ことバド。コーチ日記 > スポンサー広告 > 個性を引き出すスポーツトレーニングことバド。コーチ日記 > バドミントン全般 > 個性を引き出すスポーツトレーニング

スポンサーサイト

-------- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | トラックバック(-) | テーマ: | ジャンル:

個性を引き出すスポーツトレーニング

2009-07-31 | カテゴリ:バドミントン全般
体調が悪いので、昨夜は練習して夕食後、ここぞとばかりにおやつを食べながら本を読んだりしてぐーたらぐーたらしていました(ダメ大人♪)

一昨日、私が具合悪い、と早々に布団にダウンすると、
ウーがひとりぐすぐす泣きながら流しで茶碗を洗ってくれてました。
んなあほな……死ぬわけ無いのに。

いや、
「おまえたちが大きくなって立派な大人になるのを見届けたかったよ…」
と言ったら……
ちょっと言ってみたら……号泣……ごめんね!

普段我が家で一番タフなのが私なので、
私のダウンにはビックリしたんだと思います。
でも私だってたまにはダウンしますよ……。

シーはマイウェイなので、さっさと自分の寝支度をして寝てしまってましたが。
ウーはおねえちゃんだなぁ(はぁと)。


それでまあともかくぐうたらとおやつを食べながら、本読んでて、
個性を引き出すスポーツトレーニング 岩波アクティブ新書 (17)
これ↑を読んでいたんですが、

厳しくて辛い練習ばっかじゃなくてな。
かといって、
ゆるくて甘い、んじゃなくてな。
子どもらしく、のびのびと、楽しく出来る練習っていいよね、と私は思います。

この本は、

「子どものために親が家庭でできること」

ってな大枠で、

子どものモチベーションの扱い方、
子どもの成長に合わせた体の鍛え方、
子どもの食生活のアドバイス、

こんな切り口ですので、興味のあるかたはぜひ。

筆者の立花龍司さんは、ゴールデンエイジ・トレーニングという観点で、他にも本を出してますが、まあつまりは、小学生まではひとつのスポーツに偏らず、いろんな運動をさせた方が将来的には伸びるよね、ってことです。

指導者にも良いでしょうけれど、私としては、子どもがスポーツをやってる親御さんにぜひおすすめしたいです。


特にバドミントンなんて、テクニカルな競技、
チームや少年団の中から頭ひとつふたつ抜け出るためには、やはり、団体での練習のほかに、自主練に取り組む親子は多いと思います。

親子での練習、家庭での練習、って、下手したら息が詰まるじゃない。

うちは、夫婦で時に喧嘩しながらもうまくやっていけてるけど、
小学生のスポーツって、やはり、親の関わり方の部分が大きいと思います。

関わり方といっても、
少年団でのお当番のお手伝いをする、とか、っていう視点ではなくって。
大会で力いっぱい応援する、とかっていうのでもなくて。
もちろん、送り迎えのことでもない。

栄養考えてしっかりご飯食べるとか、しっかり寝るとか、家のお手伝いを進んでするとか、ご近所の方に気持ちのよいご挨拶をするとか、周りの様子を見てよく状況を判断して自分で行動すること……その子が選手として強くなるかならんか、って、結局はそういう部分です。

良いことは良い、悪いことは悪い。

そういう部分にこそ、親御さんには心を砕いてもらいたい。
普段のことから。

バドミントンの練習でも、

上手く行かなくて、むくれる子とか、
面白くないことがあるとすぐに切れる子とか、
すぐに図に乗ったり、
ゲーム中に泣き出す子とか、
ラインのイン・アウトを自分のいいようにジャッジしちゃう子とか、
得点のカウントをズルしちゃう子とか、

いろいろといるわけですが……

どれも、
子どもだから、それで普通なんです。

子どもはそーゆーもん。

本音や建前、正義や不義、善や悪、やっていいこと悪いこと、許されること許されないこと、
こーゆーのは、周囲の大人に、時にがつんとやられて気付いていくものでしょう。

個性を引き出すスポーツトレーニング 岩波アクティブ新書 (17)
子どもは子どもなんだし、親は親。親が親の責任をどこに果すべきか、練習の態度やひとつのひとつのプレーにイチイチ文句言っとらんで黙って美味しいご飯を食べさせて一緒に遊んでやりたいものです。お腹と身体と心が満たされれば、コートの中でも外でも、子どもの自主性は育つんじゃないかな。もちろんガツンと叱ってやんなきゃいけないときっていっぱいあるけど。
CM(7) | TB(0) | テーマ:バドミントン | ジャンル:スポーツ

