ことバド。コーチ日記 > スポンサー広告 > フォアがバックで、バックがフォアで。ことバド。コーチ日記 > バド自主練日記 > フォアがバックで、バックがフォアで。

スポンサーサイト

-------- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | トラックバック(-) | テーマ: | ジャンル:

フォアがバックで、バックがフォアで。

2009-02-09 | カテゴリ:バド自主練日記
 昨日、ウーの試合を見ていたのですが。
 最初の数ラリーを見る限りでは、体格差はあるものの(いわゆる筋肉の質がよくて運動神経のいい体、水泳でもやってんじゃないかな)、テクニックではまだ少しウーのほうに分があるなと思ったので、ウーは勝ってくるだろうと余裕に思えたのですが……続けて失点。

「ん……?なんだかウーはやりにくそうだな?」と思って改めてよく見たら、対戦相手は左利き。

あっ。しまった。
ウーには左利きとの対戦経験がありません!!


 うちの少年団にはサウスポーがいないし、これまで左利きの子とゲームしたことないんじゃないかな。

 そして、ウーは、ここ最近、相手のバック側を突く練習をやっていました。

 ありゃりゃ。

 ウーがバック側に出すのですが、それは相手にとってはフォア側の球になります。全然厳しくもなんともない。すんなりとシャトルが帰ってきます。

 点は競ったものの攻めあぐね、1ゲーム目を落とし……アドバイスをしたいところでしたが、相手の穴を狙うことを考えることが出来れば、さらに逆をついた展開も出来るだろう、と放置。自分で考えるだろうと思うことに。2ゲーム目で立て直し、3ゲーム目できっちりと勝ってきたのでまぁよし。

 ほんとうは「こいつわかってっかなぁ……」と私の心臓に悪かったですが。

 帰ってきたウーに、なんでやりづらかったか分かる?と聞いたら、「なんか私の出す球が全部甘いみたい?」と、とんちんかんな答えが。

 左利きだったからでしょう?と左利きの話をしてやると「ああ!どおりで!」とようやく納得。
 1ゲーム落とした時点で、とにかく相手のいないところを狙って繋いでいくことにした、とさっくりウーは言っていたので、戦術的な理屈はわからんくても、勝つための理屈は分かっているんだなとひと安心。


 ウーの言葉に、でも、基本中の基本だよな、と私のほうがむしろ久しぶりに初心に返ってしみじみしてしまいました。
 子どもに教えられることって、多いっすね。(*´∀`*)
CM(1) | TB(0) | テーマ:バドミントン | ジャンル:スポーツ

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/02/09 Mon 21:36 [ Edit ]













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ritokoo.blog64.fc2.com/tb.php/147-748d9a0f
← 「ことバド。コーチ日記」トップページへ戻る
ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
blogram投票ボタン
バドミントン その他 スポーツ FC2ブログランキング
バドミントン スポーツ(全般) 人気ブログランキング
応援お願いします☆
おきてがみ
スポーツ>バドミントン用品
広告
トレンドマッチ
トラフィックゲート
ことバド。内を検索
カスタム検索
pitta!
当ブログオススメ本
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
人間の感覚には、音の響きに関する共通的な認識があるようです、これを上手く使わない手はないよ!⇒レビュー

五輪の身体
五輪の身体
その型をくり返すことで、砥石のように感覚を磨いていく……感覚を言葉にできる一流選手の言葉はすごく興味深いです。⇒レビュー

●ネットで注文→書店で受け取りするなら⇒全国書店ネットワーク  e-hon
アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。