ことバド。コーチ日記 > スポンサー広告 > はだしのゲンは学校の図書室にありますか?ことバド。コーチ日記 > ただの日記 > はだしのゲンは学校の図書室にありますか?

スポンサーサイト

-------- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | トラックバック(-) | テーマ: | ジャンル:

はだしのゲンは学校の図書室にありますか?

2009-01-26 | カテゴリ:ただの日記
 今日はバドに関係のない、ただの日記です……。
 てきとうに……もしよければお付き合いくださいね。


 子どもと、ニュースで流れていたガザ地区の紛争の話から端を発し、戦争の話をしていました。
 そして、白燐弾の話から原爆の話へ。
 昔、「はだしのゲン」というマンガがあって、あれは学校の図書室にも必ずあるはずだから、もうそろそろお前も読んでみてもいいと思うよ、と言いました。

 で、ウーは学校の図書室の司書の先生に聞いてみたんだそうです。

 「はだしのゲンを借りたいんですが、ありますか?」と。

 司書の先生は赴任して半年ほどの方ですが、ウーの申し出に、当然あるはずだろうと蔵書を調べましたが……無い。

 「はだしのゲン」がないことに、司書の先生も驚いていたそうです。

 手配できるかどうか、ちょっと聞いてみてあげる、とウーに言ってくれたそうですが、親としても、「はだしのゲン」がないことに私はショックでした。

 「はだしのゲン」は、あの衝撃的な画づらから、グロやものめずらしさ的な興味本位を感じみんなでツッコミを入れながらあーだこーだいいながら一緒に見たり回し読みしたものですが(私の世代はとっくに戦争なんて知らないですから……)、その、マンガという上面(うわっつら)から、だがたしかに、とても言葉では言い表せない何かを、子どもながらに各自得ていたと思います。

 たまたま、図書室に無かったのか……あれだけ有名な本が?

 時代が変わり、私には分かりませんが、なにか、この「はだしのゲン」に対する評価や、捉え方のようなものも社会的にあるいは文部科学省的に、変わってしまったのかもしれません。

 でも、子どもの頃の私はこの本を読んで、戦争というものについて、子どもながらに、いろいろと考えたものでした。友達と始めはからかい気味に読み始めたとしても、その深刻さは必ずといっていいほど、私たちを真剣な面持ちに変えたものです。
 焼け爛れ皮膚の垂れ下がった人、水を求め川辺に浮かぶまさに死屍累々とした様子、家族を肉親を守るために生き延びるために他者を蹴り落とす人間としての本音……子どもの頃に読んだ本というのはとりわけ印象深いものです。

 だから、
 読んでくれたら、いいと思います。


 まとまらないけど、子どもが、図書室に無かった、って言ったので……。
 ちょっとショックだったんだ。
CM(3) | TB(0) | テーマ: | ジャンル:日記

コメント

こんばんは。
こんばんは。

本当に・・・びっくりしました。
娘の図書室にはありますよ。

昔の話にせず。
事実をきちんと受け止めて。
決して戦争はいけない。意味のないものと勉強してほしいものです。

私も毎年夏休み前は小学校で映画を見ました。
まだ鮮明に覚えています。
今の小学校では見ていないような・・・
2009/01/26 Mon 19:43 URL ステ-ジママ[ Edit ]
こんばんわ~~んだす^00^ノ
いつもお世話になりますダス♪<(_ _)>b
はだしのゲン懐かしいダスね@@
オラも読んだ記憶がありますだす。。
ほんとに戦争を二度と起こしてはいけないという事を。。
次の世代。。次。。次と。。伝え
ずっと平和な世の中であるように願うばかりダスね^00^
オラ自身昔から格闘技してますが。。
殴られたら痛い!人を傷つけるということは
こんなに痛くいけないことなんだ!というのを、
今の少年犯罪の多さからも、しっかりとした
教育が大切なのかな?っと思いますだす^00^
応援~♪( ̄ー ̄)ノ

2009/01/26 Mon 19:54 URL マー君[ Edit ]
ステージママさん、マー君、こんにちは、ritokooです。
コメントありがとうございます(*^▽^*)

>ステージママさん、
 うちの子の学校だけですかね……いやぁビックリしましたよ。はだしのゲンは、やっぱみなさん学校で読みましたよね。子どもの頃の記憶って、なんであんなに鮮明なんでしょうね。今ならなんでもどんどん忘れちゃうのにね。
 以前、原爆を投下した米軍パイロット側からみた原爆の話をテレビでやっていまして、なかなか興味深いものでした。戦争にも、道理が通るにしろ通らぬにしろ、やはりそれぞれ交戦国双方とは限らず他方向からの理由があります。親としては、我が子に、いろいろなものを見聞きして欲しいと思っています。


>マー君、
 いつも応援ありがとうございます。
 いやーもうほんと、殴られたら痛いですよね。昔は学校でも、宿題忘れたりした程度で、よくセンセに殴られたもんですが(ハイ、私は優等生だったので、たまに殴られるとものすごく堪えましたよ、でもああいうのはありがたかったっすね)、今は学校教育法で殴るの禁止ですもんね……殴るのは絶対にダメとかいう話は、それはそれとして、でも、昔はよく殴られたもんだよなぁ、って、素で思います。

 時代が移り変わり、また新解釈があったり、背景の新事実が判明したりなどし、ひと口に戦争と言っても、昔と今と、果たしてなにが正しいかというのもあるでしょうが、次の世代に伝えるべきものはたしかにあるはずですね。

 ではまた!
2009/01/27 Tue 12:06 URL ritokoo[ Edit ]













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ritokoo.blog64.fc2.com/tb.php/131-a72b15fd
← 「ことバド。コーチ日記」トップページへ戻る
ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
blogram投票ボタン
バドミントン その他 スポーツ FC2ブログランキング
バドミントン スポーツ(全般) 人気ブログランキング
応援お願いします☆
おきてがみ
スポーツ>バドミントン用品
広告
トレンドマッチ
トラフィックゲート
ことバド。内を検索
カスタム検索
pitta!
当ブログオススメ本
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
人間の感覚には、音の響きに関する共通的な認識があるようです、これを上手く使わない手はないよ!⇒レビュー

五輪の身体
五輪の身体
その型をくり返すことで、砥石のように感覚を磨いていく……感覚を言葉にできる一流選手の言葉はすごく興味深いです。⇒レビュー

●ネットで注文→書店で受け取りするなら⇒全国書店ネットワーク  e-hon
アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。