コメント

感心!
いつも本を読んでいろんな事勉強してるんですね。

ものの捉え方、視点がすばらしい。
自分ももっと勉強しなくちゃって思います。

子供達もritokooさんのような人に教えてもらって
いるのが羨ましい。

2009/07/31 Fri 11:14 URL koko[ Edit ]
立花さん
うちも結構著書を拝読しています。
肩の専門家なので
勉強にもなりますし
メジャーでコーチもされてたので
独特のコーチングも興味深いのがありますよね♪
2009/07/31 Fri 15:52 URL bonny[ Edit ]
熱心ですねぇ…

子供の頃は自分の能力を上げてやろうなんて考えないですから、やっぱり周りの大人が伸ばしてあげなきゃなんでしょうね。
2009/07/31 Fri 22:09 URL りょうすけ[ Edit ]
ritokooさん
はじめまして

体、早く回復しますように!!
そうだね、そうだねとうなづきながら読ませていただいてます。

球技苦手、運動苦手で生きてきましたがritokooさんのようなひとに子ども時代に出会っていたら違ってたかも・・・。
2009/08/01 Sat 15:38 URL とちねこ[ Edit ]
こんにちは、足跡をたどって参りました。

こちらもとても、興味深い記事を書かれていますね。

私の友人ですが、こちらも面白い記事を書いているので、是非遊びに来てくださいね。

http://blog.livedoor.jp/yume2323/

2009/08/02 Sun 16:36 URL 小林 哲人[ Edit ]
今日も仕事だべ 
会社から ポチッと
2009/08/02 Sun 16:46 URL メルポポ[ Edit ]
kokoさん、bonnyさん、りょうすけさん、とちねこさん、小林 哲人さん、メルポポさん、こんにちは、コメントありがとうございます、ritokooです。

>kokoさん、
イヤ。私、欠点の多い人間ですし、なにより、説教の時は、自分のことは棚に上げるし……録音したの自分で聞いたらきっと耳押さえてトイレに逃げますよ(笑)。
最近バスケットボールを拾ったので(!)自宅の前でストリートバスケ……といってもドリブルとパスしか出来ませんが……で楽しんでます♪


>bonnyさん、
私は少年野球→子どものトレーニング&コーチングから彼の本を知ったのですが、なるほど、そうですよね、野球ですもんね、肩の専門家ですね。彼の少年スポーツ系の本はほとんど読んでますが、もっと他のも読んでみたいと思いました。


>りょうすけさん、
こんにちは。どうなんでしょうねぇ、強くなりたいと言い出したときにアドバイスはできますが、やるやらんは結局は子ども次第なんですよね・・・


>とちねこさん、
はじめまして!コメントありがとうございます。体調はもうすっかり回復です、ありがとうございます☆
私も、もともとは運動苦手なんですよ。面倒くさがりだし。でも子どもが楽しそうにやってるんで、付き合ってます。


>小林 哲人さん、
はい、ありがとうございます。寄らせていただきますね。


>メルポポさん、
お仕事お疲れさまです♪遊びに行きますね~!
2009/08/03 Mon 16:53 URL ritokoo[ Edit ]













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ritokoo.blog64.fc2.com/tb.php/244-f3eb9853
← 「ことバド。コーチ日記」トップページへ戻る
ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
blogram投票ボタン
バドミントン その他 スポーツ FC2ブログランキング
バドミントン スポーツ(全般) 人気ブログランキング
応援お願いします☆
おきてがみ
スポーツ>バドミントン用品
広告
トレンドマッチ
トラフィックゲート
ことバド。内を検索
カスタム検索
pitta!
当ブログオススメ本
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
人間の感覚には、音の響きに関する共通的な認識があるようです、これを上手く使わない手はないよ!⇒レビュー

五輪の身体
五輪の身体
その型をくり返すことで、砥石のように感覚を磨いていく……感覚を言葉にできる一流選手の言葉はすごく興味深いです。⇒レビュー

●ネットで注文→書店で受け取りするなら⇒全国書店ネットワーク  e-hon
アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。