ことバド。コーチ日記 > ただの日記 > トムラウシ遭難事故と山が怖いという本能

トムラウシ遭難事故と山が怖いという本能

2009-07-21 | カテゴリ:ただの日記
トムラウシでの、今回の山岳事故について、たくさんのニュース記事やブログがありますが、こちらのブログの内容が非常に論理的で秀逸だったので、ご紹介します。

「遅い人に合わせるな」 /MSAT 幻のガイドからのメッセージ

私としては、人災なのはどっちの責任だとかなんだとかと報道される切り口にはあまり興味がなくて(でもごっつ道新読んでるけど)、ただただ痛ましい事故だという印象です。たしか、トムラウシでは数年前にも遭難事故で人が亡くなってるはず。なので、尚更です。夏山登山シーズンにかきいれどきな宿泊施設には相次いでキャンセルが出ているようだし、この不景気なご時世、そっちの意味でも、ご愁傷様です。

母はひと言、「音が悪いのよ」
とだけ言いました。むしろ、こういう風に言われるほうが、ギョッとします……。

トムラウシだからです。トムラウシの語源はアイヌ語で、「花がいっぱい」とかそんなことのようですが、母にいわせれば、アイヌ語でもなんでも言霊は言霊、昔からよく遭難して人が死ぬ山だそうです。昔から山を見て暮らしてる地元の人のこーゆー言葉はこえぇ。

(21.7.20) トムラウシは魔性の山/おゆみ野四季の道

私も東京から戻って以来、大雪山系をごく間近に暮らしているわけですが、私は山に登りません。夫は山岳部で大雪山系も多数縦走経験があるようですが、私としては、山は怖かった記憶があるのでダメです……。

昔、小学校の頃に、学校の授業で旭岳に登ったんですが……当時運動ができるわけでもなく、体力のあるほうでもなかった私としては、とても大変な体験でした。
登っても登っても終わらねぇし(それは気のせい、山頂に着きましたよ)、ガスって寒いし、下りは下りで、むしろ下りのほうが体力使うって知ったし!ちょっと登っただけで、気温が全然違うし、暑いし寒いし天気いいし天気悪いし、で、当時、共働きの両親と祖父母とに存分に甘やかされて育ってたわがままなガキんちょの私としては、「なんでもうこんなことせにゃならんのだ」という、妙~な不条理な気分になったものでした。先生は、「ほら、あそこがさっき通ってきたガスの中だぞ、雲の中を歩いてきたわけだ、おもしろいだろ」ってご機嫌でしたが。雲の中は寒かったし周りは見えんし、大変だったですぜ先生。帰りたい!って心底思ってもそうそうやすやすとは帰れないのが山……。

なので、
子供の頃に旭岳を登ったおかげで、山に対する畏怖が魂に植え付けられたのだと思います。

北海道人としては、最高の教育を受けることが出来たのではないでしょうか?

大自然はこえぇよ……。
山も怖いし、だから、海も、川も、怖い。


自分の都合で周りは動かん、とか、
やらにゃ終わらんこともある、とか、
わがまま言っても、ただのひとりごと、とか、
そんな教訓も、山には教えられたかもしれません。



今の小学校では、
そんな林間学校(?なんていうの?山登り授業?)はないようですが……なので残念です。
CM(4) | TB(0) | テーマ:登山 | ジャンル:スポーツ

コメント

こんばんは、お邪魔致します。
こちらで初めてコメントさせて頂きます。

「トムラウシ」という言葉はそういう意味がありましたか。とても勉強になりました。

それにしても自然とあまり縁のない東京都民の私でも山の恐ろしさは十分に知っているのに(学生時代濃霧の中の登山を修学旅行で経験した事がありますがとても怖かったです)旅行会社も参加する方も山に対する知識が乏しく、安易に参加する人が最近増えましたね。
毎年多数の死者が出ているところでしたらな尚更なのに、自然をなめるな、と皆既日食を見に出かけた弟が怒っていました。

最近の修学旅行で登山が無いという事にも驚きです。
2009/07/22 Wed 01:09 URL チャリ[ Edit ]
チャリさん、こんにちは。

北海道の地名にはアイヌ語語源のものがたくさんあります。花いっぱいの山、な「トムラウシ」は、「弔う死」に通じると母は言ってますが、特に根拠があるわけでもないとは思います、でも年配者のこういう言葉には、どきっとしますよね……。

子どものことに関しては、最近は、日常で危険なことを体験してしまうことが無いので、それはそれで、どうしたものかとも思いますね。私としては何かあっては困る、とも思うので、こんなこと言ってはずいぶんと自分勝手なことを言ってるなと自分に思いますが、もう少し危険な体験をして欲しいとも、また思います……。うまくいえないけれど。

では。
2009/07/22 Wed 11:55 URL ritokoo[ Edit ]
はじめまして。
音が悪いのよ。

どきっとしました。言霊あるかもです。

「遅い人に合わせるな」もズシリ。

所詮人は、自然に生かされてるだけですからね。
2009/07/23 Thu 01:26 URL Capstone[ Edit ]
Capstoneさん、こんにちは。ritokooです、コメントありがとうございます。
年配者のこういう呟きな指摘は、わけもなく怖いですよね・・・。
今日のニュースで聞いたんですが、中型(4人)テントが一つだったとか……18人のパーティでこれはあまりにもひどいですね。客船でボートが足りないのと一緒だ。

では、また。
2009/07/24 Fri 09:34 URL ritokoo[ Edit ]













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ritokoo.blog64.fc2.com/tb.php/238-bfce14c4
← 「ことバド。コーチ日記」トップページへ戻る
ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
blogram投票ボタン
バドミントン その他 スポーツ FC2ブログランキング
バドミントン スポーツ(全般) 人気ブログランキング
応援お願いします☆
おきてがみ
スポーツ>バドミントン用品
広告
トレンドマッチ
トラフィックゲート
ことバド。内を検索
カスタム検索
pitta!
当ブログオススメ本
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
人間の感覚には、音の響きに関する共通的な認識があるようです、これを上手く使わない手はないよ!⇒レビュー

五輪の身体
五輪の身体
その型をくり返すことで、砥石のように感覚を磨いていく……感覚を言葉にできる一流選手の言葉はすごく興味深いです。⇒レビュー

●ネットで注文→書店で受け取りするなら⇒全国書店ネットワーク  e-hon
アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX