ことバド。コーチ日記 > スポンサー広告 > 今日は凹んでいます……ことバド。コーチ日記 > バド自主練日記 > 今日は凹んでいます……

スポンサーサイト

-------- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | トラックバック(-) | テーマ: | ジャンル:

今日は凹んでいます……

2008-09-17 | カテゴリ:バド自主練日記
 子供がふてくされましてね。
 そんな態度で練習ができるか!と叱り付け、練習を取り止めて18:00~21:00の練習予定を、2時間ほどで切り上げて帰ってきたわけです……。

↓ 私の心の半分。 (「やまとの羽根 2」/咲香里)


↓ で、もう半分はこちら。 (「スマッシュ 2」/咲香里)



 まァ、どっちもホントなんすよ……へっこみ~……。

 や~、分かるんだよ、子供がふてくされるのはさ。その気持ちはさ。思うように打てないし、くやしいし。なまじ自分の中でのイメージが強いんだろうよと思うさ。バド始めてそこそこゲームができるようになると、誰だって思うように打てない自分に苛立つだろうよ。試合会場にいけば上手いプレーヤーが目の前にいるわけだ、それがどんだけの強さかだんだん分かってくるわけだ、練習したっておっつかないんじゃないかと焦りもするさ。自分のいるその先を、そして、強いあの選手のいるさらにその先を、知れば知るほど辛くなっても来るわけだ。

 分かるよ。

 だからってなぁ。

 そこで立ち止まっちゃ、
 それ以上は強くなれんだろが!!


 バドミントンを競技としてやっている人には、そのバドミントンが、ホームセンターで298円位で売ってるバドミントンセットで楽しめるレジャーとは違うことは、当然分かっていることだ。少年団に入る子と親御さんに一番最初に説明するのも、「レジャースポーツ」と「ウイニングスポーツ」の違いだ。
 もちろんスポーツとしてのバドミントンはとても楽しいのだけれど、競技としてやるということは勝敗を受け入れることであり、勝利のために日々取り組んでゆくことでもある。


 「スマッシュ」に、

 「なんて世界に、足を踏み入れてしまったのだろう」

 という台詞があるのですが、
 私、この5月からずっとこの台詞を頭の中で回してる……。5月というのは、ウーとシーが「試合に勝ちたいから自主練する!」と言い出した頃。私としてはねぇ、正直、体力がついて日々の生活が健康に送れればいいと思っているわけですよ、特にウーは、もともと体力も持久力もなく、喘息もあり、身体の弱さを心配してましたから、スポーツのひとつでも、と思うわけですよ、親としては。

 それが、たまたま私がバドミントン経験者で、ウーやシーにねだられ、基礎打ちやノックなどの相手をし始めたのがこの5月。自主練も3ヶ月経って、ウーもシーもほんと上手になったと思う。

 でも、この頃は態度がよくない。

 ゲームに負けると、すぐふてくされる、怒る、ミスショットを連発すると苛々し出す、返事がない、挨拶がない、行動がきびきびしない、何より表情が生き生きしてない、イヤイヤな雰囲気さえ出てくる始末。

 バドミントンは楽しいんですよ!
 もともとこんな楽しいスポーツを楽しくなくしてどうすんだ!


 貴様らのその態度は、世界中のバドラーに失礼だろ!と思うわけです。

 バドミントン競技を愛し、楽しみ、教えてくれる先輩に感謝し、頂点に挑むトッププレーヤーを尊敬し、ひいては世界のスポーツ競技者全体を敬愛し互いに助け合うのが、真のバドミントン選手だ。

 たかがおうちの自主練のゲームの勝敗なんて、そこにこだわりふてくされるなんて、なんてちっさいんだ、くだらなすぎる。それがどんなに自分にとってためにならない行為か、時間を浪費しているか、他人の心を傷つけるか、よく考えるべきだ。

 楽しくない練習が、どれほど身にならないか、心を伴わない行動が、なんと無駄なことか。


 ジュニアを教えているどの指導者も親御さんも、子供がふてくされる局面なんてしょっちゅうだと思うんだが。
 先日の全道大会では、どこぞのシード選手が相手をなめてかかったのか、気合が入らずあり得無い惨敗をして、ロビーで引率の監督におもいっきし平手を喰らってたのを見た。……すごい、このご時世、リアルにビンタをしてるのを生で見たのなんて、どんだけ久しぶりの事だろう。市内でも、道内トップクラスの選手を育成するチームは相当厳しいという話も聞いている。

 自分はそこまでするつもりなのか、と。
 親として、どんだけ腹をくくればいいんだ、と。

 選手として、だめなもんはだめだと叱って、「大事なこと」を叩き込んでやらねばならんと思う反面、んまあもうべつにこんな厳しいこと言わんでも、というのも時々ちらっと脳裏を掠める。強い選手になるには必要なことだ、それは絶対にそうだ、でも、そこそこ楽しめればいいのなら、別にバドミントンで将来活躍しないんなら、フツーの子として毎日楽しく過ごさせてやればいいじゃない、と……。

 4年で全道、6年で全国、そしてその先……トッププレーヤーになるべく挑むには、とても厳しい道が続くものです。
 私は可愛い我が子にそんな茨の道を歩ませてもよいものか……?


