ことバド。コーチ日記 > バド自主練日記 > 試合中に負けそうになってふてくされたら、鉄拳制裁。

試合中に負けそうになってふてくされたら、鉄拳制裁。

2009-02-04 | カテゴリ:バド自主練日記
 まったく、昨日はとんでもない日でした。

 ウーが私とのゲーム中に「負けそうになってふてくされた」のです。


 ウーがパパンにおもいっきし殴られてますので(正確には蹴られてます)、「たとえ躾の範疇であっても子どもに手を上げるのは断固反対!」という主義の方には、理解できない話になっていると思いますので、ご了承の上、読まれる方はこの先をどうぞ。










実は、

 ここ数日、私、2日連続でウーにゲームを負けたんです……。

 私はこのところ利き膝が痛く……動けなかったので、負けました。

 でも、いつまでも痛いわけでもなく、昨日はいつもどおりで。

 で、いつもどおりの強さで、私がリードするゲームの展開となりました。

 したっけ、

 ウーが、私とのゲーム中に「負ける……もう心が折れたぁ」とか言い出しやがりまして。

 はあ?ふざけんな!と。

 てめぇ!どんだけ自分が強いとでも思ってんだ!?



 と。

 すいませんね……言葉が汚くて。

 でもね、

 我が家では、練習や試合でふてくされるのは、絶対禁止のルールなんです。

 ウーをコートから引きずり出し、帰宅しました。

 ウーはこの時点で大泣きになりましたが。

 やらかしたことが、自分でもわかったんだとは思いますが、もう遅い。

 帰宅し、泣いて帰ってきてるので、パパに「どうしたの?怪我でもしたのか?」と聞かれ、ウーが自分の口で「ママとのゲーム中に負けるとか言い出してふてくされた……」

と報告するなり、

「てめぇ!ふっざけんな!」

怒声とともに、激しく揺すられ、床に叩きつけられ、おもいっきし蹴られました。

 蹴るのはいけません。
 救急に駆け込む必要があるかもしれない、と私も本気でそんなことを考えたです。
 さすがにちょっと、そこまでは、と思うほどに、強烈な鉄拳制裁でした。

 でも。

 どの家庭にも、ルールがあるでしょう?家庭のルールを破ったら、家庭にはいられないです。百歩譲って、家長による絶対的な制裁。

 私は、夫にその権利と責任を認めています。

 ルールの厳格さにはいろいろとレベルがあるでしょうが、我が家では、試合でふてくされるのは、上位の禁止行為です。だって、自分たちで、勝ちたいって、言って……勝つためには、試合中にふてくされるなんて、あり得無いことだからです。

 これは、子どもたちが、「全国へ行きたい!」と自分たちで決めて、設定されたルールなんです。

 ふてくされるというのは、心が折れるというのは、自ら勝利をあきらめることです。

 リードされても、最後の一点までどうやって逆転して勝つかを考え続けなくてはなりません。

 どんなときも絶対に勝つ、負けそうならどうやって勝つか、自分の気持ちをそう強く持っている限り、試合の途中でふてくされるなんてことはあり得無いのです……。

 相手が強かろうが弱かろうが、どんなときも、精一杯の力と誠意で戦わなくてはなりません。

 勝つか負けるかは可能性の問題ではなく、勝利への、技術と、心の、結果です。

 もちろん心だけでは勝てませんが、どんなにバドミントンが上手くても、心が勝つ気でないと、勝利は呼び込めません。

 だから。


 実は、これと同じことを、つい1週間ほど前に、シーがやらかしましてね。
 一度これまで勝てなかった三年生に勝ってきたのですが、その次に負けて、ふてくされたのです。

 いつも勝てると思ってるのか!?
 どんだけ高飛車なんだ!貴様どんだけえらいつもりなんだ!


と。

 超~がっつり、シーが叱られたばかりなのです。


 なんでダブルでやらかすかな!?

