ことバド。コーチ日記 > バドミントン全般 > トップアスリートの身体感覚を自分でも体験してみる

トップアスリートの身体感覚を自分でも体験してみる

2009-07-22 | カテゴリ:バドミントン全般
こないだは、「五輪の身体」を読んでいました。
面白かったですね。

室伏広治(陸上ハンマー投げ)、山本博(アーチェリー)、 浜口京子(レスリング)、塚原直也(体操)、野村忠宏(柔道)、中西真知子(トライアスロン)、これら競技でのトップアスリートとされる彼らからの身体感覚、言葉を通して、
背、腰、肚の感覚、集中の隙間、身体のスイッチ、ヒントになることがたくさん語られています。

トップアスリートに限らず、我々だって、記録、結果だけでなく、新しい身体感覚を発見し、繰り返し繰り返しやってみることで自分の物にする事に快感と喜びを覚えるものです。
我々もやれば体験できるわけです、スポーツって、これが面白いんです。

斎藤 腰とか肚の感覚がないのに、形やフォームから入ってもね。自分の感覚を生かすことがフォームにつながるわけで。型とフォームって違う。フォームは外形的なものだけど、型って、ある身体感覚を育てるためのプログラムだと思うんです。その型をくり返すことで、砥石のように感覚を磨いていく。試合での実際のパフォーマンスには直接結びつかないんだけど、その身体感覚があるかどうかで勝負が決まる。

室伏 武道の型でも相撲の四股でもいい。腰に決まる型がありますよね。ああいう型をやればいい。そうすれば腰肚の感覚が磨ける。まあ、練習中にやることじゃないので、別のとこでやってほしいけど。要するに、たしなみとして(笑)。

斎藤 たしなみとして(笑)。

斎藤 孝著「五輪の身体」 室伏広治の身体  日本的な身体技法を追求する から抜粋



たしなみとして。

たしなみ、ですよ!
平常の、心がけ、ですよ。


要するに、たしなみとして(笑)。
と笑えるところが素敵。


コートに入らないところで、人の目のないところで、各自がどんな心がけでいるか。


私はスポーツをやめていっとき演劇における身体表現、身体による言語表現を扱っていたので、そもそも、身体感覚というのに対し興味があるのかもしれません、たまたまスポーツに戻りましたが、私は特に、身体との対話、肩甲骨、倒れる、音、表現音、といった要素で以って子どもを見ていますが、見てて楽しいですよ。


抜粋した部分以外にも、なるほど~……と、とてもたくさん参考になることが書かれてますので、まだの方はぜひご一読をおすすめしますよ。
CM(7) | TB(0) | テーマ:バドミントン | ジャンル:スポーツ

コメント

一流は
感覚を言葉にできる!

最近特に感じます♪
明日はバレエを習ってきます☆
2009/07/22 Wed 20:58 URL bonny[ Edit ]
言葉のイケメン
はじめまして。
視点がユニークですね。擬音とか擬態語とかのように
擬態(体)音とでも言うのでしょうか。
私も昔サッカーをやっていましたが、”たしなみ”
として、基本練習はそっとやると言う事なのでしょうか
確かに、”たしなみ”としての意識はなかったですが、
仲間に迷惑をかけないため、基本練習は陰でやっていましたね。たしなみ=ふだんの心がけ。
2009/07/23 Thu 00:14 URL 花房麗[ Edit ]
かっこいいですね^^
陸上部の次男が最近、陸上部仲間と野球や卓球、水泳を午前の部活から返ってきてから、時を忘れてやっています。。。

「野球部や卓球部に入れば良かったんじゃない?」
と言うと、「他のスポーツをして筋肉を鍛えているんだ!!」
と言います。が、純粋に楽しいようです^^
次男にとって、『基本のたしなみ』。。。より、未だ仲間との遊びの方をとってしまう幼さ。。。それとも、
陸上には真剣さが足りないのかな?