 昨夜、こんこんと説教して、それで、やめるかやめないかを決め、明日の朝にどちらかの決意を報告しなさい、と言ったのだが、態度を正して練習をしっかりやる、と当人たちは言っています。

 それは、親たる私への、機嫌取りじゃないか?そんな邪推もある。
 私は昔、やめたかった習い事をなかなか親に言い出せずそのまま続けた経験だってある。
 そういうのじゃないのか?

 本当に選手としての道に送り出してよいものか?
 一夜明けたが、まだ答えが出ない。
 思えばそうだ、そのことは、この5月あたりからずっと心の中に抱いてきたんだった、と改めて認識した。

 この疑念というか、悩みというか、腹をくくりかねているこの状況は、これはもうすこし突き詰めれば答えが出て、すっと突き抜けることができるものなのだろうか、あるいは、さっさと私が腹を括ってビシバシと子供のケツと叩けばずっとすっきりハッキリするものなのか、あるいは、6年で退団するまでやその先中学までとか、そういった先まで、ずっと付きまとうものなのだろうか。
CM(2) | TB(0) | テーマ: | ジャンル:スポーツ

コメント

はじめまして
訪問ありがとうございます。

足跡からブログに来させて頂きました。

おもしろいブログだと思い読んでいたところ、コメントしたくなったので・・・

確かに子供は、だんだん環境に慣れてくると、声は出さない・返事をしない・・・など、いろいろとコーチが怒る材料を引っ張ってきますね^^
どこもおなじですね^^

でも、バドを通して、人として大切なことを教えれるので子供にとっては非常にいいことだと思います。

ウーちゃんもシーちゃんもきっと強くなりますよ^^

2人ともお母さんの顔色を見ているのでなく、バドミントンをしたいのだと思う。

うちの子もそうでした。

ただ、プレイヤーとしての厳しさとコーチの子供はさらに厳しい環境にあることを伝え、それでもしたいというのならば、全力でサポートしてあげてください。

親と言う立場と指導者という立場は、非常に辛い道ではありますが、楽しいこともたくさんあるので、ぜひ頑張って欲しいと思っています。

ritokooさんが、バドミントンで学んだ一番大切なことは、覚えていたので良かったですね。
技術は、日々進化していますので、お互いに新しい今のバドミントンを子供達に教えていきましょう^^


全国を本気で目指せば、必ず全国に行けます。

頑張ってください^^

また、見にきます^^
2008/09/20 Sat 15:19 URL バトトラ[ Edit ]
はじめまして
 こんにちは。バドトラさん、お越しくださりありがとうございます。

>いろいろとコーチが怒る材料を引っ張ってきますね^^

 ははは……どこも同じ……えーっ(苦笑)

 うちの子も、やはりバドをしたいとのことで、このひと騒動の後、態度がすごく良くなりました、こ、これなら他所のコーチの許にも自信を持って送り出せる、態度だけは!
 もちろん、見て学び自分で考えて行動する強い向上心が一番大事ですが、腕のいいコーチに教えてやりたいと心砕いてもらえる愛される選手になること、礼儀や態度のよさを示すというのは、突き詰めればここだと思います。

>技術は、日々進化していますので、お互いに新しい今のバドミントンを子供達に教えていきましょう^^

 そうですね!勉強させていただきます。実際のところ、バドトラさんのグリップの話はすごく参考になりました。以前からの疑問に決着がついたといっても過言ではなく、私自身さっそく握り方を変えました。

 全国、うう……全国、今はまだすごーくすごーく遠くに感じますが、子らとともに日々の練習をしっかり頑張ります。

 また伺わせていただきます。始めて日の浅いブログですが、これからもよろしくお願いいたします。
2008/09/22 Mon 11:04 URL ritokoo[ Edit ]













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ritokoo.blog64.fc2.com/tb.php/18-0838de97
← 「ことバド。コーチ日記」トップページへ戻る
ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
blogram投票ボタン
バドミントン その他 スポーツ FC2ブログランキング
バドミントン スポーツ(全般) 人気ブログランキング
応援お願いします☆
おきてがみ
スポーツ>バドミントン用品
広告
トレンドマッチ
トラフィックゲート
ことバド。内を検索
カスタム検索
pitta!
当ブログオススメ本
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
人間の感覚には、音の響きに関する共通的な認識があるようです、これを上手く使わない手はないよ!⇒レビュー

五輪の身体
五輪の身体
その型をくり返すことで、砥石のように感覚を磨いていく……感覚を言葉にできる一流選手の言葉はすごく興味深いです。⇒レビュー

●ネットで注文→書店で受け取りするなら⇒全国書店ネットワーク  e-hon
アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。