 ダブルで。

 も~う~……これが私の超~本音。

 がっくし。きた。
 おいおいかんべんしてくれよぉ。

 ついこないだのことなのに。

 ついこないだ、シーが徹底的にパパに叱られているのを見ているはずなのに、ウー、貴様にとってはそれは他人事でしかなかったのか、と。

 子どもですから、頭では分かっていても、心がもやもやしてしまってコントロールが出来なかったのでしょう。負けん気が強いことはいいことです。でも、負けん気に支配されてしまっては、勝つことは出来ません。


 それで昨夜は夜の11時くらいまで、説教&家族会議。

 ハンパなく疲れました。

 叱るのも、すんごいエネルギーのいることなんだぜ。


 ほんとに、もう、ウーってば……。

 昨夜のは、きっついお灸だったと思います。
 今日は練習もナシで、自宅謹慎です。
 厳しいです。
 でも、もう、ウーもシーも、遊びではなく全国大会で勝ちたいって、「勝負の世界」に足を踏み入れてしまったので、今厳しくしてやらんと、いかんと思うのです。

 大舞台へ駆け上がるために。
 大舞台で、元気よく気持ちよく精一杯戦えるために。
 大舞台で心が折れてしまうなんてことで、後悔しないために。

 成長してゆく今だからこそ、
 毎度毎度、子どもの鼻っ柱を折ってやらんとならんのです。
CM(4) | TB(0) | テーマ:バドミントン | ジャンル:スポーツ

コメント

こんばんわ~んダス^00^ノ
なんともオラ自身も小学校からクラブ等では
鉄拳など当たり前の世界で育ってきたのだすが。。
今は。。なにやら教育上殴ったりしたらダメみたいに
甘くなってるようなのダスが。。。
オラ自身はやはりそれで負けん気ナド養われてきたと
思いますダスし^00^ もちろん怒るだけではなく、
うまくできた時などはその分たっぷり褒めてくれたりと、
ほんとにいろいろとコーチ大変だと思いますダスが。。
是非とも!全国めざして、頑張って下さいだす^^
影ながら応援してまっすダス( ̄ー ̄)b
応援~♪
2009/02/04 Wed 21:21 URL マー君[ Edit ]
マー君、こんにちは!おかえりなさーい!四国はたのしかったですか?あとで遊びに伺いますね!

教室で、殴ることは法的にできないので、先生は手段としては繰り返し繰り返し言い聞かせることくらいしか出来ませんが、それがまったく効を奏していないのは、ウーのトコの学級崩壊ぶりからはっきりしてるのですが……。

でも、言って分からんのは殴ってしまえとかいうと、今の時代というかなんというか、世間的にすごい反発をくらいますね。きっと。

今日のエントリは、こういろいろと文字にするとちょっと人様が引いてしまうくらいな感じですが、でもうちは子どもとすごい親密です。いつも家族みんなで何かしている実感や楽しさがあります。
2009/02/05 Thu 01:06 URL ritokoo[ Edit ]
おっほぉ!
それはそれは大変でしたねぇ。

大人の方でも、負けず嫌いや気の強いというところが
悪くでてきてしまうっていうのは良く見受けられますねぇ。

ウーちゃん、シーちゃんは良いお父さんとお母さんで
よかったですよ。
将来が楽しみです。

しかし教室で手を出すことは法的にできないんですね?
昔は結構あったとおもうけどなぁ・・・

それも大人側が適切に対応できていないから、
わけわかんない法律ができるんだろうな・・・
なさけないですねぇ。
2009/02/06 Fri 05:48 URL INDYパパ[ Edit ]
INDYパパさん、おはようございます。ritokooです。

やってしまいましたよ……疲れた。

翌日は練習ナシ!でした。
大事な試合が週末ですが、練習ナシ!まーしゃーないですね。

うちは、甘いし厳しいし、で。ふつーです。

でも。
少年団でも、学校でも、実は子どもそのものより、親の扱いのほうが、大変ですよね……。
2009/02/06 Fri 10:04 URL ritokoo[ Edit ]













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ritokoo.blog64.fc2.com/tb.php/141-c9eb116a
← 「ことバド。コーチ日記」トップページへ戻る
ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
blogram投票ボタン
バドミントン その他 スポーツ FC2ブログランキング
バドミントン スポーツ(全般) 人気ブログランキング
応援お願いします☆
おきてがみ
スポーツ>バドミントン用品
広告
トレンドマッチ
トラフィックゲート
ことバド。内を検索
カスタム検索
pitta!
当ブログオススメ本
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
人間の感覚には、音の響きに関する共通的な認識があるようです、これを上手く使わない手はないよ!⇒レビュー

五輪の身体
五輪の身体
その型をくり返すことで、砥石のように感覚を磨いていく……感覚を言葉にできる一流選手の言葉はすごく興味深いです。⇒レビュー

●ネットで注文→書店で受け取りするなら⇒全国書店ネットワーク  e-hon
アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX