ことバド。コーチ日記 > スポンサー広告 > 回内と回外、ラケットを置いて別の視点から考えてみることバド。コーチ日記 > バドミントン全般 > 回内と回外、ラケットを置いて別の視点から考えてみる

スポンサーサイト

-------- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | トラックバック(-) | テーマ: | ジャンル:

回内と回外、ラケットを置いて別の視点から考えてみる

2009-01-22 | カテゴリ:バドミントン全般
 回内と回外について、全く別の視点からその本質を突くページを見つけたので、ここに紹介します。

 まずは、ラケットを置いてください。(←モニタの前に居るときに持ってないって!)
 いっそ、バドミントンの事も忘れてしまいましょう。

 でないときっと、混乱します。

 では……

回内と回外」 by 少林寺拳法 丸兼

 私は少林寺拳法はやったことが無いしさっぱり分からないのですが、ここで説明がなされている回外と回内は、非常に本質的で、感心しました。

 押すときには、回内。
 引くときには、回外。

 うむ。

回内運動は、「手を体から離す動作」と併用すると効果的です。
回外運動は、「手を体に近づける動作」と併用すると効果的です。


とのこと。面白いですね~。

 これまでラケットを持ってでしか考えたことがなかったですからね。
 こういう風にラケット抜きでの動きをやってみると、なかなかおもしろい感触を得られます。

 身体を動かしながら実際にやってみたらいいと思います。
 モニタの前で、私はしばらくの間変な人をやっていました。

 回内、は、内、ですから、動きの作用は自分の身体側・内側に来る印象がありますが、確かに、やってみますと、回内の動きは、身体から離れていく種類のものです。
 たとえば、ラケットを握って身体の前に突き出し、リストスタンドして右に左に交互に倒します。回内・回外のトレーニングですね。そのときに、ラケットが身体の内側のほうに倒れて来るのが回内、外側のほうに倒れて行くのが回外、と単純に言葉だけを捉えて教えてはいけない、と言う事がわかります。
 なぜなら、オーバーザヘッドストローク時に頭の上で回内を使うと、腕は、ラケットは、身体から離れていくんですから。

 一年生であるシーが、クリアを打つときに回内がしっかり使えているのに「いやァ……時々さっぱりわかんないんだよね?」と言ってのけるのは、まさにそこなんじゃないかと。

 それに対し、ウーが「だから、身体のほうに倒れてくるのが回内なんだってば」と言って(回内の筋トレ時にはそれが正解ですが)、シーが、「じゃあクリアの時はどっちに行くのが正解なの?」と聞き返すのです。……なかなかいいところ突いてきます。

 さぁ、混乱した人はいるでしょうか。
 文字にすると、頭で考えると、きっと困惑します。

 だから、バドミントンばっかじゃなくて。
 ラケットを置いて、一度、バドミントンから離れて、自分の肉や骨と対話しながら、じっくりと動かして、やってみたらいいと思います。おもしろいですよ。




 それにしても、なんでよりによって少林寺を?と言われるかもですが……、
 ウーのダブルスのペアであるロイたん、ロイたん自身はもちろん、お母さんもスポーツ競技としてのバドミントンは未経験。なので、バドミントンがどんなものかわからんとそりゃ練習するにしてもイメージがわかんだろう、と、冬休みの間、佐藤翔治のDVD本「バドミントンパーフェクトマスター (スポーツ・ステップアップDVDシリーズ)」を貸していたんです。

 そのときに、ロイたんに、聞いたんですよ。

「バドミントンのDVDとか、見たことないの?オリンピックのとか、テレビでオグシオスエマエやってたのは見た?」

「テレビで……あまりバドミントンはみない……」

「へぇ。見ないの。じゃあ、スポーツは何を見るの?スポーツ見ない?」

「いつも柔道見る。オリンピックも。お母さんがいつも柔道見るから」

「柔道!?」

 バドミントンやってんのに、柔道見るんかい?

 こっ……これは、もしや……で、お母さんに聞きました。

「お母さん、何かスポーツやってる(やってた)んですか?」と。

 したっけ、
「格闘技を……少々」

という答えが返ってきまして。

 格闘技……っ!?

 少々、と後ろにつくのは、お茶とかお花とかお琴とかのお稽古事やってるのを、見合いのときにでも控えめに答える場合なんでないかい?と思わず突っ込みそうになりましたが、そこはこらえて、年末に格闘技といっちゃぁ、K-1とかK-1とかK-1とか?(結局K-1くらいしか知らないんですがね)と聞いたら、

「いえ……その、柔道を……」

 柔道!
 おおやはり柔道がきたか。予想通り。そして、そうか、柔道はあれは格闘技か、と改めて認識。
 イヤ、柔道を少々、の少々、には突っ込みませんて。

 バドミントンにしろ、なんにしろ、
 とあるスポーツ競技を教えるのに、もし親御さんが他の競技の経験者であれば、そこでの経験を転用(あるいは差異を把握)してもらうのが、実は、一番理解が早いのです。

 親御さんが、競技を理解してくれれば、子どもへのサポートのやり方が分かるわけで、それによって、子供の伸びが、断然、違うからです。

 で、なんか使えねーかなーと、私は柔道について調べていたと。で、なんでだか少林寺拳法に行き着いた、と……(笑)。
 スキーにしろ、バドミントンにしろ、柔道にしろ、共通して考えることができる部分が必ずあるので、そしてまた、違いもどこかにあるだろうと思うので、どんなスポーツも、どんな理論も、興味深く私は見ています。
 たまには間違いも引っ張ってくるかも知れませんが、結果間違いと知るにしても、視点を変えて考えてみるのはとてもおもしろくて有意義なことだと思っています。

 たまには、バドミントンとはまったく違うスポーツの人がやってる回内・回外に、触れてみませんか?いっそ困惑して、そして、自分の肉や骨とじっくり語り合えば良いと思いますが、どうでしょうか。

回内と回外」 by 少林寺拳法 丸兼
最後のほうにちらと内旋・外旋についても触れられていますね。
CM(5) | TB(0) | テーマ:バドミントン | ジャンル:スポーツ

コメント

そういえば。
そういやぁ空手もおんなじだ。

空手の突きも回内ですねぇ。

スタンバイの時はこぶしの手のひら側を上にして
腰のところに添えて置いておき、

突くときにこぶしを突き出しながら内側へ
ひねるようにして突き出す。

そういやぁ!ボクシングでもおんなじだよ!!
なんだか面白くなってきました。
2009/01/22 Thu 06:41 URL INDYパパ[ Edit ]
あ!
もちろん応援ぽちっ!
2009/01/22 Thu 06:43 URL INDYパパ[ Edit ]
INDYパパさん、おはようございます。ritokooです。
今日も私、朝早いですよん♪全然平気っすね。

いち女子としてはこれまでも今も、少林寺とか空手とか柔道とかをやる機会が無いので、よく分からないのですが、でも身体を動かしてみるとああなるほど、と興味深く思います。
夫は、論理的によく理解できるみたいです。
男の人は他のスポーツ経験があったり、柔道が体育であったりで、より分かりやすいのかもしれませんねぇ。

いつも応援ありがとうございます。
また遊びに伺いますね!
2009/01/23 Fri 04:07 URL ritokoo[ Edit ]
え?
このところ私は寝坊助です。

今年に入って4:00起床が一度くらいしか出来てないんですよ。

この不況の中、今出向しているところの仕事が継続に決まったんで
気が緩んでます。

でも朝の仕事をしてないと・・・・
後が怖そう・・・
(朝はもっぱらパッケージソフトの方をやってます)

え?遊びに来るんですか?九州まで?
まぁ!お忙しいのに大変ですこと・・・

毎日お待ちしておりますよ。
2009/01/23 Fri 06:32 URL INDYパパ[ Edit ]
INDYパパさん、おはようございます。ritokooです。

 はっは~!ま。そういうときもありますよ。朝4時起床は、できるときだけでもやれれば十分いいんじゃないかと思います♪
 仕事、継続で、いいじゃないですか!仕事あってのバドですから、おたがい頑張りましょうね。
 いや~ん、九州にはなかなかいく用事がないなぁ……うーん。ブログへはすぐいけるんだけど!v-407
2009/01/24 Sat 05:53 URL ritokoo[ Edit ]













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ritokoo.blog64.fc2.com/tb.php/126-48402806
← 「ことバド。コーチ日記」トップページへ戻る
ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
blogram投票ボタン
バドミントン その他 スポーツ FC2ブログランキング
バドミントン スポーツ(全般) 人気ブログランキング
応援お願いします☆
おきてがみ
広告
トレンドマッチ
ことバド。内を検索
カスタム検索
当ブログオススメ本
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか
人間の感覚には、音の響きに関する共通的な認識があるようです、これを上手く使わない手はないよ!⇒レビュー

五輪の身体
五輪の身体
その型をくり返すことで、砥石のように感覚を磨いていく……感覚を言葉にできる一流選手の言葉はすごく興味深いです。⇒レビュー

●ネットで注文→書店で受け取りするなら⇒全国書店ネットワーク  e-hon
アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。