ritokooさんのブログからは学ばせてもらってます。
スポーツマンの皆さん、身体つきだけでなく、言葉までかっこいいです^^

2009/07/23 Thu 00:38 URL mimimama[ Edit ]
ALOHA
いつも来てくれてありがとう。
ポチりにきました。
北海道でもあるけ歩けイベントを企画してくださいよ。
そうしたら僕も日本に居る時ならば行きたいです。
Kenji
2009/07/23 Thu 03:41 URL Kenji[ Edit ]
一流ともなれば基本は練習の時にするんじぁないんですね。やっぱ違う。
自分は子供には基本がいかに大切かを言ってます。
基本が出来なっかたら、プレーが普通に出来てもそれ以上のことは出来ない。だから基本練習をする。
プラス バスケはチームプレーなのでチームメイトに迷惑をかけることにもなる。

自分がしなくても他の人がやってくれるの精神ではチームの向上にはつながらないって。
2009/07/23 Thu 10:56 URL koko[ Edit ]
bonnyさん、花房麗さん、mimimamaさん、Kenjiさん、kokoさん、コメントありがとうございます。ritokooです。


>bonnyさん、
バレエ、ブログで拝見しました。なるほどーー、と思いました。私も可働域を広くしたい。バドミントン・ファンでの掲載、とても楽しみにしています。


>花房麗さん、
音は、特に子供相手にするときにはとくに重要だと思います。大人にとっても十分に重要ですけれど、子供は理屈が理解出来ないときもありますからね。スポーツオノマトペと言うのもあります~。一流の言葉は素敵です☆


>mimimamaさん、
他のスポーツの楽しみを知ることも、とってもいいんじゃないでしょうか♪
「あ、これ、使える!?」ってな発見もあるかもしれません。ひとつの競技が他の競技へとつながって広がっていく発見は、とても面白いものです。
うちの子もバドミントンが強くなるにつれて、他のスポーツにも興味を持ち出しましたよ。
陸上はストイックな競技なので、球技的な駆け引きのスポーツがよい息抜きになるのかもですね。


>Kenjiさん、
いえいえこちらこそ、いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
私はどっちかというと、あれば参加するってほうかなぁ……バドミントンの大会なら企画してやりたいものですが、そのほかのものとなると疎くて、お手伝いするくらいで精一杯な気がします。


>kokoさん、
チームプレイならではの練習への心構え、楽しみも大変さもありますね。
こども相手の場合は、そもそも基本を知らんので、小さいうちは、やはり、練習の時間内で基本を繰り返しやらせてゆくのは重要だと思います。
そっからさらに上へ這い上がりたい奴は、練習時間以外の練習で、基本練習をしてゆくのだと思います……そうなったらいいです。なかなかそうならないけど(苦笑)。


ではでは~♪
2009/07/24 Fri 09:24 URL ritokoo[ Edit ]
プロの視点
素人考えのモヤモヤを一発で吹き飛ばしてしまう。
そんな視点を気付かせてくれる言葉。
一流はさすが違いますね。
2009/07/24 Fri 21:25 URL ばどちゅう[ Edit ]













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ritokoo.blog64.fc2.com/tb.php/239-07542101
← 「ことバド。コーチ日記」トップページへ戻る
ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
blogram投票ボタン
バドミントン その他 スポーツ FC2ブログランキング
バドミントン スポーツ(全般) 人気ブログランキング
応援お願いします☆
おきてがみ
広告
トレンドマッチ
ことバド。内を検索
カスタム検索
当ブログオススメ本
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
人間の感覚には、音の響きに関する共通的な認識があるようです、これを上手く使わない手はないよ!⇒レビュー

五輪の身体
五輪の身体
その型をくり返すことで、砥石のように感覚を磨いていく……感覚を言葉にできる一流選手の言葉はすごく興味深いです。⇒レビュー

●ネットで注文→書店で受け取りするなら⇒全国書店ネットワーク  e-hon
アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX