13:57 URL bonny[ Edit ]
う~ん、教育全般にいえますね。
「子どもの個性」を大切に!! なんていいながら、やっていることは「基礎打ち」と同じだったかな・・と現職時代を反省です。
バトミントンコーチと一緒で 同じことをではなく、その子自身が鍛えられ・考え・行動できるように教育する必要があったなぁ
と退職してから 気づかされました。新鮮な喜びをありがとうございます。
2009/08/06 Thu 19:35 URL 小だぬき[ Edit ]
そっかー…そういうことが出来なかったから…

オレは補欠だったんですねぇ…

しんみり。
2009/08/06 Thu 22:01 URL りょうすけ[ Edit ]
はじめまして。

どのスポーツでも一緒ですよね。

練習のための練習はいらないんですよね。

試合のための練習をしないと勝つことはできないですね。

学生時代のコーチによく言われました。

2009/08/06 Thu 22:39 URL うおさん[ Edit ]
現場監督さん、bonnyさん、小だぬきさん、りょうすけさん、うおさん、こんにちは、ritokooです。コメントありがとうございます。

>現場監督さん、
レベルがいろいろなのは、いいことですね。子どもたち自身が上手い子下手な子、見て自分を考えることができるから。ノックをしていただけるのはありがたいことですね。どうかバドミントンが楽しいという気持ちをいっぱい味あわせてあげてください☆


>bonnyさん、
>人に向かって打つってなると混乱するかも知れませんが、ラリーが続く点を狙って打つように意識すれば、その点以外の場所はラリーが続きにくい場所になるわけで、そこを狙って打つことできますよね♪

いやー素晴らしいですね!
そういうふうに発想できるようになれば、「選手」ですね。
ラリーが続く点と続きにくい点、私も子どもたちに話してみます。
うちも、チーム練では基礎打ちはほとんどしませんが、
自主練では、XXとXX多めとか、XXは使わないとか、そんなフリーのラリーをよくやります。


>小だぬきさん、
「子どもの個性」そんなもんに振り回されるガッコのセンセは大変だろうなぁといつも思ってみています……。
個性っていうのは、最初からその子の存在すべてを持ち上げて個性ウェルカム!なんてしたら、大変な目にあいますよね、ルールを叩き込んでからなお出てくるものが個性、そうじゃなけりゃただの獣。
こちらのエントリ、秀逸です、どうぞ。
「個性とは伸ばすものなのか? 「個別性」と「個人の性格」の混淆」
http://nekohann.blog1.fc2.com/blog-entry-1500.html


>りょうすけさん、
バドミントンを、今また始めたら、面白いかもですよ~♪
大人になってからはまる人もいっぱいいます。
私は、自分が部活でやってたときは、試合で勝つことよりも、練習(ラリー)のほうが好きでした……。


>うおさん、
サッカーなさってるんですね☆
どんなスポーツでも、共通することはとても多いですね。
「試合で勝ちたい」と思ったときに、試合のための練習が出来るか、そのための地味な仕込みができるか、そこに尽きますね。
勝つ、となると、大変ですよね。
2009/08/07 Fri 09:34 URL ritokoo[ Edit ]
コメ遅くてすんまそん
バスケは基本が大切なんです(自論)
基本が出来ないと、その次に進めません。
足の運び方、ドリブル、パス、シュートの基本が出来ないと、トラベリングやパスミス、シュートミス等数え上げればきりが無い。

練習時間の半分は基本に割いてます。
その後いろんな場面を想定してのそれぞれの練習、
フォーメーションの練習、最後に練習した事を応用
してのゲームで締めくくりです。

最後に前年度からチームの目標として
「上手くなる前に強くなれ!」
「強くなったら上手くなる!」をテーマに日々頑張ってます。

でもねぇ子供は練習は練習。ゲームはゲームで
練習した事が試合では使えないんもんですね。
2009/08/07 Fri 15:13 URL koko[ Edit ]
kokoさん、こんにちは、ritokooです。

コメントありがとうございます。私は足跡返しもコメント返しも全然気にしないので、いつでも、お時間のあるときや気が向いたときでよいですよ~☆バスケの話、すごいためになるので、ありがたいです。
バスケはチームものだから、大変でしょうねぇ……

「上手くなる前に強くなれ!」「強くなったら上手くなる!」
バドミントンはどうかなぁ……私はまだこれについては何も言えんです。
2009/08/10 Mon 11:01 URL ritokoo[ Edit ]
....
自分の学校ぢゃ
相手がいないところに
打つ練習も
相手のタイミングを
はずす練習もします。
てゆーか、基礎打ちが
一番重要な練習だと
思いますけど
2010/10/14 Thu 06:39 URL 明希様[ Edit ]
>明希様、
 こんにちは。そうですねこの記事をざっとだけみると反感買いそうな感じにも読めるかもしれないですね。
2010/10/14 Thu 08:49 URL ritokoo[ Edit ]
基礎打ち不要
初心者にはその通り!(少年団)
まずラケットで打たせる。握り方、素振り、フットワークはそれなりに当たるようになってから。
相変わらず、練習が始まってからシャトルを打つまで1.5時間以上。練習総時間3時間(挨拶、ストレッチ、クールダウン掃除、挨拶含む)実質2.5~2時間位しか無いのに。
こうゆう指導者に分かってもらう方法は何かないでしょうか?
2017/11/23 Thu 10:03 URL バッドモン[ Edit ]













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ritokoo.blog64.fc2.com/tb.php/250-35e07d16
← 「ことバド。コーチ日記」トップページへ戻る
ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
blogram投票ボタン
バドミントン その他 スポーツ FC2ブログランキング
バドミントン スポーツ(全般) 人気ブログランキング
応援お願いします☆
おきてがみ
広告
トレンドマッチ
ことバド。内を検索
カスタム検索
当ブログオススメ本
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
人間の感覚には、音の響きに関する共通的な認識があるようです、これを上手く使わない手はないよ!⇒レビュー

五輪の身体
五輪の身体
その型をくり返すことで、砥石のように感覚を磨いていく……感覚を言葉にできる一流選手の言葉はすごく興味深いです。⇒レビュー

●ネットで注文→書店で受け取りするなら⇒全国書店ネットワーク  e-hon
アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX